yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
前節の川崎戦は何とも評価のし難いゲームでしたが、リーグ戦もあと残り3試合。どこまで勝ち点を積み上げられるかで来季の運命も大きく変わってきます。しかし名古屋戦では前線で起点となっていた平山が出場停止。椋原をSB、徳永をボランチ、梶山をトップ下に置いたりと、布陣も変更を余儀なくされそうです。予想スタメンはこんな感じです。

GK権田
DF椋原、森重、今野、北斗
MF徳永、米本、石川、梶山、羽生
FW大黒

1トップに入る大黒をどう活かすのか。大黒と梶山・石川・羽生らをどう連携してゴールに近づいていけるのか、それがこの試合の大きなカギを握るでしょう。


対する名古屋は先日湘南戦に勝利してリーグ優勝を決めました。とはいえこの試合では田中隼が警告の累積で出場停止、負傷で離脱中の金崎、ブルザノビッチに加えてダニルソンも肉離れで欠場が濃厚。闘莉王の出場がやや流動的ですが、中盤の構成力やダニルソンの存在感という意味では影響が出そうです。予想スタメンはこんな感じです。

GK楢崎
DF竹内(松尾)、千代反田(闘莉王)、増川、阿部
MF吉村、中村、マギヌン
FW小川、玉田、ケネディ

ベースとなるのは4-1-2-3の布陣。基本戦術としては二列目・前線が流動的に動いて巧みに起点を作って、SB阿部などのサイドチェンジで相手のDF陣を横に揺さぶり、逆サイドからSBの攻撃参加を絡めたサイドの崩しを見せたり、そのクロスにFW・二列目が入ってくるパターン、ファーに入ってからのクロスを落として飛び込んでくるような形、あとは何より高さを活かしたセットプレーは要注意といえるでしょうか。

前が流動的に動くのでどうも捕まえづらいですが、そこでマークの受け渡しを行いつつ、前線の起点を潰すこと、あとは左SB阿部が攻撃のアクセントとなっているので、中盤でのボール回しの際に絡ませないよう分断することで、ダニルソンの不在を考えると、大きな展開は減るはずです。簡単なことではありませんが、連携を取ってできるだけ相手の連携を分断させて追い込み、ボール奪取を狙いたいですね。

名古屋の相手だとサイドで比較的起点を作りやすいですが、そこからどうゲームを作るのかがひとつのポイント。人数を掛けてサイドを攻略する、中盤にできたスペースを突く、大きな展開から逆サイドを狙うといった様々な方法論がありますが、大事なのはどうフィニッシュに結びつけるか。大黒やトップ下に入るであろう梶山はもちろん、両サイドの石川、羽生もゴールも狙う意識が重要になってくるはずです。

名古屋は今季のリーグ戦で優勝したチーム。昨年は相性が良かったですが、それよりは確実にチームとして良くなっていますし、何より多少負傷者が出ても大幅に戦力ダウンしないだけの選手層があります。そういう相手だからこそ先制点は重要になってきますし、勝ち点を得るためのリアリズムもまたポイントになってきます。冷静に状況を見極めつつ、強い気持ちで戦って欲しいですね


スポンサーサイト
2010.11.23 01:29 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/1271-0eacc3b0

| ホーム |