yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
さて水曜はナビスコ杯予選最終節のアウェイC大阪戦です。残念ながらTV放送もありませんが、前節京都に勝利したことで勝点11で日程を終えた京都と勝点で並び、勝利すれば文句なしに決勝トーナメント進出が決定、引き分けても直接対決の仙台(勝点10)・大宮(勝点7)の結果次第では決勝トーナメントに進出できます。勝利して自力で勝ち抜きたい試合です。

東京は長友・今野の代表招集に加えて、前節の警告で右SBで出場していた松下が累積による出場停止。しかし森重・キムヨングンのCBコンビもまずまずの動きを見せていましたし、SBには計算できる椋原もいます。別メニューが続いていたらしいリカルジーニョもベンチ入りしそうですし、ナビスコ杯で好調の大竹に加えて重松・平山もいます。予想スタメンはこんな感じです。

GK権田
DF椋原、森重、キムヨングン、中村北斗
MF梶山、徳永、石川、羽生
FW鈴木、赤嶺

前節に続いて赤嶺が先発起用されそうですが、チームのゴール不足という状況を払拭するような活躍を期待したいところですね。


対するC大阪はここまでナビスコ杯1分4敗の最下位。リーグ戦は4バックでしたが、マルチネスやアドリアーノの負傷、香川移籍を見据えてなのか、ナビスコ杯は若手を積極的に起用して布陣も頻繁に代えていたようです。しかしすでに予選敗退が決定しており、この試合のスタメンもやや流動的な印象が強いですが、予想スタメンはこんな感じです。

GKキムジンヒョン
DF酒本、茂庭、上本、石神
MF羽田、アマラウ、乾、丸橋
FW家長、小松

ベースとしては家長がやや引き気味のポジショニングを取る4-2-3-1の布陣でしょうか。高さのある小松を前線に置いて起点とし、それに乾・家長・丸橋の3シャドーが絡んでゴールを目指していく感じなのかもしれませんね。小松は高さだけでなく運動量があるタイプですし、先発が予定される丸橋は前節ゴールも決めて勢いに乗っています。ベストメンバーではなさそうですが、油断すると危ないですね。

やはりC大阪と戦うときに気をつけねばならないのは、決定的なチャンスを作り出せる乾・家長にいかに余裕をもって前を向かせないかでしょう。C大阪の最終ラインからの繋ぎは特に上手さがあるわけではないですし、そことボランチへのパスコースを切っていって中盤に繋がせないこと、コンパクトなラインを作って前にボールを入れてきた時にセカンドボールを確実に拾っていけば、乾・家長がいい形でボールを持つ機会は確実に減るはずです。

C大阪はやや守備の連携という点で難を抱えますが、茂庭・上本といった人に強いCB、クレバーなアンカーの羽田、鋭い反応を見せるGKキムジンヒョンと、要所要所に力のある選手がいるだけに、正直に攻めていたらゴールを奪うのは難しいでしょう。局所で数的優位を作ってサイドやバイタルエリアに起点を作り、そこに相手の守備陣の注意を引きつけて、3人目の動き出しで決定機を作りたいところ。中2日の厳しい日程ですが、勝って決勝トーナメント進出を決めたいですね。

スポンサーサイト
2010.06.09 07:41 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/1049-24a32d82

| ホーム |