yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ワールドカップ開幕前もなかなか試合に勝てず、グループラウンド3連敗もあるのではないかという悲観的な意見も多かった日本代表でしたが、ワールドカップが始まってみると初戦のカメルーン戦に勝って弾みをつけると、次戦のオランダにこそ敗れたものの、3戦目のデンマーク戦に3-1で勝利し、見事予選グループ突破。決勝トーナメントこそパラグアイ相手に点を奪えず、PK戦で敗れることとなってしまいましたが、チーム一丸となって闘い抜いて得たベスト16は、客観的に見て評価に値する結果だったと思います。

やはり大会直前だったとはいえ、現実的に守備から入る戦い方を選択したことはワールドカップを戦い抜く上で大きなターニングポイントだったのではないでしょうか。継続性という点ではこれまでの戦い方と違うものだったと思いますし、見方を変えればもう少し早く決断できていれば、より戦い方に見合った選手選択もあったのかもしれません。ただ、こういった方針転換がないまま真っ向からワールドカップの試合に臨んでいたら、厳しい結果に終わっていたのではないかと感じます。

ワールドカップの試合を見ていて感じたことは、(特に南米の)個々の守備意識の高さ、1対1の守備能力の高さです。ここがしっかりしていると大崩れしないチームになりますし、攻撃に人数を掛けられます。日本は他の強豪国に比べると1対1の守備能力が若干足りないと感じましたし、そこでアンカーに阿部を置いて、周囲とのカバーリングを意識した守備でフォローして守る形を作り出しました。これによって守備に安定感が生まれ、竸った試合展開でチームが勝機を見いだせる大きな要因となったのではないでしょうか。

一方で先に失点しないことを意識し、チームとしてはやや重心を後ろに置いた戦い方を選択したことで、必然的に相手がボールを持った時間帯が長くなって、そこからチャンスをうかがう戦い方になりました。本田とそれをフォローする松井・大久保を起点に遠藤や長谷部が絡んで駒野・長友の攻撃参加を引き出すその攻めは、形を作るという点では一定の評価ができるものとは思いますが、それをゴールに繋げる攻撃の厚みやフィニッシャーの不在は否めず、本田・遠藤といった直接FKを決めることのできるキッカーの存在は、大きかったと感じました。

今大会の戦いぶりから考えると、今回のような戦い方でも欧州中堅国クラスなら十分戦えるとは感じましたが、個の能力が高い南米や欧州の強豪に対して、今後どうやって対抗していくのかという部分は、4年後までに考えねばならない課題だと思っています。組み合わせ次第では予選を突破するだけの力はあるチームにはなりましたが、今大会で見れば相手が直接FKを警戒してきた場合に得点を取る手段に乏しく、ベスト16は見えても、ベスト8やベスト4を目指すには、もっと点を取るパターン、戦い方を増やす必要性を感じました。

今後も組織的な戦い方がベースになるのは間違いないでしょうが、個の能力のベースを引き上げること、メンバーが変わってもある程度のレベルを維持できるだけの層の厚さを作っていくことも必要です。特に得点を期待できる前線の軸となるFW、世界で戦うとなると高さだけでなく機動力も兼ね備えたCBは4年後までには出てきて欲しい。今いる選手たちは今まで以上に意識を高く持って周囲に好影響をもたらせてくれるようでしょうし、今回はできることをやりきったからこそ、できたこと、できなかったことが今まで以上に鮮明になったのではないでしょうか。

今大会はいろいろ決断するまでに時間が必要な要因があったのか、最適なメンバー構成という点では十分でなかったかもしれませんが、今の日本代表ができることはある程度やりきった印象はありました。これで4年後に向けてリスタート。それまでに何ができるのかよくよく考えること、特に将来に向けて育成の方向性をきちんと定めていくことも重要なテーマになります。同時に日本代表が現段階でできるだけの成果を出したからこそ、それをどうJリーグに繋げていくか、サポやチーム、リーグが一丸となって考えたいですね。

スポンサーサイト
2010.07.03 09:03 | 日本代表 | トラックバック(0) | コメント(0) |
録画でカタール代表戦観ました。後ろの方のメンバーが変わったせいか、守備に関してはそれなりに緊張感を持ってやれていて、こうなると先に点を取ること、そして追加点を奪えるかがこの試合の焦点だったと思います。そういう意味では前半19分の田中達の先制弾は大きかったですし、後半開始直後の玉田のゴールも取った時間帯が良かったですね。

前線に南米からの帰化選手がいて、相手の得意とする形でカウンターを食らうことは避けたかったはず。なかなか点が入らなかったり、相手に先制を奪われたら難しい試合になったと思いますが、その前に点を奪うことで流れを引き寄せることができました。中村・遠藤でリズムを作ってボールを動かし、両SBが積極的に絡むような形でしたが、前線に機動力のある選手を入れたのはポイントだったのかもしれませんね。

次は2月ということでコンディション的に難しい部分もありますが、同グループ首位で力のあるオーストラリアに勝てば先の展開も楽になります。次が本当の勝負どころでしょう。ただ、その辺に試合があるということは、また1月末くらいから合宿はあるわけで、所属チームの方の初動にはまた参加できなそうですね、その感じだと。チームの主軸が代表に招集されているチーム作りがやっぱり難しそうです。ま、今考えるべきはそんな先の話ではなく、目の前のリーグ戦残り3試合なんでしょうけどね(苦笑)

2008.11.20 23:29 | 日本代表 | トラックバック(0) | コメント(0) |
昨日、一昨日は相方と旅行に出ていて、オランダ戦は出先のTVで観ました。PKを与えての0-1の敗戦。前の試合に比べるとアグレッシブにゴールに向かう姿勢は感じられましたが、やはりゴールは遠かった現実。今回の3戦全敗は残念ながら順当な結果でした。対戦相手に恵まれれば、予選突破を争えたのかもしれませんが、今回のようにそれなりの力があるグループに入ってしまうと、どう勝ち切るかが課題。そこそこの戦えるだけのベースはあるだけに、その辺をどうするかが今の日本代表のチーム作りにおけるポイントです。

ただ反町監督が試合後にコメントしたように、今回のチームが「チームとして力を出し切った」のかは疑問です。反町監督が五輪監督に就任してから100人以上の選手が試され、本番直前までテストを繰り返した挙句、OAも検討しながら初動が遅れたために結果的に召集することができませんでした。もちろんチーム作りの課程で調子を落とす選手が出てくる可能性、不測の事態もありえたでしょう。しかしチーム作りの課程で早めにベースとなる選手を固めておくことは必要だったのではないでしょうか。

代表チームはクラブチームほどじっくりとチーム作りができるわけではありませんし、自分の思うようなチーム戦術を反映させるのは簡単ではありません。だからこそ早い段階でチームとしての軸は作っておくべきで、その軸となる選手を通じてチーム戦術を構築していくことが必要です。今回の五輪代表は所属チームでレギュラーの選手が多かったものの、一方で中心となる力を持った選手が不在。そこに反町監督が自分なりの選考基準を持っていなかったことが、選手選考において混迷を極めた原因だったように思います。

確かに試合勘や普段のパフォーマンスは無視できる要素ではありませんが、国内のリーグ戦で活躍できるかどうかと、世界を伍して戦える力があるかどうかは別物。日本は欧州各国のリーグのようなレベルにはありませんが、二つの世代で世界と戦ってきた選手を選択肢から外し、他国のようにOAも使わなかったのは監督自身。様々な外圧や難しさもあったでしょうが、監督の優柔不断が場当たり的なチーム作りの一因となったことは間違いなく、それを選手の経験不足に敗因を求めてしまうのは、チームを預かる指揮官としての言い訳にしてはあまりにも情けない。

あえて言えば、この世代に攻撃の中心となるような絶対的な影響力のある選手が出てこなかったのは、これまでの五輪代表と比べると不運だったかもしれません。ただそれもある段階で見極めをすべき話で、出てこないなりに早い段階でOA枠を考えるとか、できることはあったはず。「一体感」というのはチームとして同じ方向を向いている時に出てくるもの。そんな一体感が今回のチームにはあったんでしょうか。敗戦自体は仕方ないと思いますが、チーム作りの課程からある程度予想していたとはいえ、ちょっと消化不良の感もあった敗戦でした。

2008.08.15 18:59 | 日本代表 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |