yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
10戦勝利なしという難しい状況が続き、城福監督がついに解任。大熊新監督が就任した初戦大宮戦も結果には繋がりませんでしたが、徐々に大熊監督らしさも浸透していくでしょうし、これからです。高橋、梶山、米本、鈴木達也などはもう少しかかりそうですが、羽生は復帰する模様。ゲームのリズムを作れる羽生が戻ってきたのは大きいですね。負傷者が戻ってくるまでまだちょっと層の厚さに不安がありますが、いるメンバーで何ができるのかを考えていきたいところ。予想スタメンはこんな感じです。

GK権田
DF椋原、今野、キム・ヨングン、中村北斗
MF徳永、森重、石川、リカルジーニョ(松下)
FW平山、大黒(リカルジーニョ)

平山へ縦に入れていく部分はできていましたし、これからはもう少しシンプルに大黒の動き出しを活かすイメージも意識したいところ。そこが使えるようになってくれば、また変わってくるのではないでしょうか。


対する湘南はここまで3勝6分15敗の18位。13節の京都戦以来11試合勝利がなく3分8敗という状態で、直近3試合でいうと磐田には2-3と競り負け、川崎には1-6と大敗しましたが、前節山形戦は立て直して先制してリードを奪い試合は1-1で引き分けています。今節は田原が出場停止、ジャーンが負傷で欠場濃厚という状況のようですが、前線の3トップの一角に入っているFW阿部はここ5試合で3得点と調子を上げてきています。予想スタメンはこんな感じでしょうか。

GK野澤
DF臼井、村松、山口、鈴木
MFハン(田村)、寺川、坂本
FWエメルソン、阿部、馬場

ベースとなるのは4-3-3の布陣。4バックの前にアンカーを置き、寺川・坂本の二列目がボールを引き出し、サイドからの仕掛けで3トップの運動量を活かすような戦い方をしてくるようです。最初から引いて守るのではなく、前線から追って中盤で起点となる相手選手を人数を掛けて囲み、ここでボールを奪って逆襲を狙ってきます。前線に高さがない分、縦の楔はあってもロングボールを入れることは少なく、エメルソン・阿部にいい形でボールが入った時のコンビプレーが生命線です。

オプションとしてバウドはベンチ入りして来るかもしれませんが、前線の3人には高さがないこともあって、二列目の寺川・坂本が精力的に動いてボールを引き出し、サイドから仕掛けていく形が多そうです。クオリティ的にプレッシャーのある中ではパスの精度も落ちてくることが多く、できれば攻守の切り替えを意識して中盤の繋ぎ、二列目に入るところでボールを奪い、早めに潰していきたいところ。阿部のいったん消えて入ってくる動きは、いいボールが入ってくると怖いだけに、まずシュートまで持って行かれるような形を極力減らしたいですね。

湘南はリトリートしてブロック守備を作るというよりは、前からボールを追い込んで中でボールを奪って逆襲を狙っている印象。そこで振り切られてサイドに展開された場合はサイドにプレッシャーを掛けつつ、中に人数を掛けて何とか守りきろうという形を作っていました。中盤のアンカーの横は空きますし、クロスにはややボールウオッチャーになる傾向もあり、ファーから入ってくる部分には対応は後手になりがち。ポイントはあるのでどこにどう起点を作って、手数を掛けずにゴールを奪えるか。そこがポイントになってきます。

いったん中盤で相手のボールの奪いどころを何とか外して、平山が引いて受ける、サイドに展開して起点を作ることが一つめのポイントなんですが、そこから時間や手数を掛けたら意味がないんですね。時間を掛ければ湘南も人数を掛けて守ってきますし、そうなってくるとクオリティが高い攻めの形を作らないとゴールを奪えなくなります。サイドからシンプルに追い越してフリーの形を作り、GKとDFの間に速いボールを入れる、ファーに入れる、マイナスに折り返すといった具体的なイメージを持ちたいところ。イメージの共有は重要なポイントです。

湘南もなかなか勝てない厳しい状況が続いていますが、反町監督の下でスモールクラブであることを自覚して、できることをやりきろう、自分たちの良さを出す時間を増やそうということで、前向きに取り組んでいるチーム。高さのある選手をオプションとしているのは、簡単にボールを失いたくないという現実的な判断もあるでしょうし、クオリティとしては時として厳しい部分もありますが、反町監督はその上でどうするのか、何ができるのかを考えている、非常に興味深いチームです。

東京としてはまず降格圏から脱出したいわけで、湘南からすればそんな東京の焦りを誘って、チャンスを狙おうとしてくるわけですよ。ここで大切なのは適度なテンションで試合を臨み、チームの力を出し切れるのかどうか。勝てないとどうしてもプレッシャーから動きが硬くなって視野も狭くなり、疲れるのも早くなってきます。むしろサポが試合を楽しむくらいの雰囲気を作り出せたらいいと思うんですよね。国立の試合はいい気分転換になりますし、ここで勝ってリズムを取り戻したいですね。

スポンサーサイト
2010.10.02 21:46 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/1205-78315d9e

| ホーム |