yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
前節京都戦で4-1と快勝し、ようやく手応えを掴んだように見える東京ですが、だからこそ今節の戦い方が問われてくるわけで、愛媛戦で結果をきちんと残せるかどうかは重要なポイントです。代表に召集された今野が不在で、CBには今季初出場となるノースがそのまま入ることになりそうです。今野とはタイプが違う選手のようですが、予想スタメンはこんな感じです。


GK権田
DF徳永、森重、ノース、中村
MF高橋、梶山、大竹、田邊
FW羽生、セザー

また負傷で長らく戦列を離れていた石川も、今季はベンチ入りする模様。これから上位を追い上げていこうというチームにあって、石川の復帰は心強いですね。

対する愛媛はここまで4勝1分3敗の8位。中断明け東京V相手に勝利した後は北九州に0-3で敗北するなど1分3敗と勝ち星に恵まれなかったようですが、ここ2試合は栃木を2-1、岐阜を2-0で連破。布陣変更も功を奏したのか、連勝して調子を上げてきているようですね。予想スタメンはこんな感じです。


GK川北
DF関根、池田、高杉、前野
MF渡邉、大山、杉浦
FW石井、斉藤、小笠原

ベースになるのは4-1-2-3の布陣。渡邉をアンカーに置いて、大山・杉浦の2列目、小笠原をトップに置いて両サイドに齋藤と石井を配した3トップの布陣に変更したようです。ブロックを作って対応する守備と、攻撃時のSBの高い位置取りが特徴的で、ドリブル突破からゴールを狙う齋藤と、シュートエリアに入ってくる動きが秀逸な小笠原がゴールを脅かします。二列目の杉浦、サイドの石井も前節得点し、大山がアシストするなど、攻撃陣はいいイメージを持ってこの試合臨んできそうです。

SBの高い位置取りもあるように、攻撃はサイドからの形を模索してはいますが、小笠原(170cm)・齋藤(165cm)に高さはありません。必然的にサイドからのクロスはGKとDFの間に入れる低くて早いクロスが多くなります(岐阜戦の2点目もそんな感じでした)。プレスからのショートカウンターで齋藤の仕掛けからのミドル、巧みなチャンスメイクからのシュートを引き出す動きにも要注意と言えるでしょう。

ショートカウンターについては自陣での不用意なボールロストを減らし、ロストしたら相手の攻撃を遅らせて一気にシュートまで持って行かれないこと、プレッシャーに対しては耐性という点でさほど強度のない愛媛中盤へのプレッシャーを強め、前との連携を断つことが一番です。大山や杉浦といった中盤のタレントはいますが、彼らを自由にさせないことが、結果的に愛媛の攻撃の選択肢を狭めることに繋がるはずです。

SBの高めの位置取りから生じる裏のスペースが、カウンター時の狙い目になることはいうまでもありません。前線からのプレスがハマることはあっても、基本的に中盤の守備という点では必ずしも機能していない印象で、ボールを奪う位置取りは低くなりがちです。サイドに起点を作りつつ、相手守備を引っ張ることでできるファーのスペース、バイタルエリアをいかに攻略するかが、この試合のカギを握るのではないでしょうか。

愛媛は良く組織されたチームで、前にも齋藤・小笠原といった面白い存在がいる好チーム。ハマれば上位陣を破るだけのポテンシャルがあり、連携面ではこれからのノースが最終ラインに入りそうな東京の守備陣が、カウンターの対応を間違わないことも重要なポイントと言えるでしょう。今野不在がどこまで響くか分からないゲームですが、こういう試合をきちんと勝てるかどうかは今後にも影響してくるでしょうし、チーム全体でうまくカバーしてこの試合を乗り切りたいところですね。

スポンサーサイト
2011.06.05 00:10 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |
前節湘南戦は追いつかれて1-1で引き分けでしたが、得点したセザーにらしさが出てきたり、草民起用など収穫もあった試合でした。今後も若干のメンバー変更で調整しつつ、この戦い方は続けそうですね。京都戦に向けては高橋秀人のボランチ、徳永の右SB起用など若干の布陣変更がありそうです。高橋のクレバーさ、高さは武器になると思いますし、徳永も持ち味を出せるよう活躍を期待したいところ。予想スタメンはこんな感じです。

GK権田
DF徳永、森重、今野、中村
MF高橋、梶山、田邊草民、羽生、谷澤(大竹)
FWセザー

大竹もメンバー入りは間違いないでしょうし、その力が必要な時は必ず来ます。草民に負けない奮起を期待したいですね。また紅白戦に石川が出場するようになっているようで、そろそろ復帰も近そうです。


対する京都はここまで1勝2分4敗の18位。再開後は緒戦の岡山に2-1で勝利した後は2分3敗となかなか勝てない状況が続き、5試合で1得点とやや得点が少ない状況のようです。この試合前節退場した安藤が出場停止ですが、出場停止明けの秋本が復帰、また最終ラインに故障で戦列を離れていた染谷が復帰するようですね。予想スタメンはこんな感じです。

GK水谷
DF染谷(内野)、森下、福村
MFチョンウヨン、秋本、中山、内藤
FWディエゴ、中村充、久保


ベースとなるのは3-4-3。以前は中盤がダイヤモンド型だったようですが、ここ数戦はダブルボランチに変更している模様。2種登録ながらすでに2得点を挙げる久保をトップに、2シャドーにキープ力のあるディエゴ、突破力のある中村充と局面を打開することのできる2人を置いて、両サイドの2人も絡めた形でチャンスをうかがってきます。サイドを起点にした攻めでは3バックのストッパーも上がってくるだけに、対応は整理しておきたいですね。

基本的にここ数試合は左サイドで起点を作って、そこからボランチ、2シャドーを絡めたパス回しからのチャンスメイクが多く、リズムがある場合は狭い場所もダイレクトで通す反面、足元へのパスが多いために、カウンターを食らうことも少なくありませんでした。そこでディエゴや中村充の局面打開力に頼ることが多くなるわけですが、それやサイドからの崩しが久保の得点パターンに直結していないところに今の京都の難しさがあると思います。

確かにボールの置き方や、ゴール前の落ちつきなど、センスを感じさせる久保ですが、やはり6試合406分出場でシュート数3は少ない。そこにボールを通せず、ディエゴや中村充、右サイドの内藤などが外からの難しいミドルを狙うことが多くなっているのが現状なんでしょう。やはり重要なのは攻めに時間を掛けさせて簡単にエリアに入らせないこと、その上で確実にコースを切っていけば、外からのミドルはその印象ほどの脅威はありません。

京都はリズミカルなパス交換が一気にゴール前まで到達すると可能性を感じさせる一方で、それが中盤で引っかかると一気にカウンターのピンチに繋がる危うさがあると感じました。ダブルボランチがストッパーとなれば帰陣も早いですが、そこを一気に突破されると3バックがいきなり晒されます。どうしてもPAの幅を守るのが精一杯な人数のため、中央突破を図られると中に絞らざるを得ず、サイドのカバーは苦しくなります。

理想を言えば中盤のカットからの素早いカウンターでダブルボランチを突破し、ドリブルで中に引きつけて外で勝負したいところ。どうフィニッシュに戻って行くのか具体的なイメージが欲しいですね。先に点を取って相手に攻めさせ、カウンターを狙っていくような戦い方ができれば理想的です。京都は若いチームでリズムに乗れていませんが、ポテンシャルは高いのは間違いありません。簡単な相手ではないですが、勝って今の戦い方への自信に繋げていきたいですね。

2011.05.28 01:00 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |
前節は梶山のPKで先制しながら、守備を崩されて1-2で逆転負け、さらに負傷した高松と手術したホベルトが長期離脱と、難しい状況が続いています。特に平山に続いて高松の負傷離脱で、前に高さがなくなり、前線にセザーを置いて、二列目に大竹・羽生らを置いた3シャドーで流動性を高めた戦い方に舵を切ることになりそうです。予想スタメンはこんな感じです。

GK20権田
DF33椋原、3森重、6今野、14中村(26阿部)
MF2徳永、10梶山、19大竹、22羽生、11鈴木(39谷澤)
FW9セザー

紅白戦の感じからすると、いよいよ草民も出番ありそうですね。羽生や大竹もそうですが、これまで思うように出場できなかった選手たちの頑張りにも期待したいと思います。


対する湘南はここまで3勝2分1敗の4位。再開後は横浜FCに0-1で苦杯を喫したものの、札幌・鳥栖に1-0で勝利。緒戦岡山に5-0で大勝した試合を除けば、5試合で3得点と爆発的な得点力はないものの、一方で5試合で2失点と守備には安定感があり、大崩れしない、手堅い戦い方で勝ち点3をうかがいつつ、最低限でも勝ち点1を取る戦い方を志向しているのがうかがえますね。予想スタメンはこんな感じです。


GK21西部
DF5臼井、3大井、26遠藤、7石神
MF6永木、15、ハングギョン、10アジエル、8坂本(14菊池)
FW11巻、23高山

ベースとなるのは4-4-2の布陣。決定的なチャンスを演出するアジエルに目が向きがちですが、ゲームをコントロールしているのは気の利いた動きを見せる永木と、ハングギョンのボランチコンビ。また前線に高さのある巻、スピードと積極的なチャレンジで存在感を見せる高山にも気になる存在。セットプレーでの大井の高さ、菊池の積極的なミドルシュート、最近はベンチスタートが多い佐々木のスピードを活かした決定的な仕事にも注意したいところです。

湘南の決定的な得点チャンスの多くはアジエルのチャンスメイクから。そういう意味で高い位置で前を向かせないようにして、周囲とのコンビネーションに気をつけたいところですが、できれば3シャドーがその前のボランチコンビへのプレッシャーを意識してリズムを作らせないことで、チームとしてのリズムを作らせないようにしたいところ。あとは巻の高さに対するセカンドボールなど、前線の特徴ある動きに対応を間違えないことも大切ですね。

5試合で2失点のみの湘南守備陣は大崩れしない安定感があります。その失点も出会い頭の失点、ポストプレーのこぼれ球を個人技で崩した形と、崩された形での失点ではありません。これまで東京と対戦してきたチームは、サイドを多少崩されても中を固めて押さえればいい、という割り切った守り方をしてきて、平山という高さがなくなり、中の動き出しも少ない東京のアタッカー陣に対して一定の成果をあげてきました。

湘南は基本的な守り方は変えてこないと思います。相手のボランチコンビは難敵ですが、東京は3シャドーがエリアの幅を意識してPA付近に起点を作って、攻撃の選択肢を増やしたいところ。中を意識させることでSBの攻撃参加もしやすくなりますし、3シャドーがうまく的を絞らせずに、ギャップを作って狙い続けることで、チャンスを作りたいですね。今まで以上に動き直しは重要になってきますし、それを厭わず効果的な動きを意識してチャンスを確実にものにできるかどうかです。

やはり平山という絶対的な高さがなくなった時点で、中を固める相手に対してクロスから点を奪う形を作るのは難しくなりました。逆に言えばこうすればいいという戦い方で対応できるチームの攻撃は、多少中盤で圧倒したところで最後を押さえればいい分、他チームにとってもあまり怖くありません。差がつくのはプレッシャーの中でのプレー精度、一歩目の動き出し、アイデアですし、そういうところで勝負すべきだとも感じます。

一人では難しいですし、二人・三人が絡む連続したプレーイメージ、相手の予測できない選択肢を作り続けることが必要です。そこで攻め切れる形を作り出せれば、きっと先にも繋がる成果になるはずです。期せずして戦い方を変えざるをえなくなりましたが、これをポジティブに捉えて前に進めるか。チームとしての底力が問われています。チームの背中を押して、一体感を創りだしていくことが、今まで以上に重要になってくるのではないでしょうか。


2011.05.22 00:00 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |
前節富山戦を1-0で勝利した東京は、出場停止だったロベルトセザーが復帰。前線をどう変えていくのかが気になるところでしたが、とりあえずは全体のバランスを考えて高松の1トップを基本に、それに微調整を加えていくような戦い方になりそうです。特に左サイドについては谷澤・中村北斗などの起用も予想され、予想スタメンはこんな感じになります。


GK権田
DF椋原、森重、今野、中村(阿部)
MF徳永、上里、鈴木、梶山、谷澤
FW高松

前節の勝利も、この試合をきちんと勝ち切れるかどうかで意味合いが変わってきます。現状持てる戦力をうまく使って、連勝を目指していきたいところです。


対する草津はここまで5試合で2勝3敗の13位。中断明けの大分戦に2-1、熊本相手に1-0と勝利しましたが、アウェイ札幌に0-1、ホームで岡山に1-2と終盤に失点して連敗しています。またこの試合では前節の試合でCB中村が負傷し、この試合は欠場の見込み。また中盤と前線も前節とは若干構成を変えてくるようです。予想スタメンはこんな感じです。


GK22北
DF24古林、13有薗(田中)、3御厨、23永田
MF30松下、6櫻田、19後藤、14熊林
FW10ラフィーニャ、18萬代

ベースとなるのは4-4-2の布陣。基本的には最終ラインや松下から縦に入れるボールが多く、高さのある萬代のポストプレー、ドリブルや起点となっての展開やフィニッシャー役も兼ねるラフィーニャの2人を起点に、後藤のスペースに飛び出す動きや、古林・永田の両SBの攻撃参加で厚みを持たせてきます。それらに気を取られると松下のミドルもありますね。セットプレーのキッカーは熊林が務めているようです。

草津の攻めの形で危ないと感じるのは、前線への2トップの対処よりも、後藤の飛び込んでくる動き、引き過ぎた時の松下のミドル。それが出てくるのは草津の前線にボールが収まって、そこから落としたボール→展開とサイドに人数を掛けて攻撃に厚みが出てきた時。つまり、前線の起点をいかに潰して攻撃を単調なものにさせるかが、草津の脅威を減じる上で重要なポイントになってきます。

時間帯によっては繋ぐこともありますが、厳しいプレッシャーの中をあえて粘り強く繋いで崩そうとするチームではありません。中盤に対するプレッシャーをある程度維持すれば、後ろから長いボールを蹴ることが増えてくるはずです。起点となる前線の二人を最終ラインとボランチで挟んで確実に潰し、セカンドボールを確保することで、厚みのある攻撃を封じることができますし、それで中途半端に前に出てくるようならカウンターのチャンスも作り出せるはずです。

また草津は守備で大崩れしないだけの組織力を持ったチームですが、やはり中を固めることを意識しているため、サイドを広く使うと中と外の間にスペースができたりもします。チームとしてどこを崩すためにどこに起点を作るべきなのか、どう作ったスペースを突いて崩していくのか、そういう意識を共有して攻めればチャンスは必ず作り出せるはずです。サイドを意識させて上里らのミドルも効果的な攻めになるでしょう。

前節の草津は先制したことや連戦の影響もあってか、後半は確実に運動量が落ちて攻めに厚みを作り出せなくなりました。その反省もあってアレックスを切り札としてベンチスタートにさせたのかもしれませんが、その投入が大きな効果を呼びそうなのは、東京が点を取れず前に人数をかけざるを得なくなった時。スペースを脅かされて難しい戦いを強いられることのないよう、先に点を取るような展開を目指していきたいですね。

2011.05.14 04:17 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |
FC東京は前節東京V戦を終えて1勝2分1敗の13位。スタートダッシュには失敗しましたが、まだシーズンは序盤です。連戦が続く中でリズムを作り直していくのは簡単なことではありませんが、悔いたところで結果が覆るわけではありませんし、ここからどう立て直すのか、どう戦っていくのかが重要になってきます。特に4試合で1点に留まっている攻撃陣の活性化が重要なテーマですね。

前節ロベルトセザーが退場し、今節1試合の出場停止処分を受けたことで、東京は高松を1トップに、上里をボランチに据えた布陣に変更する模様。中盤の枚数を増やすことで起点を増やすと同時に、ボール支配率アップを目指し、チャンスをうかがうことになりそうです。上里は左足のキックを活かした展開力、ミドルやCK・FKといったキッカーとしても期待したいところですね。予想スタメンはこんな感じです。


GK権田
DF椋原(中村)、森重、今野、阿部
MF徳永、上里、鈴木、梶山、羽生(谷澤)
FW高松

対する富山はここまで2勝1分1敗の9位。3-3-3-1の興味深い布陣で開幕戦は横浜FCに2-1で勝利、中断明け栃木SCに1-3で敗れ、鳥取に0-0で引き分けるも、前節は岐阜を相手にホームで1-0と勝利。リズムを取り戻しつつある中で、味スタに乗り込んできます。リンクにあるようにアウェイはベンチ入り5人体制で臨むようで、昨年東京に在籍したソヨンドクもベンチ入りしているようです。予想スタメンはこんな感じです。


GK1内田
DF19池端、18吉井、2足助
MF16谷田・4江添・23吉川、7朝日・9黒部・8大西
FW10苔口


基本布陣は3-3-3-1の布陣。平出は契約により出場できないようですが、3バック+中盤に3×2のライン、二列目のトップ下に黒部、両翼に朝日と大西を配置し、トップに苔口を置いた布陣がベースとなるでしょうか。3×3の3ラインは守備時にはコンパクトなラインを維持し、ボールサイドには思い切って寄せて人数を掛けてきます。それでボールを奪うと苔口への裏やサイドのスペースを狙うボール、トップ下で起点となる黒部、あるいは両サイドを起点に、そこに人が絡んでチャンスメイクしてきます。

気をつけたいのはロングボールから苔口の裏に抜ける動き、苔口のサイドに流れる動きに朝日が絡むコンビネーション、トップ下の黒部の冷静なボールキープからの展開力、そして前述の2人のチャンスメイクにフィニッシャーとしてゴール前に入ってくる動きです。3人の連動性が富山の生命線なだけに、そこをどう分断するかがカギです。苔口・朝日にかき回されると対応が面倒なので、縦へのボールの出処を押さえて前線で確実に潰す、黒部に起点を作らせないようにしたいですね。

前述の前線の3枚+大西(ちょっとまだうまく絡めていない印象)くらいで攻め切る形を作ってくるため、残りの3+3は中盤の3枚が後ろから攻撃をサポートするくらいで、基本的には守備的なポジショニングでいることが多いようです。当然3枚で横幅全てをフォローできないので、ボールサイドに人数を掛ける、サイドからの仕掛けには中盤のサイド一枚が下がって対応するような形もあったりするようです。密度的にも中央で身体を張ってボールをキープし続けるのは難しいと感じました。

基本的に中やサイドで起点を作ろうとする動きには人数を掛けて対応してくるため、ボールを引き出すための動きなおし、ボールを持ち過ぎずに素早いフォローを意識して、中盤での相手のボール奪取ポイントをいかにくぐり抜けるかが第一関門。ポイントに人数を掛ける分必ず出来るはずのスペースを意識して大きな展開を狙うこと、相手の守備を引っ張って揺さぶることでできるポイントを逃さないことです。個の対応に複数で対応すれば、必ず人数は足りなくなります。どうフィニッシュに持ち込むのか具体的なイメージを持ちたいですね。

富山はハードワークできるチームで、やや独特な戦い方をしていますが、やっていることにあまり迷いはない印象。前の4枚をベースに攻めの形は作ることが出来ていますし、3+3に二列目を加えた3×3の布陣でブロックを作ってきた時には、それがハマると確実に攻めあぐねます。大切なのは複数で守る形をいかに作らせないか、ボールを奪う的を絞らせないか。動き直しを厭わず、シンプルに行くべきところはシンプルに、勝負すべきところは勝負するメリハリを意識して開幕戦以来の勝利を目指したいですね。

2011.05.08 00:10 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |