yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
日本は見事初戦カメルーンに勝利しましたね!
これまでの試合でも何度か話にしていましたが、標高のせいなのか、ボールのせいなのかボールが案外伸びる印象。お互いやや守備から入る試合に、日本は比較的自陣の高い位置で長谷部らがボールは奪えているものの、前へのボールが収まらない状況。カメルーンもボールを奪うとエトオらを起点にサイドから狙ってきましたが、日本も攻守の切り替え、フォローの意識を高めてよく対応していました。

日本は高い位置からパスコースを制限してボールをカットすると、松井らがサイドで起点となり、巧みなステップからのドリブルでチャンスメイク。カメルーンは左SBアスエコトを起点とするフィードや攻撃参加から何度かチャンスを作ったものの、中澤らがうまくカバーしてシュートまでいかせず。逆に前半39分、日本は右サイドへの展開から松井が右サイド切り替えしてクロス、ファーに抜けたボールを本田が落ち着いて決めて先制。

後半、カメルーンもラインを押し上げて攻勢に出て、右からエトオの突破や、マクーンのキープからチャボが裏に飛び出すなど、何度か危ない場面は作られるものの、中澤らがいいカバーを見せてきちんと対応。カメルーンの攻めややムラがあり、日本も守るだけでなく右サイド松井を起点としたキープやドリブルからチャンスをうかがい、大久保も左サイドからドリブル突破からファウルを獲得するなど、うまくサイドから仕掛けることができていました。

後半23分、日本は松井に代えて岡崎を投入。カメルーンは高さのあるイドリスらを投入して攻勢を強め、イドリスの仕掛けを中澤がうまくカバーしたり、阿部が自陣でインターセプトされてウェボに裏を狙われる(オフサイド)など危ない場面もありましたが、日本も長谷部のミドルから岡崎が狙うなど、チャンスをうかがっていました。矢野貴章・稲本を投入した日本は、どんどんボールを縦に入れてくるカメルーンにムビアのミドル(バーを叩く)、右サイドのクロスをウェボに合わされるピンチはあったものの凌ぎ切り、1-0で見事所詮に勝利しました。


初戦カメルーンはなかなか難しい試合でしたが、個々が集中して守備から入り、よく守っていたのが大きかったですね。中盤の長谷部・阿部はもとより、長友はエトオをよく抑え、中澤もポイントポイントでよくカバーしていました。川島もよく集中してよく守っていましたね。エトオが中で点を取りに行かず、外で起点を作る役割に徹するなど、カメルーンの布陣の影響はあったと思いますが、日本の守備が、後半守勢に回りながらも集中を切らさずによく守りましたね。

攻撃に転じても松井が右サイドで起点として良いアクセントとなって、ドリブルからアシスト。大久保もサイドから仕掛けたり、本田とポジションチェンジをしたりでうまく攻撃の起点となり、相手両SBの攻撃参加を減らしたことは案外大きかったのかもしれませんね。初戦の勝利は大きかったですが、監督も選手も浮かれず、すでに次のオランダ戦に目を向けています。これからも難しい相手が続きますが、日本が初戦に勝ったことでワールドカップがもっと楽しみになってきました!

スポンサーサイト
2010.06.15 07:50 | 戦評・W杯ほか | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/1063-4717c5b2

| ホーム |