yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
なかなか厳しかった名古屋相手の敗戦ですが、これで新潟戦に続き2連敗。リーグ戦は中断明け1勝3分2敗となかなか波に乗れていませんが、そんなことはお構いなしに鹿島、そしてC大阪・広島と連戦で難敵が続きます。なかなかベストメンバーが揃わない難しい状況ではありますが、チームにしてみれば厳しい状況だろうと、どうやって勝機を見出していくかを考えていかねばなりません。

GK権田はまだ復帰できない状況のようで、羽生も左ふくらはぎ違和感で欠場濃厚、梶山も練習中に負傷した模様です。またキムヨングンも水曜日に韓国代表の試合でフル出場しており、コンディションが気になるところ。負傷から復帰の徳永もフルにできるのかは未知数で、どうメンバーをどう組み合わせて勝機を見出していくのか、そこがこの試合のひとつのポイントになりそうです。予想スタメンはこんな感じです。

GK塩田
DF椋原、今野、キム(森重)、中村
MF草民(徳永)、森重、石川、徳永(松下)
FW大黒、平山(リカルジーニョ)

大黒と組むのは平山かリカルジーニョか。勝機を見出していくには先制点が大きなカギを握りそうだけに、その組み合わせもまた気になるところではありますね。


対する鹿島はここまで10勝4分3敗の3位。前節の清水戦では1-2で敗れ、マルキーニョスが負傷で欠場の模様ですが、出場が予定される大迫・興梠の2トップは近年の対戦でも得点を許している選手でもあり、東京にしてみれば楽観できる状況ではありません。首位攻防戦に敗れた直後の試合、絶対に連敗はできないと考えているでしょうし、難しい試合になりそうです。予想スタメンはこんな感じです。

GK曽ヶ端
DF新井場、岩政、伊野波、ジウトン
MF小笠原、中田浩、野沢、フェリペ
FW大迫、興梠

ベースとなるのは4-4-2の布陣。中断期間の移籍で最終ラインに多少の変更があり、前線で強力な起点となっていたマルキーニョスの不在は影響があるとは思いますが、興梠・大迫はそれぞれボール引き出す形を持っていますし、特に野沢と右SB新井場のコンビ、左SBジウトンの攻撃参加で作るサイド攻撃、そのクロスにゴール前に絶妙なタイミングで入ってくる興梠、セットプレーは要注意と言えるでしょう。

大迫・興梠コンビだとサイドで二列目と起点を作り、そこにSBの攻撃参加を絡めてくるサイド攻撃がポイントで、その波状攻撃を食らうとゴール前の守りがだんだん怪しくなってきます。受身に回らず特にボランチには確実にプレッシャーを掛けて、サイドにボールが入ったところで確実に潰すこと、守りをはっきりさせて連続した流れを断ち切ることです。その流れの中で不要なファウルをせず、セットプレーの機会を減らすことも重要になってくるのは言うまでもありません。

鹿島を攻略するためには、中盤守備でのフィルタを機能させないことがひとつのポイント。攻略という点ではポゼッションのみにこだわるのではなく、サイドチェンジから逆サイドで石川に勝負させる、数的優位を作り出して勝負する形も欲しい。現時点での鹿島最終ラインは連携面などを考えても安定感があるとは言い難い状態で、大黒が駆け引きできるボールを入れていくことができれば、勝機は十分に見いだせるはずです。

鹿島を相手にした時に、先に点を取られると守備をベースに効果的なカウンターを狙うような展開に持ち込まれて、厳しい試合になることが多いのはこれまでの試合からも明らかです。やはりポゼッションして相手の時間を減らしつつ、先手を取った守備で先に失点しないことが大前提。その上で形を作ろうとしたときにはきちんと攻め切って先制点を奪うことが重要なポイントになってきます。

またスタメンが予想されるメンバーの中でも、特に中盤は負傷などもあったりで、フルでどれだけ動けるのか怪しいメンバーも多く、前線を含めた選手交代も、連戦を見据えての選手のやりくりも視野に入れての難しい判断になるでしょう。ただ三連戦の初戦だけに、ここでどう戦い抜けるか、結果を残せるかで残り二試合にも少なからず影響の出る戦いです。チーム一丸となって闘い抜いて何とか勝利をものにしたいですね。

スポンサーサイト
2010.08.14 01:00 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/1137-0bf74b78

| ホーム |