yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
東京は前節に引き続き、草民がリンクマンとなってボールを繋ぎ、梶山のマークを分散させて、大竹もいい形でボールを受ける場面も多く、攻撃を活性化させる要因となっていましたね。雨のピッチコンディションもあって、中盤でパスカットされてカウンターを食らう展開もあり、先制した直後に失点する悪い流れから難しい状況にもなりかけましたが、CKから2点目、ミスを逃さなかった3点目で結果的に大きく流れを引き寄せました。

2点リードしてからはゲームも落ち着いてきて、ある程度守備をベースに繋いでチャンスをうかがうようになり、秋本の負傷交代で戦い方を変えざるをえなくなった京都に対して、ドゥトラ投入前に草民のゴールで試合の流れをほぼ決定づけたことも大きかったと思います。復帰した染谷の試合勘がイマイチだったりと、京都の誤算も影響したとは思いますが、追加点で流れを確実に引き寄せて勝利に繋げたことは自信になったでしょう。

草民の存在で梶山が決定的なプレーに絡めるようになってきていますし、大竹にも好影響が出てきている印象。さらに羽生が目立たないながらも嫌な位置に顔を出していることで、セザーもやりたいプレーができるようになってきていると感じます。引いた相手にはどうなのか、草民のマークが厳しくなってきたら?といった課題はこれから出てくるとは思いますが、それでも今の攻撃陣は今後に向けた可能性を十分に感じさせてくれました。

あとは徳永・高橋といった変わったポジションを調整してよりクオリティを高めていくこと、あとは戦い方が変わってきた中で、もう一度守備の再整備を行うこと、残りの選手をいかに戦力化していくのかという部分も重要になってきますね。今の戦い方が目指す方向性だとして、当然のことながら11人だけでサッカーはできません。戦い方が変わるまで試合に出ていた選手の役割も、これまでとはまた変わったものになってくるはずです。

特に現状セザーしかいないFW、攻撃陣の陣容を考えれば、谷澤やもうすぐ復帰する石川、それと鈴木達也といったアタッカー陣をうまく起用して特徴を活かしていきたいところでしょうし、ボランチの上里・下田、CBのジェイド・ノース、SBの椋原・阿部、GKの塩田なども出場機会はあると思います。そういう時に流れを停滞させることがないよう、今のうちから準備していきたいところですね。いい流れが出来てきたからこそ次が大事。愛媛戦も勝ってさらに勝ち点を積み上げるべく、頑張っていきましょう。


【FC東京】SH10 GK4 CK8 FK18 オフサイド0
GK権田
DF徳永、森重、今野(→'90+2ジェイドノース)、中村
MF高橋、梶山(→'85上里)、田邉、大竹
FW羽生(→'79谷澤)、ロベルトセザー
SUB:GK塩田、DF阿部、椋原、MF下田

【京都】SH9 GK4 CK2 FK15 オフサイド5
GK水谷
DF染谷、森下、福村
MF内藤、秋本(→'51加藤)、チョンウヨン、中山(→'69鈴木)
FW ディエゴ、久保、中村(→'58ドゥトラ)
SUB:GK守田、DF内野、FW伊藤、FW金成勇

【得点】
東京:'14梶山、'30・'58田邉、'37大竹
京都:'20内藤

【警告】
東京:'43梶山、'75中村
京都:'46染谷、'85ドゥトラ

スポンサーサイト
2011.05.30 01:00 | 戦評・東京 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/1494-55f84c70

| ホーム |