yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ドログバと今野が負傷退場。。。
審判が全体的に激しいプレーを流しがちで、そうなるとラフな試合になることもあるわけですが、W杯前最後の試合というこのタイミングで負傷というのも厳しい話。起こってしまったことは仕方ないですし、こうなってしまったら早期回復を祈るしか無いわけですが、何だかこのタイミングでこれはないよなぁ。。。と思わざるをえませんでした。

試合の方もなかなか難しい内容。日本はいい位置でボールを奪ってもなかなかシュートを打てるような形まで持っていけず、守備でもドログバらに縦一本で何度か厳しい場面を作られたからか、ラインを押し上げてコンパクトな形をなかなか作ることができないうちにFKからOGで失点、終了間際にもセットプレーから点を奪われて0-2での完敗でした。高地トレーニングによってコンディションに良くない時期で、キャンプ地とはかなりの気温差もあったりしたようですが、攻守に現時点での課題を突きつけられた格好になりました。

コートジボワールは途中からペースダウンしたとはいえ、中で確実に起点を作ることができるから、サイドから積極的に仕掛けてきましたし、単純な縦一本でも何度もチャンスを作り出し、日本の守備陣を慌てさせました。守備でもCB二枚とアンカーの3人で中とバイタルエリアをしっかり固めて日本にチャンスらしいチャンスを作らせませんでした。全体的に個々の能力が高く、チームとして組織力もある。それで前線にドログバを置くコートジボワールは強いチームだと感じました(そのドログバはW杯出場が微妙なことになってしまいましたが。。。)

守備はアバウトな裏へのボールでも、強さ上手さを兼ね備えた選手相手だと怖かったですね。ドログバが出場し続けていたらもっと危ない場面を作られたかもしれません。かといって裏のスペースを消すためにラインを下げて、人数を掛けることでしか守れないようだと、攻撃に人数を掛けることが難しい。守備をベースに攻撃は状況を見極めてラインを押し上げて攻めに人数を掛けるのか、あるいは前半の攻撃は一発のあるいは本田らに賭けつつ失点しないようにして、お互い運動量の落ちる後半に交代のカードを切って勝負を賭けるのかといった戦い方が現実的な方法論になるのではないでしょうか。

同じメンバーながら少し中盤の布陣で臨んだこの試合。単純な比較は難しいのかもしれませんが、この日の2ボランチよりはイングランド戦の阿部を置いた形の方が機能しそうな印象でした。また途中から稲本の強さや縦を狙う意識はもっと活かされてもいいでしょうし、途中から出てきてアクセントになった玉田や中村俊輔などもスペースのある時間帯なら活きるのかもしれません。1トップに入っている岡崎はなかなかシュートに持っていけるような形を作れていませんが、スタートを森本にするのも手でしょう。ここまで来たら現時点の力を出しきって、それを試合にぶつけられるのか、それを考えたいですね。

スポンサーサイト
2010.06.05 21:27 | 戦評・日本代表 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プレミアリーグのレベルの高さを考えると一体どんな試合になるのか?日本代表からすれば厳しい試合になると思って観た試合でした。この試合に臨む日本代表はGKに川島を起用。今野を右、長友を左のSBに置いて、阿部をアンカー。長谷部・遠藤を中央に本田・大久保がやや引き気味にサイドをカバーした二列目の4枚、岡崎の1トップの布陣。対するイングランドはまだ23人を絞り込んでいない模様で、テストの要素もあった布陣だったとか。

イングランドの入り方が良くなかったという面があったとしても、この試合の日本代表はその良さを活かした戦い方ができていたのではないでしょうか。中盤の底に阿部をアンカーとして置いてバイタルエリアを埋めつつ、全体がコンパクトなラインを維持。イングランドのボールサイドでも数的優位を保つように修正し、攻め手に窮したイングランドの中途半端な攻めをカットして、手数の少ないカウンターに繋げ、カウンターに持っていくことができていました。

早い時間帯に先制できたことで、その戦い方もより効果的なものになっていたと思います。アンカーの阿部、両SBの長友・今野も周囲とうまく連携する形を意識して、前半はサイドやバイタルエリアではそこそこ悪くない守りができていました。ただ前半の30分過ぎからはゲームが膠着し、ちょっとした隙をルーニーにチャンスメイクされて、危ない場面を何度か作られるようになっていました。この時間帯にCBの裏への対応を危ないと感じたのは確かです。

そして後半開始で5人交代してきたイングランドにガツンと前からプレッシャーを掛けられて、その厳しいプレッシャーに日本はボールを前に運べなくなり、中盤で起点を潰されて守勢に追い込まれてしまいました。前半の日本はさほどオーバーペースという印象でもありませんでしたが、攻撃の形をなかなか作れず守るだけになってくると、さすがに疲労が蓄積していきます。ここで受身にならざるを得なかったところが、この試合を苦しくしました。

守勢に回っても日本は何とか踏ん張っていましたが、前にボールを運べないために押上げができずにラインがズルズルと下がり、中盤をコンパクトにできないから人数を掛けてもボールを奪えずうまく繋がれて、バイタルエリアからミドルを脅かされたり、逆サイドのスペースを突かれる状況。精度の高いクロスを入れられる相手に良いボールを入れられる状況を作り出されてしまったら苦しい。2つのOGは状況からすると運が悪い云々でなく、必然の失点でした。


日本は前線や中盤の選手が守備に参加できてフォローする形を作れれば、ある程度守備の形は作れると思うんですね。相手のパスの出しどころにきちんとプレッシャーを掛けつつ、インターセプトからカウンターを狙ったり、ディレイさせてブロックを作って跳ね返して、うまくフォローしてスペースから起点を作って、相手の守備が動いたところを、そのギャップを突いて裏を狙って飛び出して行く。先制したのも大きかったとはいえ、GK川島もファインセーブを見せ、日本代表はいい戦い方をしていました。

ただ後半のような劣勢になった時に防戦一方となったら、強豪相手に日本がそれを守りきるのは難しい。攻撃は最大の防御とはよく言われますが、相手の厳しいプレッシャーに遭っても、焦らずに粘り強く前にボールを運んで、手数を掛けずにシンプルにシュートまで持ち込む形は考えていくことが必要でしょう。そうすることで守備も立て直せますし、相手の攻めに掛ける人数を減らすことにも繋がります。本田・森本といった一発のある選手の存在を有効に使って、守備一辺倒にならない形は考えておきたいところでしょう。

また中盤の運動量も生命線となる部分だけに、守りのバランスを考えつつ攻め手を失わない交代のカードをいかに切っていくかは、本大会に臨む上で模索しなければいけない重要なポイントになるでしょう。敗れたとはいえ、今年これまでの状況を考えれば、このタイミングでらしい戦いをできるところまで戻れたのは大ききかったと思います。今回のW杯は対戦相手を考えても元々厳しい戦いであることは最初から分かっていますし、残り時間でやれることをきっちりと積み上げて、今できることをやり切って欲しいと改めて感じた試合でした。


【日本】
GK川島
DF今野、闘莉王、中澤、長友
MF阿部、遠藤(→'85玉田)、長谷部
FW本田、大久保(→'70松井)、岡崎(→'64森本)

【イングランド】
GKジェームズ(→'46ハート)
DFA・コール、ファーディナンド、ジョンソン(→'46ギャラガー)、テリー
MFハドルストーン(→'46ジェラード)、ランパード、レノン(→'75ヘスキー)、ウォルコット(→'46ライト・フィリップス)
FWベント(→'46J・コール)、ルーニー

【得点】
日本:'7闘莉王
イングランド:'72・'82OG

2010.05.31 03:37 | 戦評・日本代表 | トラックバック(0) | コメント(0) |
録画で韓国戦観ました。最初にスタメンを見て思ったのは、ベンチ入りしていない代表メンバーの多さ。選ばれた代表メンバーのうち、闘莉王、内田、稲本、松井、玉田と5人も入っていないわけですよ。それでサポートメンバーがベンチ入りし、結局23名のうちサポートメンバー以外のフィールドプレーヤーでは岩政だけが起用されませんでした。

GK楢崎
DF長友、中澤、阿部、今野
MF遠藤(→'89駒野)、長谷部、本田(→'72中村憲)、中村俊(→'63森本)
FW岡崎(→'87矢野)、大久保
SUB:GK川島、川口、DF岩政、山村、酒井、MF香川、FW永井

客観的に見て本大会でも同様の状況になった時、岡田監督が(スクランブル要素・オプションとしての)今野左SBはともかく、阿部にCBを託せるのか。この時期これだけメンバーが欠けている状態も不安要素ですが、仮に彼らのコンディションが戻らなかった時のリスクマネジメントを考えた時、ここで一度岩政は起用しておくべきだったのではないでしょうか。


試合は中盤をコンパクトにして日本の中盤の繋ぎに厳しいプレッシャーを掛けてきた韓国がショートカウンターを狙う展開。早い時間帯に朴智星の迷いのないプレーからの先制点、ピッチコンディションもあったのかもしれませんが、こういう展開になると中村俊輔や遠藤の良さが消え、本田や長谷部の前に出るドリブルがあったものの、サポートが遅く人数を掛けて潰しに来た韓国の守りに阻まれてしまい、日本は何度か単発のチャンスがあったくらいでした。

韓国はやはり日韓戦ということや、W杯メンバーが最終的に決まっていないことがモチベーションに影響したでしょうし、チームの意図が明確だったこともあって、チームとしての戦い方にあまり迷いがなく、個々の戦う気持ちは十分に感じました。また日本のゴールに直結するようなセットプレーは警戒していたでしょうし、日本はCKもトータル2本に終わりました。ここぞという時の畳み掛けるような攻撃はさすがでしたね。


試合を見ていて今の代表に感じたことは、本田・長谷部といった選手の強さ、前に出る推進力はチームとしてうまく使いたい要素ですが、それも周囲のサポートがなければその良さは活きてきません。またフィジカルの強さはないものの、中村俊輔や遠藤の視野の広さ、緩急や展開力は貴重なアクセントになりえますが、それだけではゴールをこじ開けるのも難しいのが現状です。どちらもバラバラではその良さが引き出せません。

思うに、これら2つの要素を組み合わせ、お互いの良さを引き出すことは難しいんでしょうか。予選を戦い抜いた中村や遠藤、あるいは欧州でコンスタントにプレーした本田・長谷部にもそれぞれプライドがあるでしょうし、時間的な難しさもあるかもしれません。でも今の代表にはどちらの力も必要なんですよ。残り時間の中できちんとぶつかり合ってチームがひとつの方向性を見出すことができれば、今よりももっと可能性を見出せるはずです。


2010.05.25 01:07 | 戦評・日本代表 | トラックバック(0) | コメント(0) |
なんかいろんなことが頭の中でぐるぐる回って、正直うまくまとまりませんが、今回の試合を見て感じたことをとりあえず書いてみようと思います。


お互いPKでの1対1。。。中澤に当たって方向が変わり、決まってしまったミドル。逆転されて退場し1人少なくなってから、相手も少なくなる状況。それからカウンターからのダメ押し弾。正直に言えば特に韓国代表が良かったわけでもなく、日本代表が良くなかった。無難に戦っているようには見えても、チームとしてどうしたいのか形の見えてこない、何とかしようとする個々の孤軍奮闘。バラバラであるがゆえに、上手くいかないフラストレーションばかりが目立った試合でした。

不確定要素が重なりあった、運の悪い敗戦と片付けるには、あまりにもダメージの大きい敗戦。日本がオフシーズン・海外組不在とはいえ、あまりにも不甲斐ない出来だったと言わざるをえません。しかしそれはこの韓国戦に始まった話でなく、ここしばらくずっと感じていたことでもありました。先日の明らかに力の劣る香港戦では3得点を奪ったものの、ベネズエラに0-0、中国に0-0。特に得点が奪えない現状は深刻です。以前はそれでもセットプレーから得点を奪えていましたが、その得点パターンすら怪しくなってきています。


一番危機感を感じるのは、チームとしてのディプシリン、規律が失われつつあるのではないかということ。チームとしてやるべきことがハッキリして、個々がやるべきことをきっちりやれば、あそこまでチームがバラバラになることはありません。なぜSBが攻撃参加できなくなってしまったのか。点が取れなかったからとはいえ、香港戦のように闘莉王がポジションを離れてやりたい放題やっていたこと、それはチームとして意図されていたものだったのでしょうか。海外組の不在とは別の次元で、何かがチームから失われてしまったとしか思えません。

もちろんチームとして上手く行ってない時に、それをどうにかしようという気持ちを否定するつもりはありませんが、それはチームとしてどうするのかをまとめる方向に還元すべきものであって、孤軍奮闘したところでチーム状況が改善されるわけではないんです。ましてやチームとしてあるべき形を犠牲にしてまで、戦局を左右する突出した力を持った選手は今の日本代表にはいません。そんな日本代表なのに、選手たちに一丸となってできることをやりきろうという気持ちがなければ、力の差のないチーム相手にいい試合ができるはずもありません。


今の日本代表は無難なところでしかパスを受けようとせず、しかもフォローの意識に乏しいため、ボールを繋いでも2人目でボールが止まってしまいます。守備戦術はディプシリンを叩き込めば、すぐにある程度のレベルまで到達しますし、それを破ろうとするには3人目以降の連動が必要です。しかしボールが少し前に運べれば、どんどん前に人数を掛けて行く今の日本代表相手なら、ボールの奪いどころに誘い込んでボールホルダーを潰し、カウンターを狙って行けば、互角以上の勝負をするのは難しくありません。たまたま中国戦は運が良かっただけで、香港戦は相手のカウンターが拙かっただけの話です。

もしかしたら対戦相手に戦い方を研究されている面もあるのかもしれません。しかしそれ以上に日本代表にそのらしさが失われているのもまた事実。何よりアジアのチーム相手に、得点を奪うどころか、シュートすら数えるほどしか打てない状況では、W杯の本戦でベスト4を目指しますと言われたところで説得力がありませんし、あるいは予選突破どころか、勝点を奪うことすら疑われても仕方ありません。サッカーは点を取れなきゃ勝てないスポーツなんですよ!点が取れなければどんなに頑張っても引き分けにしか持ち込めないんですよ。


少し前までは、たとえ足りないところはあっても、ここまでバラバラな無難な戦い方しかできないチームではありませんでした。こういう状況では孤軍奮闘で自分でできることをやったから仕方ないではダメなんですよ。代表選手ならもっとチームがどうすればまとまるのか、そのために何が必要なのか、一人ひとりがもっと考えて実行するくらいの自覚を持って欲しい。求心力をもった選手が不在なのも痛いのかもしれませんが、誰かがと言ってるうちは何も変わりません。

硬直していることによって状況が変わらないのに、頑なに流れを変えようとしない起用方法や、「11人全員が1km多く走ることによって、12人目の選手を作り出す」と公言しながら、足元へのパスばかりに終止するチームになってしまったりと、岡田監督の求心力が急速に失われつつあろうことは否定できませんが、それに対して岡田監督だけが責任を取れば問題が解決出来るような、そんな単純な状況でもありません。そんな答えを見いだすのが非常に難しい問題ですが、観戦して悲しくなるような試合が繰り返されないよう、何らかの現実的な解答は探さないといけないのだろうとは感じています。このままこの状況を放置しておいても、状況が改善される可能性は低いでしょうから。

2010.02.15 01:14 | 戦評・日本代表 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【日本】SH15(枠内3) CK4 GK15 Keep51%
GK楢崎
DF駒野、中澤、闘莉王、長友
MF遠藤、長谷部、中村俊(→'89阿部)、中村憲(→'66本田)
FW岡崎、大久保(→'68矢野)
SUB:GK都築、DF今野、MF橋本、FW玉田

【ウズベキスタン】SH13(枠内8) CK10 GK10 Keep49%
GKネステロフ
DFH・カリモフ、スユノフ(→'82S・ジュラエフ)、トゥフタホジャエフ、イスマイロフ
MFハサノフ、ジェパロフ、アフメドフ、カパーゼ
FWF・タジエフ(→'61ソリエフ)、FWゲインリフ(→'75エルキノフ)
GKT・ジュラエフ、DF、K・タジエフ、MFハイダロフ、アンドレエフ

【得点】
日本:'9岡崎

【警告・退場】
日本:'32中村俊、'37長友、'59遠藤、'89長谷部(退場)
ウズベキスタン:'74ゲインリフ

今回はTBSでなく、BSの中継で観戦。
難しい試合でしたが、無事2位以内でのW杯出場を決めましたね!

ロングボールの多い展開で、試合が落ち着きませんでしたが、前半9分に中村憲剛のボールに抜け出した岡崎が、自ら放ったシュートのこぼれ球を頭で押し込んで先制。その後、遠藤のFKから大久保が押し込んだり(オフサイド)はあったものの、前に出て起点を潰してきたウズベキスタンに押し込まれ、相手ペースに。

後半になっても攻勢に出るウズベキスタンペースは変わらず、セカンドボールを拾えない日本は本田・矢野を前線に投入するも、流れを変えられないまま。終盤には長谷部が退場、選手に指示を出していた岡田監督もなぜか退席を命じられた日本は、終盤ウズベキスタンの猛攻を受けましたが、阿部を投入してロスタイム4分をしのいで1-0で逃げ切り、W杯出場を決めました。


先制点は見事でした!中村憲剛のフィードから、裏に抜け出した岡崎が自らはなったシュートのこぼれ球を頭で押し込んだゴール。ふつうはこの辺り、そうそううまくいかないものだと思うのですが、きちんとこぼれ球に対して詰めることを怠らない岡崎だからこそ生まれたゴール。岡崎は監督の起用に見事にゴールで応えました。このゴールは試合展開を考えた時、非常に大きなものだったと思います。

しかしその後はウズベキスタンが前に出て起点を潰し、日本が使っていた中盤のスペースを埋められたことで、日本がなかなか攻め手を見いだせなくなり、セカンドボールを拾って攻勢を掛けてきたウズベキスタンに、押し込まれてしまいました。ウズベキスタンは最後の詰めの部分に粗さが目立ち、また攻勢を受ける中でも冷静だった、楢崎や両CBを中心とした守備陣の奮闘に助けられました。

どうしてもパワーで劣る日本が競り合いの部分で厳しいでしょうが、前に人数も揃わない状態のまま裏を狙い、攻め急ぎ過ぎたのかなという印象。いくらスピードに勝るとはいっても、前線で孤立すれば相手に潰される可能性も高いわけで。カウンターで仕留められれば一番良かったんでしょうが、それが難しいならボールを辛抱強く繋いで相手を押し戻し、守る時間を減らしたかったですね。


もっともボールを動かしつつ、スペース作りや連動した動きによるチャンスメイク、多彩なキッカーと高さのある中澤・闘莉王をいかしたセットプレーなど、点を取ることに関しては、それなりの方向性は見いだせている気がします。守備に関してもGK楢崎と中澤・闘莉王の両CBを中心にある程度計算できるものがあるかと。オシム監督の後を受けて日本代表を指揮することは難しいものがあったと思いますが、岡田監督はいいチームを作り上げましたね。

ここから先にW杯に向けてということなら、試合状況に応じて流れを変えられる、あるいはゲームを落ち着かせることのできるオプションの構築・発掘、それも含めた試合状況に応じてゲームの流れをある程度コントロールできるような、試合運びの巧さが欲しいところ。相手の打ってきた手段によっては、同じような試合運びが通用しなくなることもあるわけで、中盤の経験豊富な選手たちを中心に、その点をもっとうまくコントロールできるようにしたいですね。

あと二試合予選は残っているわけですが、まずはW杯出場おめでとうということで。
本戦出場が決定して、ほっとしている選手たちの表情が印象的でした。


2009.06.07 10:15 | 戦評・日本代表 | トラックバック(0) | コメント(0) |