FC2ブログ

yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

前節の千葉戦は残念な結果に終わりましたが、終った結果を悔いても覆るわけではありませんし、まずは連敗しないこと、きっちりと勝って再び流れを取り戻すことが重要です。負傷した米本は平山に続いて長期離脱が濃厚で、本人の無念を思うと残念でなりませんが、昨年ほどの駒不足に悩まされるという状況ではありません。二人がいい意味で危機感を持ってリハビリを頑張れるようなチーム作りを目指して、いい流れを再び作り出していきたいですね。

そんな状況を受けてチームは練習でボランチに梶山を下げて徳永と組ませ、セザーをFW起用する4-4-2を試しているようです。オプションではペドロとセザーの2トップも試されたとか。これまで日本人中心に作ってきたチーム組織に彼らを組み込むという部分を考えると、守備戦術の整備や連携という面でこれからの部分もあるとは思いますが、ブラジル人コンビのコンディションが上がってきているのは非常に心強いですね。予想スタメンはこんな感じです。



サイドに流れる傾向のあるセザーの動きを周囲がどう上手く使っていくか、チームとしても工夫のしどころですね。もちろんブラジル人コンビだけでなく、高松や鈴木達也、谷澤にもゴールに絡む動きを期待します。


対する札幌は開幕戦アウェー愛媛に0-2、ホーム開幕戦湘南に0-1と連敗。ただチームとして守備は安定してきた模様で、二試合連続で無得点に終わってはいるものの、前節対戦した反町監督が試合後「このまま試合をこなしていけば、札幌は非常に怖い存在になる」とコメントし、石崎監督自身も手応えを感じているようです。SB日高がそろそろ戻ってきて、高木を中盤に置く可能性もあるようですが、とりあえず予想スタメンはこんな感じでしょうか。



ベースは4-5-1。ルーキーの三上を1トップ、ボランチ芳賀、最終ラインに河合と軸になる選手が手綱を締める堅実な守備から、キープのあるアンドレジーニョを起点に左サイドから近藤のパワフルなドリブル、岩沼の攻撃参加を絡めたサイド攻撃、逆サイドからも高木純がオーバーラップして攻撃に厚みを持たせてきます。右サイドの古田は積極的にゴール前に侵入してゴールを狙ってきますし、CKではマイナスのボールからのミドルなど、セットプレーも要注意でしょう。

湘南戦でバイタルエリアに入れるボールが少なかった印象ですが、基本的にはトップ下に入っているアンドレジーニョのキープ力とそこからの展開力が攻撃の中心になっていました。そこをまずしっかり押さえて潰す、できなくても攻撃な時間を掛けさせるような守備を意識することが必要です。局面の打開という意味では近藤のパワフルなプレーも気になりますが、相手のリズムで一気にフィニッシュまで持って行かせないことが重要になってくると思います。

札幌の守備を攻略するためにはやはりサイドからの攻略がカギ。鈴木・椋原の右サイド、谷澤・阿部の左サイドにボランチの飛び出しを絡めた攻撃ができれば、局面を打開することはできるはずです。同数では守れない状況を作り出してCBやボランチを引っ張り出し、相手の隙を突いていきたいですね。2トップのゴール前での活躍も期待したいところですが、二列目やボランチのファイニッシュに絡むような動きも重要になってきますね。

ポイントになってくるのは先制点。点が奪えずじりじりした展開になってくると、守備のバランスを維持するのが難しくなってきますし、攻め損なうとカウンターを食らって難しい展開を迫られます。逆に点を取れば相手も人数を掛けてくるでしょうし、隙を突きやすくもなります。相手のCBがさらされるようなカウンターではペドロやセザーのドリブルはかなりの脅威になるだけに、持ち駒を有効に使えるような展開を積極的な仕掛けで作り出していきたいですね。


震災による中断期間前にホーム開幕戦はありましたが、このホーム札幌戦は色々なリスタートという意味で第二のホーム開幕戦のようなもの。勝ってまた再び前を向いて戦えるよう、みんなでチームの後押しをしていきたいですね。個人的には千葉戦は観に行けなかったので鳥栖戦以来の生観戦だったりもします。そういう意味でもとても楽しみです。

スポンサーサイト



2011.04.29 08:00 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/1453-9e73f9e5

| ホーム |