FC2ブログ

yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

先制されて苦しみながらもロスタイムで追いつき、逆転勝ちを収めた福岡戦。元旦に試合するためにはあとひとつ、この鹿島との試合を勝つ必要があります。福岡戦で負傷した北斗は欠場が濃厚、また中盤はボランチに徳永を置いて、梶山を二列目に上げ、前線は鈴木達也を起用した布陣で臨むことになりそうです。予想スタメンはこんな感じです。

GK権田
DF椋原、森重、今野、キム・ヨングン
MF徳永、米本、梶山、リカルジーニョ
FW平山、鈴木

勝負どころで羽生、大竹、石川、大黒といったカードを活かせる均衡した試合に持ち込めるのかがひとつのポイント、そしてどうカードを切っていくのかがもうひとつのポイントでしょう。


対する鹿島は熊本、C大阪、名古屋相手にいずれも2-1のスコアで勝利。準々決勝からは退団のDFジウトン、FWマルキーニョスは帰国し、また岩政も名古屋戦の負傷で欠場が濃厚ですが、この天皇杯にはACL出場が掛かっており、また今季限りで引退の大岩を優勝で送り出したいという思いから、モチベーションは高いようですね。予想スタメンはこんな感じです。

GK曽ヶ端
DF新井場、大岩、伊野波、宮崎
MF小笠原、中田、野沢、ガブリエル
FW大迫、興梠

ベースとなる布陣は4-4-2。中央に厚い布陣で相手の攻めをしっかりと押さえ、そこからの攻守の早い切り替えで一気に逆襲を狙うしたたかな戦い方をすることもできますし、ポゼッションからSBも積極的な攻撃参加をして守備も広げつつ、ボランチもフィニッシュに絡む分厚い攻めを見せることもある選択肢の多いチーム。攻守連動したその一体感は、ベストメンバーではないとはいえ強敵であることには変わりありません。

前線で起点となっていたマルキーニョス不在の影響はやはりあるはずです。その分中盤でのボールを奪うことを意識した守備をしてきますし、そこから嫌なスペースに飛び出して裏を狙ってくる興梠、積極的に仕掛けてくる大迫にボールが入るようだと一気にゴールを脅かされます。まず中盤でボールロストを極力減らすことが大前提ですが、それと同時に奪われた際の攻守の切り替えも意識すべき点です。

またそこを抑えたとしても、小笠原を起点に中田がフォローし、野沢・ガブリエルがボランチ・FWを巧みに繋いで織りなす中盤の構成力は高いレベルにあります。SBも攻撃参加した分厚い攻めでサイドと意識が向くと、FWを抑えても、野沢らが二列目から積極的にゴールを狙ってくるだけでなく、ボランチがバイタルエリアに入り込んでフィニッシュに絡んできます。サイドの深い位置に起点を作られる前に早めに潰していけるかもまたポイントです。

鹿島の守備は先述したように中央に厚い守備でそこをしっかり抑えるような戦い方をしてきます。それは逆にいえばその堅陣を崩せないまま、外でボールを回しても相手の脅威になりづらいということでもあります。鹿島を打ち破るためには、そのボール奪取ポイントを打開して、相手の守備を崩していくことが必要です。梶山はこれまで力を出し切っているとは言い難い状態ですが、その二列目起用にはメッセージが込められていると感じます。

この前の福岡戦を一部見た印象では、リーグ終盤戦の固さを感じさせるような部分もありました。そんなすぐに良くなるものでもないとは思いますが、やはりあーだこーだ言っても、この時期までサッカー見ることのできるサポは幸せなんだろうと感じます。選手もこの時期までサッカーができる楽しさを思い出した方が、きっといいサッカーができるはずです。このメンバーでできるサッカーで、今持てる力を出しきれるよう期待しています。

スポンサーサイト



2010.12.28 22:08 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/1317-6e8bceb3

| ホーム |