FC2ブログ

yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

前半はほとんど見れなかったので雑感だけ。京都戦以来、久方ぶりに見た東京の試合でしたが、梶山・米本はちょっと元気なかったですかね。早い時間に先制されて相手が守備的なこともあったのか、リカ・大竹のサイド起点とした攻めはやや手詰まりな感があって、米本を下げて石川がサイドに入ったものの、今野を前線に上げて機能しないパワープレーは、京都戦と似たような印象を持っていました。

しかしこのまま敗戦かと思われた後半ロスタイム、大竹のフィードを今野が落とし、これを石川が叩き込んで同点ゴール。延長に入ると呪縛が解けたのか、足が止まった相手にボールが繋がるようになり、大竹の浮き球のパスを平山がダイレクトに叩き込んで勝ち越すと、石川が中に切れこんでGKも交わし追加点。116分にCKから丹羽に1点返されるも、反撃を1点に押さえ3-2。勝って準決勝進出を決めました。


難しかったのは中盤の構成。福岡は結構前からプレッシャーを掛けてくる方でしたが、ボランチがボールを効果的に引き出せなくて、SB経由の攻めが多くなり、大竹やリカルジーニョがサイドを起点にチャンスメイクをしても、それがなかなかシュートまで結びつかず、流れの中から大黒が活きるような形は消えてしまいました。サイドに張るような流動性のないポジショニングは相手も対応しやすいのかもしれませんね。

この試合では二列目にボールが入っても、そこからなかなかスピードが上がらず、フィニッシュまで時間が掛かっていました。攻撃陣も全員が前線に張り付いてしまうのではなく、スペースでボールを受けてギャップを突いていくとか、動きにもう少し工夫が必要だったはず。後半のパワープレーにも言えることですが、結果的にゴールが決まったとは言え攻撃の意図がチームで共有出来ていないと、ゴールを奪うことは難しい。

次の準決勝の相手は鹿島。ここを勝てばG大阪と清水の勝者相手に元旦の国立が待っています。今日の試合で勝ち上がる難しさを痛感しましたし、ここから日程的にも短期間で修正できることは多くないとは思いますが、ここまで来たら勝ち上がりたいと思ったのもまた事実。残り二試合は国立での試合だけに多くのサポも観に行くはずです。強い気持ちで戦って、再び東京らしいサッカーを見せてくれることを期待したいです。


【FC東京】SH19 GK10 CK4 オフサイド7 
GK塩田
DF徳永、森重、今野、中村(→'17キムヨングン)
MF米本(→'73石川)、梶山、大竹、リカルジーニョ
FW大黒(→'60鈴木達)、平山
SUB:GK権田、DF椋原、MF松下、羽生

【福岡】SH8 GK14 CK4 オフサイド5
GK神山
DF山形、丹羽、田中、中島
MF末吉、中町、久藤(→'68田中)、永里(→'99高橋)
FW大久保、城後(→'87岡本)
SUB:GK六反、DF柳楽、MF阿部嵩、鈴木

【得点】
東京:'90+3、'98:石川、'94平山
福岡:'13大久保、'116丹羽

【警告】
東京:'83今野、'119梶山
福岡:'6中町、'79丹羽、'92田中、'119山形

スポンサーサイト



2010.12.26 00:24 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/1312-ef4b56dd

| ホーム |