yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
リーグ戦6戦勝ち無しという状況ですが、少し前まではシュート数やチャンスの数すら怪しかったことを思えば、ここ最近の状況は確実に前に進んでいますし、ようやく梶山も戻ってきてこれからというところ。チャンスすら作れてない状況とは明らかに違いますし、きっかけがあれば変わるところまで来ています。あまり深刻に考えてネガティブな空気を広げてしまわないように、前向きにチームの背中を押してあげられるような雰囲気作りは大切ですね。

チームとしても徳永・長友が本職のSBに戻って、攻撃参加の回数は増えてきています。羽生は本来の二列目でボールを引き出す動きを活かしたいところですが、ボランチの組み合わせという課題をどう解決するかは、おそらく中断期間待ちだと思っています。それまでの残り二試合は現状の梶山に羽生・徳永を組ませて行く形がベースになるでしょうし、その中でどう点に繋がる攻撃を生み出せるのか考えたいところでしょう。予想スタメンはこんな感じです。

GK権田
DF徳永、森重、今野、長友
MF梶山、羽生、石川、鈴木
FW平山、重松(赤嶺)

またこの試合では重松先発の可能性もあるとか。もしこの試合で先発するようなら、臆せず思い切ってやれるといいですね。


対する山形はここまで4勝2分4敗の9位。ここ最近は勝ったり負けたりという状況が続いていますが、浦和相手に引き分けたり、広島に勝ったり、京都や大宮といった力の差のない相手に確実に勝ったりと、手堅く接戦に持ち込んで競り勝つチャンスを伺うような、上手い戦い方をしている印象です。最近は田代も点に繋がるようなプレーが増えてきているようですね。予想スタメンはこんな感じでしょうか。

GK清水
DF宮本、西河、園田、石川
MF佐藤健、秋葉、北村、宮沢
FW古橋、田代

ベースとなるのは4-4-2。あまりベタ引きしないコンパクトな2ラインで奪いどころを設定しての奪取、早い攻守の切替えからサイド攻撃が特徴でしょうか。前線の田代の高さとそれを活かしたコンビネーション、古橋・北村の裏を狙った飛び出しと、その巧みなポジションチェンジからの北村の侵入、それに絡めたボランチ秋葉の攻撃参加などが多い印象。古橋・石川の高精度のキックはセットプレーで要注意ですし、石川はサイドチェンジなどチェンジオブペースの役割も担っていますね。

山形も前線へのロングボールが多いので、石川を始めとする最終ラインにプレッシャーを掛けつつ、コンパクトなラインを維持して田代の高さを封じ、セカンドボールを拾わせない、古橋・北村の飛び出しをケアすることです。秋葉の攻撃参加などアクセントはあるものの、サイドからの仕掛けにそれほど意外性はありません。石川が入れるクロスの精度や、田代の高さは侮れませんが、むしろ怖いのはサイドの仕掛けから生じるセットプレー。不要なファウルは減らしたいところです。

山形の守備は、相手の攻めをうまくサイドに追い込んで人数を掛け、そこで囲んでボール奪取する形と、相手の速攻に対して起点となる選手を読んでそこに人数を掛けて潰し、逆カウンターを狙う形が多いのが特徴です。人数を掛けてゴール前で跳ね返す守備ではなく、そういう状態になる前に、いかに中盤でボールを奪って相手の攻守のバランスが良くないうちに攻めきるか、攻撃をイメージした守備をしているということです。チームとしてそこをいかに打破するかがポイントです。

山形の守備はコンパクトな布陣からのボール奪取のポイントを明確にしている分、そこで奪えずかわされると後の守備が苦しくなります。サイドでの攻防時にうまくフォローしてサイドの裏を突いてえぐる、サイドチェンジで逆サイドから仕掛ける、中央センターライン付近でフォローを意識して守備網を突破できれば、チャンスは必ず生まれます。守りを固めた山形を遅攻で崩すのは難しいですが、向こうが積極的に守備に来ている時間に裏をかいて相手ゴールを脅かしたいですね。

特にサイドで劣勢時には、中で人数を固めていても外が気になって、周囲の状況をきちんと把握したり、フォローするだけの余裕がなくなってくる傾向があるようです。後列からの飛び出しは有効ですし、バイタルエリアにうまく入ってシュートチャンスは狙っていきたいところ。また前線へのロングボールを封じれば、相手のビルドアップ能力はそれほど高くないだけに、中盤でプレッシャーを掛けて山形のボールロストを誘い、そこからカウンターを狙って行くのもいい方法かもしれませんね。

山形は守備から積極的に自分たちが主導権を握り、相手がリズムを崩したところを、自分たちのリズムで攻めようとするチームです。逆に言えば山形のリズムに乗らないよう意識して、リスクマネジメントを心がけながら最後まで攻め切れば、相手の攻め手も確実に減ります。序盤で点が取れれば東京には理想的な展開ですが、たとえそうならなかったとしても、焦らずリズムを変えながら貪欲に攻め切ることができるか、考えていきたいですね。

スポンサーサイト
2010.05.09 01:03 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/1003-a65ddf1a

| ホーム |