yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ようやく前節の山形戦で3-0で快勝して7試合ぶりの勝利を挙げ、ようやくこれからというところまで戻ってきました。もっとも勝利がなかったとはいえ、これまでも悲観するほどの内容ではなかったですし、中断期間前に自信を取り戻してきたことは大きなこと。その状態で現時点で首位に立つ清水戦を迎えられるのは大きいですね。中断前リーグ戦の最後の試合だけに強敵相手とはいえ、勝って気分良く終わりたいところです。

東京は前線に山形戦でゴールを奪った重松が、前節に続いてスタメンに入る模様。また梶山もスタメンに戻って徳永とボランチを組むことになりそうです。羽生の持ち味を考えれば、その二列目起用は大きいはずです。平山・石川もここのところゴールがありませんが、やはりW杯メンバー選出のプレッシャーもあったはず。残念な結果ではありましたが、気持ちを切り替えて頑張って欲しいですね。予想スタメンはこんな感じです。

GK権田
DF長友、森重、今野、キム・ヨングン
MF梶山、徳永、羽生、石川
FW重松、平山

先発が予想される重松は、開始から仕掛けていくには重要なキーマンになります。この試合も頑張って欲しいですね。


対する清水はここまで7勝3分1敗の首位。前節の新潟戦では小野・ボスナー・太田が出場停止となるなど、メンバーを大幅に欠いたこともあって0-2で敗戦。これまで敗戦なしの快進撃はいったん止まったものの前述の出場停止の選手も戻り、また児玉や西部といった負傷していた選手も復帰しつつあるようです。市川・岩下などの負傷者もありますが、前節とはまた違うチームだと思った方が良さそうです。予想スタメンはこんな感じです。

GK西部(武田)
DF辻尾、平岡、ボスナー、児玉
MF本田、小野、兵働
FW藤本、岡崎、ヨンセン

ベースとなるのは4-1-2-3の布陣。岡崎が裏を狙いつつ、その高さと懐の深い巧みなボールキープで、中盤にボールを確実に落としてくるヨンセンを前線の起点に、本田の展開力、小野の絶妙なアクセント、兵働のサイドチェンジなどを活かして、SBの攻撃参加を絡めたサイドからの仕掛けでゴールを脅かしてきます。ゴール前での岡崎の迫力は侮れませんし、また精度の高いキッカー、破壊力のあるボスナーを揃えたセットプレーは要注意と言えるでしょう。

清水の攻撃を考えた時に、清水の攻撃が脅威なのは前線でボールが収まることによって、そこから巧みな展開を見せる中盤の構成力が活かしてサイドからの揺さぶりを掛け、そこに中盤が絡むことで選択肢を増やし、勢いを増してきます。そうするとまず考えねばならないのはコンパクトな布陣を維持して前線で起点となるヨンセンを確実に潰し、清水にそのセカンドボールを拾わせないことです。それによってその良さは確実に減じますし、厚みのあるサイド攻撃も出てきません。

そうやって前線の起点を潰し、サイドから勢いに乗って仕掛けるような攻撃を減らしていけば、その勢いは自ずから止まります。清水両SBは比較的高めの位置取りをしますが、その裏をより効果的に使うために、左からの右へのサイドチェンジ、あるいは本田の両サイドのスペースを突いて起点を作り、SBとCBの間や裏のスペースに石川らを飛び出させたいところ。ボスナーはスピードがなく、SBも攻撃的で必ずしも守備が得意ではありません。そこをうまく突いていきたいですね。

清水は前線から献身的にチェイシングしてきますし、守りをきちんと構築したら崩すのは容易ではありません。ただ立ち上がりの落ち着かない時間帯はここ数試合不安定な入り方をして失点していますが、その分最初から圧倒しようと来るでしょう。そこで相手のリズムに受身にならないこと、清水が攻め切れなかった時の攻守の切り替えといったところで、高い位置から取り返しに来る清水のリズムを崩して、早い時間帯で得点を狙っていきたいところです。

スポンサーサイト
2010.05.14 13:10 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/1010-5633cbae

| ホーム |