yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
中断明けリーグ戦1勝3分2敗というなかなか勝ち切れない状況に加え、この連日の猛暑と相まって、なかなか難しい連戦が続きますが、そんな中で東京はアウェーのC大阪戦を迎えます。しかし東京は羽生こそ負傷で離脱しているものの、GK権田、MF梶山の復帰が濃厚なのは大きいですね。徳永の二列目起用は守備のバランスも意識してのものでしょうか。予想スタメンはこんな感じです。

GK権田
DF北斗、今野、キム、松下
MF森重、梶山、石川、徳永
FW大黒、リカルジーニョ

前線は久しぶりの大黒・リカルジーニョセットの模様。中断明け直後は期待を抱かせた組み合わせだけに、先制点を奪う切り札として期待したいですね。


対するC大阪はここまで8勝6分4敗の7位。序盤こそもたついたものの、気がついてみたら上位を追いかける位置をキープする順位。中断期間に香川が移籍したものの、大分から加入していた清武が起用に応えてそのポジションを埋め、大きな穴とはならなかったようです。アマラウが警告累積で出場停止となるようですが、そのポジションは羽田が埋める模様。予想スタメンはこんな感じです。

GK松井
DF高橋、茂庭、上本(藤本)、丸橋
MF羽田、マルチネス、乾、清武
FW家長、アドリアーノ

ベースとなるのは4バック。実質的にアドリアーノの1トップに乾・家長・清武が二列目に並ぶような布陣です。基本戦術としてはボランチで起点となるマルチネスを配給役に、左SB丸橋のサイドチェンジなどを絡めてボールを動かし、1トップのアドリアーノ経由、あるいは直接3シャドーの家長・乾・清武にボールを収めて、それにアドリアーノやSBの攻撃参加も絡めた連携プレーでゴールを狙ってきます。やや気まぐれな面もありますが、強力な攻撃陣です。

基本的にC大阪の攻撃は3シャドーにいい形でボールが入るかどうかでクオリティが大きく変わってきます。まずは低い位置で起点となるマルチネス・丸橋にプレッシャーを掛けて簡単にプレーさせないこと。彼ら以外から始まる攻撃の精度はさほど高くありません。1トップに入ったボールは確実に起点を潰し、3シャドーはうまくコンパクトな布陣を維持してパスコースを分断し、セカンドボールを拾わせない。これで攻撃の幅が確実に狭くなるはずです。

守備は茂庭・上本のCBコンビをベースとした4バックに変更してから安定しましたが、基本的には相手の攻めを遅らせて、人数を掛けて守るのがベース。ただ高橋にしても丸橋にしても本職のSBではなく、ここ最近はサイドから本格的に攻略するようなチームとは対戦していません。CB二枚はボールホルダーに積極的にアプローチして粘り強く守ってきますが、SBは連携した守備という点で、厳しい局面に晒されたことが少ない印象です。

C大阪は前線4人が攻め残り気味なのが不気味ですが、彼らの守備参加は気まぐれな面もあります。サイドに流れるリカルジーニョ・石川がサイドに起点を作って、そこから中盤・SBが絡むような形から、数的優位を作って突破口を作り、CBの積極的なアプローチを逆手に取ったスペースメイキングと組み合わせてゴールを脅かしたいですね。この猛暑の中の連戦はなかなか厳しいものがありますが、それは向こうも同じです。これからの反攻に向けてまずはここが勝負どころ。競り勝って勝点3を持って帰りたいですね。

スポンサーサイト
2010.08.18 07:04 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/1143-5a7f16df

| ホーム |