yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
仙台戦は残念な敗戦に終わりましたが、前節負傷離脱から復帰した羽生に加え、同じく負傷を誤魔化しながら出場を続けた結果として負傷離脱していた梶山も、この試合で復帰することになりそうです。ゲームメイクの幅という点で梶山のキープ力・展開力と、羽生のアクセントは大きな差。どうしてもシンプルな攻めが多くなっていた現状では、やはりその存在感の大きさを感じていましたが、やはり復帰となると期待は大きくなりますね。

また長期離脱していた米本はベンチスタートになりそうですが、梶山・羽生の二人が復帰しただけでも大きいですし、細かいディテールを積み重ねながら、調子を上げていってくれればいいと思っています。これまではメンバー構成的に選択肢が少なく、どうしても戦い方も単調にならざるをえませんでしたが、羽生は大黒との相性も良く、周囲も活かせます。リカルジーニョとの使い分けもできそうです。予想スタメンはこちらです。

GK権田
DF椋原、今野、森重、北斗
MF梶山、徳永、石川、羽生(リカルジーニョ)
FW大黒、平山

上記の3人に加えて鈴木達也、高橋といった離脱者もそろそろ戻ることができるはず。苦しい戦いが続きましたが、反撃はこれからですよ。巻き返していきたいですね。



対する新潟はここまで10勝8分8敗の10位。マルシオ・リシャルデスが離脱時は苦戦していましたが、復帰した名古屋戦では攻められながらもマルシオのFKでゴールを挙げると、前半だけで3得点。後半名古屋が1人退場したこともあって、チョ・ヨンチョルを出場停止で欠きながら4-1で快勝しました。今節はチョ・ヨンチョルが戻り、三門がボランチに入るようですね。予想スタメンはこんな感じです。

GK東口
DF西、千葉、永田、酒井
MF三門、本間、マルシオ・リシャルデス、チョ
FW大島、ミシェウ

基本布陣は4-4-2。堅実な守備と的確な繋ぎをベースに、マルシオ・リシャルデスと前線のミシェウが近い距離で起点となって相手守備を引きつけ、左サイドのチョ・ヨンチョルの積極的な仕掛け、右サイドバック西の攻撃参加からのクロスを引き出すような形がベースでしょうか。大島はさほど運動量はないものの、前線で確実にポストプレーをこなしますし、ボックス内での決定力はさすがです。セットプレーではやはりマルシオ・リシャルデスの高い精度のキックに要注意でしょう。

やはりマルシオ・リシャルデスとミシェウをどう抑えるかに目が行きがちですが、二人はうまくスペースでボールを受け、余裕を持って前を向いているので、そこを止めに行こうとしてリズムが崩されて、その後の守備で苦しくなっていたり、あるいはファウルで止めざるをえなくなって、セットプレーから点を取られていることが多いわけです。簡単ではありませんが、二人経由の攻撃を減らし、余裕を持たせないよう何ができるかがポイントになるはずです。

前から闇雲に追いかけて中盤にスペースを作るよりは、前線はできるだけ人数を掛けずにコースを切って、精度を落とさせて縦に蹴らせたボールを確実に拾う、コンパクトな布陣を維持して二人に余裕を持って前を向かせない戦い方をしたいところ。特にマルシオ・リシャルデスはキープ力のある選手ですし、新潟の選手はそこに入ったボールは活きると思っています。そこを機能させなければ、いいリズムを作り続けていくことが難しくなります。

梶山が中盤に戻ったことで、ある程度新潟もボランチからの繋ぎを意識した守りをしてくると思いますが、ここまでである程度ボランチを経由しなくても攻撃の形を作れるようになってきているのは、的を絞らせないという点でアドバンテージになるはずです。また新潟の前の4人は攻守の好循環ができている時間帯以外は、攻守の切り替えという点でややムラッ気がある印象。主導権を持った守備のリズムを作ることでカウンターのチャンスに繋げたいですね。

ポイントになるのはやはりサイドからの仕掛け。ある程度ボールサイドに寄って守備をする新潟にはサイドチェンジが有効ですし、カウンターからスムーズにチャンスメイクすれば、新潟の前線は戻らずに攻め残ることが多く、SBの攻撃参加を絡めることによりサイドで数的優位を作れるはずです。左からならサイドに起点を作って西を引き出してCBとの間のスペース、右からは数的優位を作って局面を打開してCBを寄せてファーのスペースを狙うなど、チームとして明確なイメージを持って攻め切ることが重要になってきます。

新潟はSBと周囲が連携して守るという点でやや難があります。またCKなどでもニアでのスペースメイクに飛び込むような同じ形で何度か失点していたりと、付け入る隙はあります。局面を打開できる選手が複数いて、一人ひとりがハードワークできる新潟は非常に難しい相手ですが、状況に応じて判断をハッキリさせて、ブレず迷わずチームとしてやるべきことをやり切れば、勝機を見出すことはできるはずです。力を出しきって、後悔のないような試合を、このホームゲームでは期待したいですね。

スポンサーサイト
2010.10.23 01:06 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(1) |

>新潟の前線は戻らずに攻め残ることが多く

こう分析しているならやられちゃいますよ。
大島以外の前線の選手の運動量はJリーグで群を抜いています。

2010.10.23 09:03 URL | #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/1229-06e0e2c6

| ホーム |