yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
前節湘南戦は追いつかれて1-1で引き分けでしたが、得点したセザーにらしさが出てきたり、草民起用など収穫もあった試合でした。今後も若干のメンバー変更で調整しつつ、この戦い方は続けそうですね。京都戦に向けては高橋秀人のボランチ、徳永の右SB起用など若干の布陣変更がありそうです。高橋のクレバーさ、高さは武器になると思いますし、徳永も持ち味を出せるよう活躍を期待したいところ。予想スタメンはこんな感じです。

GK権田
DF徳永、森重、今野、中村
MF高橋、梶山、田邊草民、羽生、谷澤(大竹)
FWセザー

大竹もメンバー入りは間違いないでしょうし、その力が必要な時は必ず来ます。草民に負けない奮起を期待したいですね。また紅白戦に石川が出場するようになっているようで、そろそろ復帰も近そうです。


対する京都はここまで1勝2分4敗の18位。再開後は緒戦の岡山に2-1で勝利した後は2分3敗となかなか勝てない状況が続き、5試合で1得点とやや得点が少ない状況のようです。この試合前節退場した安藤が出場停止ですが、出場停止明けの秋本が復帰、また最終ラインに故障で戦列を離れていた染谷が復帰するようですね。予想スタメンはこんな感じです。

GK水谷
DF染谷(内野)、森下、福村
MFチョンウヨン、秋本、中山、内藤
FWディエゴ、中村充、久保


ベースとなるのは3-4-3。以前は中盤がダイヤモンド型だったようですが、ここ数戦はダブルボランチに変更している模様。2種登録ながらすでに2得点を挙げる久保をトップに、2シャドーにキープ力のあるディエゴ、突破力のある中村充と局面を打開することのできる2人を置いて、両サイドの2人も絡めた形でチャンスをうかがってきます。サイドを起点にした攻めでは3バックのストッパーも上がってくるだけに、対応は整理しておきたいですね。

基本的にここ数試合は左サイドで起点を作って、そこからボランチ、2シャドーを絡めたパス回しからのチャンスメイクが多く、リズムがある場合は狭い場所もダイレクトで通す反面、足元へのパスが多いために、カウンターを食らうことも少なくありませんでした。そこでディエゴや中村充の局面打開力に頼ることが多くなるわけですが、それやサイドからの崩しが久保の得点パターンに直結していないところに今の京都の難しさがあると思います。

確かにボールの置き方や、ゴール前の落ちつきなど、センスを感じさせる久保ですが、やはり6試合406分出場でシュート数3は少ない。そこにボールを通せず、ディエゴや中村充、右サイドの内藤などが外からの難しいミドルを狙うことが多くなっているのが現状なんでしょう。やはり重要なのは攻めに時間を掛けさせて簡単にエリアに入らせないこと、その上で確実にコースを切っていけば、外からのミドルはその印象ほどの脅威はありません。

京都はリズミカルなパス交換が一気にゴール前まで到達すると可能性を感じさせる一方で、それが中盤で引っかかると一気にカウンターのピンチに繋がる危うさがあると感じました。ダブルボランチがストッパーとなれば帰陣も早いですが、そこを一気に突破されると3バックがいきなり晒されます。どうしてもPAの幅を守るのが精一杯な人数のため、中央突破を図られると中に絞らざるを得ず、サイドのカバーは苦しくなります。

理想を言えば中盤のカットからの素早いカウンターでダブルボランチを突破し、ドリブルで中に引きつけて外で勝負したいところ。どうフィニッシュに戻って行くのか具体的なイメージが欲しいですね。先に点を取って相手に攻めさせ、カウンターを狙っていくような戦い方ができれば理想的です。京都は若いチームでリズムに乗れていませんが、ポテンシャルは高いのは間違いありません。簡単な相手ではないですが、勝って今の戦い方への自信に繋げていきたいですね。

スポンサーサイト
2011.05.28 01:00 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/1491-9903184e

| ホーム |