yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
広島は1トップ・2シャドー・両サイドがかなり高い位置取り。そんな位置取りに東京は最終ライン・ボランチが引っ張られて二列目・FWが孤立。後ろで数的優位を作ってなかなか東京に起点を作らせない広島は、詰まったらストヤノフに戻して何度もゲームを作り直し、東京が何とか広島の攻めをカットしても、人数を掛ける広島に高い位置からプレスを掛けられ、ビルドアップに苦しむことに。苦し紛れに縦に入れても個々が孤立して潰されてなかなか起点を作り出すことができませんでした。

東京が落ち着いてボールを回すと、広島の両サイドは引くものの、サイドにフタをされてしまい、東京のSBを2シャドー、ボランチも広島の2ボランチがマーク。2トップに人がしっかり付いて一人が余る形で中をしっかり抑えられていました。常に中の枚数が足りない状態が続き、そのブロックの外で無難に回すばかり、意外性のない東京の攻めはその広島の守りを崩そうという意欲にも乏しく、完全に封じられてしまいました。

そんな厳しい状況の中、5人の高い位置に後ろが引っ張られ、前の人数が足りない状況。相手の低い位置からの繋ぎに対して効果的に抑えられず、広島がサイドを起点に2シャドーやボランチが絡むと人数が足りなくなって守備ブロックも片方のサイドに寄せざるをえなくなり、逆サイドに振られると人数が足りなくなるのは必然。2失点とも大きなサイドチェンジからで、1失点目は服部にここしかないというところに決められ、2失点目は服部のクロスを佐藤寿に粘り強く決められてしまいました。

点が繋がる気配が乏しい中で、先の失点にすることは致命的。57分の1失点目は相手を褒めるしかないシュートでしたが、65分の2点目が決まると、残り30分近くあるはずなのに、まるで終了間際であるかのような印象を受けました。試合の趨勢が決まってからのリカルジーニョ投入は流れを変えるには至らず、得点してからは両サイドも引いてしっかり守りを固めた広島に対して孤軍奮闘を潰されるという厳しい結果に終わり、0-2とスコア以上の完敗を喫することになってしまいました。


正直この試合広島に対して苦戦するだろうとは感じていました。広島は連敗していたとはいえ、やりたいことができていなかったわけではなくて、相手が広島を研究して抑えるべきところを抑えて、取るべき時に点を取ってきたから勝てなかっただけ。広島はこういうケースにはこうするというトレーニングを徹底的にこなしてきていて、そこがハッキリしているから選手もひとつひとつの局面に対して何をすべきか迷いが少ないチームです。

連戦で時間のない部分はあったにしても、ここ数試合の広島の戦い方は変わっていないですし、相手の特徴を消してどう戦うのか、対策を考えることはできたはずです。しかし試合を見る限りでは相手の戦い方にどう対処していくのか、どう形を作っていくのかというイメージは感じられず、逆に東京を相手にどう攻めてどう守るのか、しっかりと対策をしてきたと思われる広島に完全に封じられ、完敗を喫しました。ここまで苦しい戦いになったのはチーム状態だけの問題ではないでしょう。

広島は東京のボランチに対して1トップ2シャドー+1枚が意図的にプレッシャーを掛けてきていましたが、そこを厳しくマークされた時に、周囲にボールをどう動かすのか、どういう動きが必要なのかという部分が曖昧になってきています。羽生不在の影響はもちろんあるでしょう。ただ全体的にボールホルダーに対して、どうフォローして複数の選択肢を作っていくのかという部分ができなくなってきていて、そこはきちんと意識付けしていかないことには、問題は解決しません。

選手は頑張っていないわけではなくて、目指すべき方向性、どういう形を作るためにこういう形が必要だということが曖昧になってきているから、孤軍奮闘になっているわけですよ。また一方で相手も東京の戦い方に対して明らかに対策を立ててきています。こういう時に必要なのは今何が問題なのか、もう一度自分たちの戦い方を整理して、戦う気持ちをどうやってひとつの方向性にまとめて、具体的なイメージとして持つか、一方できちんと相手を対策して封じ、結果に繋げるかきちんと考えることです。

こういう状況で一番危険なのは、戦う気持ちというが足りないという精神論に走ったり、選手を変えれば問題が解決するというような、安直な結論に至ってしまうことです。多少選手を入れ替えたり、並べ替えただけでは、根本的な問題は解決しません。次の神戸戦以降はナビスコ杯清水戦2試合、天皇杯、浦和戦と再び連戦になります。そうなったら修正は難しくなりますし、この一週間でどう立て直し、戦えるチーム状態に持っていけるのか、非常に重要になってきますね。ここが踏ん張りどころですよ。


【東京】SH5(枠内3) GK14 CK6 オフサイド3 Keep51%
GK権田
DF中村、キムヨングン、椋原、徳永
MF今野、梶山、石川、松下(→'45大竹)
FW平山(→'58重松)、大黒(→'66リカルジーニョ)
SUB:GK塩田、DF高橋、MF鈴木、田邉

【広島】SH15(枠内8) GK3 CK3 オフサイド0 Keep49%
GK西川
DF横竹、ストヤノフ、槙野
MF森脇、中島、青山、服部、萩(→'82田)、森(→'92丸谷)
FW佐藤(→'76李忠成)
SUB:GK中林、MF清水、大、山

【得点】
広島:'57服部、佐藤
スポンサーサイト
2010.08.22 11:44 | 戦評・東京 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/1151-b81bc5b4

| ホーム |