FC2ブログ

yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

連戦の影響もあったのか、鹿島戦あたりからチーム全体の運動量が減退していてコンパクトなライン、ボールを引き出すようなを維持できず、攻守にチームとしてのリズムが作れていないことはずっと気になっていました。そんな中でこの試合負傷で離脱していた梶山がスタメン復帰。メンバー構成が気になっていたのですが、城福監督は徳永の左サイドMF起用、松下の右SB起用という形でゲームに入りました。

しかしボールを動かす部分、中盤で効果的な守備ができないという部分は相変わらずで、逆に初めてのポジションに戸惑いの見えた徳永がいる左サイドをC大阪に狙われていきなり失点してしまいました。鹿島戦もリズムが良くない中で何とか踏ん張っていたのは、椋原・北斗の両SBの奮闘があったから。今回も計算できるそのセットを起用する選択肢はあったと思うのですが、セットプレーで松下のキック精度を活かしたいという欲があったんでしょうか。

また連戦の影響もあったのか、ここのところ今野やヨングンなどは明らかに動きにキレを欠いており、梶山の復帰を考えれば例えば森重を下げてヨングンを休ませても良かったのかもしれません。中盤が機能しない中で最終ラインも踏ん張る力が足りず、前節流れも変えた今野と森重のポジションチェンジも功を奏さないまま劣勢が続き、逆に森重が二枚目の警告で退場。前半からビハインドで一人少ない厳しい状況に置かれてしまいました。

前線で久しぶりに組んだ大黒-リカルジーニョのコンビにも期待していたのですが、リカルジーニョがサイドで起点を作る動きをしても、石川や徳永にしてもサイドから崩そうという意識が強くてリカルジーニョと被ったり、中の枚数も足りないという状況に。チャンスメーカーのリカルジーニョを起用するなら、中盤の選手をゴールを狙う意識を高めていくことが必要でした。羽生不在の影響はボールを引き出す動きだけでなく、こういう部分でも影響があったのかもしれません。

梶山の先発復帰に期待する部分も大きかったのでしょうが、問題はボールを動かしていく部分だけでなく、ボールを引き出す動きの少なさにもありました。大黒-リカルジーニョコンビの特徴を考えれば、中に切れこんでゴールに絡む動きの少ない徳永の二列目起用は組み合わせに疑問が残りますし、初めての起用で機能しない可能性を考えれば、守備にはもう少ししっかり考えても良かった。この試合の起用に関しては機能しない部分があまりにも多く、見通しが甘過ぎたと言われても仕方のない部分があったと感じました。

今季二回目退場の森重は次節から二試合出場停止となり、あまり選択の余地はなくなってしまいましたが、ある程度守備が計算できる組み合わせ、前線のセットに相性の良い組み合わせを意識することは必要です。連戦の中では運動量も重要で、効果的なプレーを選択していくことも重要になってきます。機能させるためには迷いの少ないオリジナルポジションで起用した方がいいのは言うまでもないでしょう。なかなか勝てない状況ですが、こういう時は新しいことをするよりも原点回帰。いい守備から入ってリズムを取り戻すことを思い出すべきではないでしょうか。


【東京】SH8 GK18 CK4 オフサイド3 Kepp44%
GK権田
DF中村、今野、キムヨングン、松下
MF森重、梶山、石川(→'66重松)、徳永
FWリカルジーニョ(→'56大竹)、大黒(→'56平山)
SUB:GK塩田、DF椋原、MF鈴木、草民

【C大阪】SH21 GK13 CK2 オフサイド0 Keep56%
GK松井
DF高橋、茂庭、上本、丸橋
MF羽田、マルチネス、乾(→'76石神)、清武(→'76黒木)
FWアドリアーノ(→'46小松)、FW家長
SUB:GK丹野、DF藤本、MF酒本、FW播戸

【得点】
東京:'86大竹
C大阪:'4アドリアーノ、'50高橋、'80黒木、'87石神

【警告】
東京:'33・'37森重(→退場)、'74今野、'74キムヨングン
C大阪:'30アドリアーノ、'56清武
スポンサーサイト



2010.08.20 07:40 | 戦評・東京 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/1146-3a0de2d5

| ホーム |