FC2ブログ

yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
日本が引分け以上で決勝ラウンドに進出できるこの試合、序盤はデンマークペース。デンマークはコンパクトな布陣を維持して日本の前線へ楔として入れるボールを意識して潰し、サイドを広く取って日本のプレスを分散させつつ、縦への楔を積極的に入れてそれをフォローし、日本が中に絞ろうとすると外に起点を作り、そのクロスをトマソンがファーに流れる動きで中に入るなどして、何度かチャンスを作ってきました。

日本はその攻めに対して中のマーキングが曖昧になることもありましたが、その難しい時間帯を身体を張った守りで何とかしのぐと、徐々に本田だけでなく松井や大久保も起点となってボールを前に運べるようになり、17分に本田が直接FKから先制点を奪うと、30分には本田のFKを警戒させて、意表を突いた遠藤の直接FKで大きな追加点を奪い2-0。日本からしてみれば、前半はこれ以上望めない上出来の展開。点を奪ってからは繋ぎにも周り見る余裕が出てきました。

34分に早くも交代のカードを切っていたデンマークは、後半に入っても焦らずにボールを繋いでバイタルエリア付近に起点を作り、横の揺さぶりからロンメダールらのクロスでチャンスを作ってきましたが、それに得点には繋がらず。すると56分にはCBクロルルップを削って長身FWのラーセンを、63分には中盤のカーレンベリに代えてエリクソンを投入。前に人数を掛けて低い位置からロングボールを入れて、そのセカンドボールを拾うような戦い方に変えてきました。

それに対して日本はサイドから入るボールの時よりも、相手の攻めが単調になった分ボールを跳ね返す部分をしっかりできるようになり、カウンターからうまく繋いでチャンスを狙って行きました。81分に長谷部のファウルからPKを与えて失点するものの、87分には大久保を起点にドリブルで切れ込んだ本田が相手を引きつけて折り返し岡崎がダメ押し。88分には大久保に代えて今野を左SBに入れて長友を一列上げ、警告を受けていた遠藤を稲本に代えるなど、冷静な試合采配で締めくくり3-1で勝利、グループリーグを2位で突破しました。


序盤は日本が作ろうとする前線の起点を確実に潰し、ピッチを広く使って思っていたよりもうまいボール繋ぎで縦への楔、外への展開をうまく使い分けるデンマークを相手に劣勢にならざるをえませんでしたが、この時間帯にきちんと守備から入って粘り強く守り、先に失点を許さなかったことはひとつの大きなポイントでした。さらになかなか直接FKが決まることがなかったこの大会で、2つの直接FKでリードを奪えたことも大きかったと思います。2点目は本田のFKを利用してうまく裏をかきましたね。

後半に入って勝たなければならないデンマークに焦りが見えて横の揺さぶりがなくなり、後方から縦に放り込んでこぼれ球を狙う単調な攻めになったことで、闘莉王・中澤を中心に跳ね返してセカンドボールを拾うシンプルな守りになったこと、いい場所に顔を出していたデンマークのトマソンが何度も決定機を作りながら、それを得点に繋げられなかったことも助けられましたが、うまくしのぎきってカウンターからダメ押し。理想的な勝ち方ができたと思います。

劣勢にある時には割りきって守備ブロックを作って粘り強く守り、本田が前線の起点として厳しいマークに遭うと、松井・大久保のドリブルをアクセントとしてそれを遠藤・長谷部がフォローするなど、的確に状況を判断し、チームとしてどうすべきなのか方向性が統一され、個々の選手も集中していました。直接FKが2本も決まったことは運もあったかもしれませんが、チームとしてやるべきことをやりきったからこそ、生まれた勝利だったと思います。次のパラグアイ戦も簡単な試合にはならないと思いますが、今持てる力を出しきっていけるところまで頑張って欲しいですね。

スポンサーサイト
2010.06.25 12:57 | 戦評・W杯ほか | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/1079-118558aa

| ホーム |