FC2ブログ

yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

ちょっと今週はいろいろバタバタしていて、ブログで磐田戦・新潟戦とじっくり試合のことを振り返って書く時間がなかったのですが、今から試合そのものを振り返ってもアレなので、二試合を戦った東京を見て感じたことをちょっと書いてみたいと思います。


まず一番気になってたのが中盤の構成力の低下です。とりあえずここ3試合ほど欠場している徳永の不在が、中盤の構成に少なからず影響を及ぼしていたと感じました。徳永も今季の米本不在を受けて急遽ボランチに起用された経緯がありますが、ゴールに直接絡む仕事という点は及第点とは言えずとも、梶山不在の頃から試合経験を重ねることで、ボールを引き出す、動かすという部分は徐々に向上してきています。

しかしその徳永が欠場したことで、森重が代わりにボランチ起用されました。湘南戦は相手が引き気味で、個々の守備の厳しさもさほどではなかったこともあって、十分にその持ち味を発揮し得点も挙げましたが、相手が中盤のスペースを埋めて厳しくプレスしてくる磐田・新潟相手には、連戦や膝の影響か運動力も足りなくなって、その持ち味を十分に発揮することができませんでした。CBとは求められるプレーや運動量も違いますし、急造でいきなりプレーするには難しい面があったかもしれません。

それは梶山負傷の影響で、急遽先発起用されることになった高橋や、後半森重に代わってボランチ起用された今野にも言えることで、ある程度無難にボールを動かしていくことはできても、厳しいプレッシャーの中でどう効果的にボールを動かしていくのか、ここは意識して経験を積んでいかないと難しい部分なんでしょう。チームとして日程的に厳しい中で、ボールを引き出していくという部分の運動量という点で、チーム全体が厳しい面もあったと思います。

湘南戦の森重を見て、徳永が戻ってきたら右SBに戻してみてもいいんじゃなかろうか?と感じていたのですが、磐田戦・新潟戦のように中盤から厳しくプレスしていく相手だと、中長期的に一試合通してコンスタントにプレーしていくのは厳しいと感じました。高橋も戦力になって欲しい存在ですが、もう少し時間が必要なのかもしれません。今野を前に上げるというのはおそらく攻撃的オプションとしてであって、ボランチとして起用するとなると、城福監督にしてみれば相当の決断になるはずです。

ここ数試合を見た限りでは、徳永が戻ってきたらボランチに据えざるをえないのではないかと感じています。梶山もここのところ良いプレーが多い一方で、イメージにプレーが追いつかず危ないプレーが散見されています。手術した部分とは別の部位を痛め、本調子ではないということもあったんでしょう。組み立てを考えた時に梶山の存在感はやはり大きい。新潟戦は結果的に前半をしのげなくて残念な結果に終わりましたが、本当はあまり無理をさせたくない状態なのかもしれませんね。


今季の東京は、チーム全体としてポゼッションすることを前提に戦術を組み立てているところがあって、ポゼッション出来なかった時にはどうしても苦しい戦い方にならざるをえないようなところがあります。

例えば攻撃にしても、中断明けの東京はサイドに起点を作ってリカルジーニョにサイドで勝負させるという形を作っています。あれは二人相手でも勝負できるリカルジーニョに勝負させることは効果的ですが、それだけだと2トップのうちの1枚がサイドに流れている分、大黒にはマークが集中し、中の枚数が足りません。ある程度ポゼッションして全体を押し上げてボールに絡む人数、飛び出す人数を増やすことがなければ、それをゴールに結びつけるのは難しいと言えるでしょう。

また今起用されていることの多い松下・中村北斗の両SBも、チームがいい感じでポゼッションできているときには、タイミングの良い攻撃参加でいい攻撃のアクセントになっているのですが、チームのポゼッションが上手く行かず守勢に回った時は、その個の守備力が若干心もとなく映ります。正直攻守ともにボランチの安定による部分も大きいわけで、そこを安定させるのが前提ですが、守備を考えるとどちらかのサイドはもう少し守備に安定感が欲しい。新潟戦の椋原は同じことを考えた起用だったんでしょうか。


とはいえ、ここ数試合は城福監督も言及していたように、連戦で相手よりも日程的に厳しかった試合が続いた影響もあるでしょうし、もう少しすれば徳永も戻って来ます。梶山にある程度目処が立てばという前提付きですが、ポゼッションが出来ればチームとして点が取れる兆しも見えてきていますし、戦いようがあるのかもしれないとは感じるところです。変えざるをえない状況も今後出てくるでしょうが、城福監督もあんまりいじり過ぎずに、腹を据えて戦ってみてもいいんじゃないでしょうか。

権田が戻ってきたのも守備の安定という点で大きいですよね。この微妙な連戦が続いた今度の水曜日にスルガ銀行チャンピオンシップがあったりするのは、これまた微妙な日程だったりもしますが、その次の試合は日曜日。うまく水曜日の試合で弾みを付けて名古屋戦に臨めるよう、水曜日の試合も頑張っていきましょう。

スポンサーサイト



2010.08.02 01:13 | FC東京 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/1123-6f43cc0c

| ホーム |