yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
あちこちのサイトをつらつらと眺めてたら、昨日のミャンマー戦の石川のプレーに関して意外と「アウトサイドなのに中へ切れ込むプレーが多いのはダメだ、もっと縦に突破していいクロス上げろ」みたいな論調の文章が結構多かったですね。確かにいいクロスという点に関してはもう少し練習が必要かな、とは思う。だけど、それと中に切れ込む動きが多いのがダメってのはまた違う次元の話なんじゃないのかと。

縦に抜ける動きが少ないとは言ってもそんなおあつらえ向きのボールなんてあんまり入っていませんでした。縦に抜けろっていうけれど、スピードのある石川が勢いを殺さなくて済むようなパスが出てたかっていうとそんなでもない。彼はどちらかというと大久保みたいなテクニック系というよりはスピードを活かしたプレーを得意とするタイプ。そういう選手に対して、止まった状態でボールが足元に来る事が多かったのに縦に抜ける動きが少ないなんて、それこそそう言われる石川が可哀想な話。石川の特性を活かそうとするならそれ以前に足元でなく、相手のもっと裏を狙うようなパスを出すべき。

昨日の試合では前線のゴール前における動きが少な過ぎました。あの中で少なくともチャンスを何度も演出したのは大久保でも松井でも前田でもなく、石川でなかったか。中に切れ込む動きにしたって別にその動きからボールを囲まれて取られたわけでもなく、左足で枠内にいいシュートだって放っていました。スルーパスから大久保の得点だってアシストしました。言われるほどそんなに悪い動きだったかなと感じています。私も最初はちょっと中に切れ込む動きが多いかな、とは思っていました。だけど最近はその見方も若干変わりつつあります。

以前のナビスコ杯辺りなんかで観た時には、中に切れ込んでの左足シュートは枠内に全然飛んでいませんでした。それこそ大ホームランだったわけです(笑)でもその後の度重なるシュート練習で精度を増したこの強烈なシュートはきちんと枠内を捕らえられるようになりました。身体に当たったからとはいえ、名古屋の楢崎からこの形でゴールを奪ったわけです。石川の中で現在、もっとも得意とするシュートの形なんじゃないかと思います。

サッカーは別にいかに質のいいクロスを上げるかということを競うスポーツではありません。別にいかに縦に抜けるか、ってことを競うスポーツでもありません。相手よりいかに多くゴールをを奪うかっていうスポーツなわけです。そしてサッカーは自由なスポーツだから別にサイドの選手が中に流れちゃいけないわけでもありません。昨日なんかは代わりに松井が右サイドに流れる動きもありました。何でサイドの選手が中に入ってくるの?と決め付けるのは、それこそ「システム」という固定概念にとらわれ過ぎている証明です。

この試合に関して言うなら、石川の中に切れ込む動きが全体のバランスを考える上で致命傷となったわけでもなく、石川の中に切れ込む動きがが試合のリズムをぶち壊してたわけでもありません。一般論で形にはめて正しい間違ってるを論じるのではなくて、石川のプレーそのものをもっと注意深く見たうえで評価してあげて欲しいところですね。少なくとも代表のある選手よりはよほどチームに貢献してると思うわけなんですが(でも石川、シュート練習と同じくらいもう少しクロスの練習は必要かな)。
スポンサーサイト
2003.05.02 23:48 | 戦術系コラム | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |