FC2ブログ

yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

この試合名古屋は、守備時は3トップのWG玉田・金崎が両サイドに下がる4-1-4-1の布陣を取ってブロックを作ったものの、1トップのケネディと2列目真ん中のブルザノビッチ・マギヌンが効果的にプレッシャーを掛けられず、東京は少し後ろでボールを回せば、梶山・森重のところで前を向くことにができました。それで特に梶山が前を向いた時にはアンカーのダニルソンがプレッシャーを掛けにきたことで、中盤と最終ラインの4枚の間にはスペースがあり、そこが攻略ポイントでした。

確かにダニルソンは個の能力はポテンシャルの高さを感じさせましたが、中村不在も響いたのか、外国籍選手3人で中盤構成したチームの組織的守備は機能してなかった印象。ブロックを作る守備もやや中に絞る傾向が強く、ゴール前を固めてサイドはさほどプレッシャーもなかったりで、プレッシャーの少なかったバイタルエリアで大黒・平山がポストプレーで起点となり、石川もサイドチェンジから外を縦に抜けたり、中に絞って阿部を引きつけ、椋原の攻撃参加を引き出していました。

名古屋の最終ラインが起点を潰そうとして絞ってできたサイドのスペースに、羽生は大外から入ってきて何度か決定的な形を作り、平山も大黒のパスからミドルを狙ったものの楢崎に阻まれてバーに当たってしまいました。一方で阿部・ダニルソン・マギヌンのトライアングルも東京が意識してケアしたせいか、効果的に機能することは少なく、時折高い位置でボールを持った金崎・玉田のドリブルは脅威だったものの、おそらく対策として起用された北斗・椋原の両SBが粘り強く対応していたと思います。

名古屋の前線のタレントは脅威ではあったものの、うまく名古屋の攻めに対処して、決定的なチャンスを作り出すという点では東京は狙い通りの戦い方ができていたと感じました。ただそんな時間帯をゴールに繋げることができなかったことで、名古屋にも付け入る隙を与えてしまった部分はあったと思います。後半は名古屋も無理に攻め急がず、サイドから仕掛ける金崎や玉田にボールを預けて、セットプレーでチャンスを見出せばいいというような戦い方に切り替えてきたことで、東京のリズムで戦える時間が徐々に減っていきました。

東京にしても後半の交代で徳永の置くポジションをボランチからサイドに修正したりと、交代から攻め切るリズムを再度作り出すまでに時間が掛かったり、選手コメントにもあったようにシュートに行くべき時とパスに行くべき時の判断の精度の問題もあったかもしれません。最後の三都主の意表を突いたセットプレーにしても、予想できていなかったのか、対応が後手に回りました。確かに難しいゲームではありましたが、こういうゲームを勝ち切るには、色々な意味でまだ少しずついろいろな意味で足りなかったように感じました。

大黒の加入によって、彼自身が優れたチャンスメーカーでもあり、得点の匂いがするチャンスは確実に増えました。ただ逆に言えば当然のことながらマークが厳しくなる大黒以外が、どれだけチャンスを決められるかで、チーム全体の得点力は大きく変わってきます。試合を決められる選手が大黒だけでは、リーグ戦残り半分を戦っていく上で苦戦は免れません。どうやってチャンスを点に繋げていくか、セットプレーをもっと活用することもそうですし、試合を決められる選手がもっと出てきて欲しいし、成長して欲しい。そこが東京が後半戦順位を上げていくための重要なポイントになりそうだと感じました。


【東京】SH20(枠内9) GK10 CK12 オフサイド1 Keep52%
GK塩田
DF椋原、今野、キムヨングン、中村
MF森重真、梶山、石川(→'83リカルジーニョ)、羽生(→'59徳永)
FW平山(→'78重松)、大黒
SUB:GK阿部、DF松下、MF大竹、FW赤嶺

【名古屋】SH10(枠内5) GK12 CK7 オフサイド4 Keep48%
GK楢
DF田中隼、闘莉王、増川、阿部
MFブルザノビッチ(→'68小川)、ダニルソン、マギヌン(→'82三都主)
FW金崎、ケネディ、FW玉田(→'78杉本)
SUB:GK西村、DF竹内、千代反田、MF磯村

【得点】
名古屋:'90+4闘莉王

【警告】
東京:'45羽生
名古屋:'70金崎、'80杉本

スポンサーサイト



2010.08.10 12:58 | 戦評・東京 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/1133-e2aa19f8

| ホーム |