yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
遅ればせながら「サッカー批評Vol.43」読みました。
今回のテーマはずばり、「10年後も残るクラブ、消えるクラブ」

サッカー批評 issue43―季刊 (双葉社スーパームック)サッカー批評 issue43―季刊 (双葉社スーパームック)
(2009/06)
不明

商品詳細を見る



戦術的水準のレポートとして、広島・浦和。その他チーム事情が取り上げられたクラブとして、オーソドックスなビジョンを進めている名古屋(というより清水から来た久米さん?)、再建に臨む東京V、横浜というビッククラブから湘南に移った左伴さん、カップ戦を獲った翌年の難しさがレポートされている大分、地方クラブの現状として山形と湘南、水戸・甲府・岐阜・愛媛といったクラブ。その他Jクラブの育成例としてG大阪・柏・甲府などが紹介されている構成です。

その他気になる記事として、唐突に決まった感のある移籍金撤廃についての記事。西部さんの記事では元千葉・東京VのGMだった唐井さんへのインタビューをもとに、移籍金撤廃によって想定される変化を考察。またミナミカンタさんが、移籍金撤廃が長年交渉してきた選手会との協議の結果としてでなく、ダブルスタンダードだった日本の国内移籍金規約をFIFAが指摘したためとレポートしています。この時期の移籍金撤廃は、資金に乏しいクラブにとっては大きな痛手でしょう。


そんな中で個人的に一番思うところがあったのは、湘南に移った元横浜の社長左伴さんが挙げた、自立したクラブを維持させるための3つの要素についてです。

1.営業力=好きなサッカーをお金に変えられる営業マンの存在
2.スタジアム=機会損失がないだけのキャパシティ
3.お金だけでなく、心も応援してくれる企業・ファン・サポーター

ここに挙げられている3要素は自立したクラブを維持させるために必要なもので、ここからさらにチームを成長させたり、観客動員を伸ばしていくためには、地道な活動に加えて、昇格であったり、優勝争いであったり、新スタジアムであったりといった、+αの要素の流れに乗ったケースが少なくありません。逆に苦戦しているチームの多くは、スタートの段階でのつまづきや運営のアバウトさ、きっかけとなりうる事象があった際に、うまく流れに乗り切れなかったりといったことが響いているような気がします。

つまり残念ながら夢や勢い、思いだけでは、立ち上げることはできても維持していくことが難しいということです。Jリーグには「興業」「普及」「育成」という三要素がありますが、それを成立させるためにはチームを成長させていくための継続的かつ具体的なビジョン、それを形にできるだけの実行力、そしてそれを運営していくだけの資金力を生み出すアイディアや営業力が必要不可欠です。そういう積み上げてきた下地があってこそ、あるいはチームの成長とともに作り上げていくことができてこそ、何らかのきっかけで大きく伸びる可能性を持つことができるということなんでしょう。


東京は今、「スタジアムを満員」にというスローガンを掲げてはいますが、目に見える形で観客動員に繋がっているわけではないのが現状です。もっともそんなに簡単に観客が増えるようなら、どこも苦労しないわけですよ(苦笑)思うに即効性を感じれらなかったとしても、今後もチームを身近に感じられるような活動を続けていくことは、チームが優勝争いをするようになったり、今後何らかのきっかけがあった時のための準備期間には必要なことなんだろうと感じています。その時が来るまで焦らず、きっかけを見逃さないこと、そしてチャンスを最大限に生かすことが肝要なんだと、最近思うようになりました。


それにしてもこういうレポートを読んだ後だと、ある程度ベースの編成を継続的に維持しつつ、育成に力を注いだり、足りない+αについて考えられるチームというのは、財政的にかなり恵まれているんだなということを痛感するところです。育成にしてもJ2である程度結果を残しているチームというのは、大卒選手を鍛えて即戦力としているケースが少なくありません。下部組織を強化するのは時間とお金がかかりますし、高卒のいい選手を獲るにはブランド力も必要です。設備面やこれまでの実績といった環境面も重要な要素になってきますよね。


そこまで考えて、ふと協会が必要だと感じている「トップレベルの若手の育成」というのは、結局強豪クラブでしかなしえないのではないかと思ったわけですよ。出場機会を得て実戦経験を積むことは確かに選手に成長を促しますが、妥協せずにより高い環境レベルで揉まれながら、臆せず自分の存在感を出そうとするくらいの強さがないと、本当の意味でのトップレベルにはなりえない気がします。アベレージとしての力が上がってきているからこそ、日本がここからさらに強くなるためには、柱になれる存在感のある選手が必要になってきているのではないかと思った、今日この頃です。


追記:「岐阜が今秋倒産の危機」(中日新聞)と報じられていたようです。今回書かれていた内容からすると、岐阜は思っていた以上に厳しい状況に置かれていると感じましたが、ここが正念場。何とか踏ん張って欲しいと思います。

スポンサーサイト
2009.06.26 01:21 | 書評 | トラックバック(0) | コメント(0) |
3月に出ていたので、実質一か月遅れですが、サッカー批評読了しました。

サッカー批評 issue42―季刊 (42) (双葉社スーパームック)サッカー批評 issue42―季刊 (42) (双葉社スーパームック)
(2009/03)
不明

商品詳細を見る

特集「LOVE or MONEY?」ということで、欧州や南米各国事情などを説明しつつ、サッカーを支えているものが果たして愛なのか、お金なのかという深遠なテーマについて考察を加えていますね。

個人的には西部謙司さんの「欧州と日本サッカーの未来予想図」、元川悦子さんのJリーグのメディア戦略[後編]やら、加部究さんの「海を越えてきたフットボーラー(今回は森山泰行)」なんかが面白かったです。

次回issue43は6/10(水)発売。特集は「サッカークラブ考察-愛されるクラブは何が違うのか?-」なんだそうですよ。これはこれでなんとも気になる記事です。

最近「欧州サッカークラブ最強「事情通」読本」(東邦出版)や、名波浩の「夢の中まで左足」(ベースボール・マガジン社)を出版社の人からもらったんですが、読む本が多くて積読状態。なかなか進まないものですね。
2009.04.15 23:23 | 書評 | トラックバック(0) | コメント(0) |
さっきまで再放送の鹿島-川崎戦見てたんですが、川崎はかなり強いですね。前回対戦時のイメージで考えてると痛い目にあいますよ、これは。9/18(木)13:00~ Jsports1で再放送あるので、見れる方は要チェックです。


今回の「サッカー批評」のテーマは「欧州のサッカーを疑え」
主な内容は以下の通り

・問われる欧州サッカーを見る眼 杉山茂樹
・世界的名GMが語る「クラブ強化論」 山内雄司
 バイエルン・ミュンヘンGM ウリ・ヘーネス
・グルノーブル改革の全貌 西部謙司
 海を渡った日本の名GM 祖母井秀隆
・「モッジ」は必要悪だったのか? 宮崎隆司
・ドイツの観客動員はなぜ世界一なのか? 橘昇
・危ういリーグの未来 プレミア・バブルの行方を追う
・1-0の美学は死んだのか~イタリア~ 宮崎隆司
・オランダが優秀な選手と指導者を輩出する理由
・育成改革論 小宮良之
・世界最先端のフィジカルトレーニング
・[対談]鈴木良平×原博実 戦術とは何か

・大分トリニータ胸スポンサー問題 木村元彦
 マルハン会長インタビュー
・J2拡大路線の是非 J2とJFL間の接続 宇都宮徹壱
・海を越えてきたフットボーラー ゼムノビッチ 加部究
・サッカーと映画人 アマラオ映画誕生秘話


多角的な視点による欧州サッカーの考察がメインテーマですが、個人的に興味深かったのが、欧州における育成年代の考え方。日本の育成年代がこれまで積み上げてきたものは、それはそれで一定の評価をすべきだと思いますが、次の段階へ進むために何が必要なのか。今回の内容はそれを考える上で非常に示唆に富む内容だと思います。

また、大分の胸スポンサー問題、J2拡大路線については、今後もJリーグに関わっていくためには一度考えておきたい話。また08年10月に封切られるアマラオの映画「KING OF TOKYO FILME」についての誕生秘話も。なお、「KING OF TOKYO FILME」は

10月11日(土)より「渋谷シネパレス
10月18日(土)より「吉祥寺バウスシアター
10月25日(土)より「TOHOシネマズ府中

で公開予定だそうです(どこも遠いなぁ・・・ 苦笑)。
ご存知の方も多いとは思いますが、知らない方もいるかもしれないので、お知らせまで。

オフィシャルサイト
KING OF TOKYO FILME
2008.09.16 22:40 | 書評 | トラックバック(0) | コメント(0) |
先日、定期購読しているエルゴラの広告で見かけて気になっていた、「サッカー戦術クロニクル」(西部謙司著 カンゼン)を買いに池袋の旭屋書店に行ったわけなんですが、実際にぱらぱらと読んでみると、内容的には時代ごとの特徴的なサッカーチームを取り上げた本で、面白くないわけではなかったんですが、印象としてやはりどこかで読んだような内容が多かったですし、個人的にイメージしていたのとはちょっと違う本でした。


代わりに買ったのが下の本

戦術に関してはこの本が最高峰
-これぞサッカーの「戦術学」全世界30クラブ解体新書-
西部謙司著 浅野賀一著
税込価格: \1,500 (本体 : \1,429)
出版 : 東邦出版
サイズ : 19cm / 253p
ISBN : 978-4-8094-0722-2
発行年月 : 2008.8

上の「サッカー戦術クロニクル」と同じ西部謙司さんと、「VarietyFootball」でおなじみ、GAITIこと浅野賀一さんの共著(サッカー批評なんかにもよく寄稿されていますね)。「サッカー戦術クロニクル」を歴史から戦術を追った縦軸とするなら、この本はいわば横軸。主要リーグのサッカーの傾向に触れつつ、世界各国の代表的な30チームを紹介しています。戦術本とはいってもマニアな内容ではなく、各チームそれぞれ各4~8ページほどで、特徴をシンプルに説明してくれています。

タイトルがタイトルだけに、戦術マニアにはやや掘り下げが足りないと感じるかもしれません。しかし様々なチームの特徴に触れてみるのは、角度を変えてチームのあり方を考えてみるいいきっかけになるでしょうし、悩んでいる人にとってはいい気分転換にもなりそうです。こんな時だからこそ、一度読んでみてもいい一冊なのではないかと。最後に日本のチームとして磐田のN-BOXが紹介されていますが、やはり日本でひとつ挙げるとするとあれになるんでしょうかね。

2008.08.19 23:06 | 書評 | トラックバック(0) | コメント(0) |
サイドプレイヤーの本質
-実戦で生かす「サイド」の戦術-
ベースボール・マガジン社(B・B MOOK 551)
相馬直樹 責任編集
ISBN:978-4-583-61541-7
2008/5/21
¥980(税込)

東京ダービーの前日に、用があって出かけたさいたま新都心の紀伊国屋書店で、何の気なしに見つけた一冊。「サッカークリニック+α」というサッカー技術専門誌から派生したムックなわけなんですが、何と言ってもあの相馬直樹の責任編集ですよ(そういえば大宮戦のあった帰りに、解説に来ていた相馬を見かけましたね・・・)。SBとして一時代を築いた相馬と、代表コンビでコンビを組んだ名波には思い入れがあるので、たまたま見つけたことには何となく運命的なものを感じてしまいました(笑)


巻頭から

スペシャル対談1
「サイドのこだわり」
相馬直樹×都並敏史

スペシャル対談2
「互いに活きる"中と外"の関係」
相馬直樹×名波浩

・・・なんというかすごい組み合わせです。
名波の「ペナルティエリアの角を狙う」という話にはなるほどなと思いました。


当然技術専門誌なので、その後は「相馬直樹の語るサイドバック論」
(サッカークリニックに連載していたものをまとめたらしいです)
以下目次

・サイドバックとの出会い、サイドバックの魅力
・現代サッカーにおけるサイドプレーヤー像
・3バックと4バックについて(前・後編)
・ゾーンディフェンスとマン・ツー・マン・ディフェンス
・1対1の守備
・チャレンジ&カバー
・カバーリング・バランスの概念(前・後編)
・マークの受け渡し(前・後編)
・ラインコントロール
・守備のセンス、決断力
・クロスボールの対応
・ビルドアップ(前・後編)
・攻撃の仕掛け
・クロス
・シュート
・サイドに求められるフィジカル能力
・メンタル


代表でも3バック・4バックの両方をそつなくこなした、相馬が語るサイドプレーヤー像は面白かったです。ぼぼ一冊まるまるサイドバックに関する技術論で、一見非常にマニアな内容に思えますが、相馬は分かりやすい言葉で、サイドプレーヤーとしてのあるべき姿を、単なる理想論でなく自分の体験に即した実践的な言葉で語ってくれていたと思います。読んでおくと局面局面ですべきことができているかどうか、SBを見る基準の参考になるかもしれません。

惜しむらくはこの本が書籍でなくムックであること。シリーズものでもなさそうですし、作り的にいったん品切れになると入手が困難になりそうな気もするので、気になる方は早めに購入されることをお勧めします。
2008.05.27 23:49 | 書評 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |