yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
前節京都戦で4-1と快勝し、ようやく手応えを掴んだように見える東京ですが、だからこそ今節の戦い方が問われてくるわけで、愛媛戦で結果をきちんと残せるかどうかは重要なポイントです。代表に召集された今野が不在で、CBには今季初出場となるノースがそのまま入ることになりそうです。今野とはタイプが違う選手のようですが、予想スタメンはこんな感じです。


GK権田
DF徳永、森重、ノース、中村
MF高橋、梶山、大竹、田邊
FW羽生、セザー

また負傷で長らく戦列を離れていた石川も、今季はベンチ入りする模様。これから上位を追い上げていこうというチームにあって、石川の復帰は心強いですね。

対する愛媛はここまで4勝1分3敗の8位。中断明け東京V相手に勝利した後は北九州に0-3で敗北するなど1分3敗と勝ち星に恵まれなかったようですが、ここ2試合は栃木を2-1、岐阜を2-0で連破。布陣変更も功を奏したのか、連勝して調子を上げてきているようですね。予想スタメンはこんな感じです。


GK川北
DF関根、池田、高杉、前野
MF渡邉、大山、杉浦
FW石井、斉藤、小笠原

ベースになるのは4-1-2-3の布陣。渡邉をアンカーに置いて、大山・杉浦の2列目、小笠原をトップに置いて両サイドに齋藤と石井を配した3トップの布陣に変更したようです。ブロックを作って対応する守備と、攻撃時のSBの高い位置取りが特徴的で、ドリブル突破からゴールを狙う齋藤と、シュートエリアに入ってくる動きが秀逸な小笠原がゴールを脅かします。二列目の杉浦、サイドの石井も前節得点し、大山がアシストするなど、攻撃陣はいいイメージを持ってこの試合臨んできそうです。

SBの高い位置取りもあるように、攻撃はサイドからの形を模索してはいますが、小笠原(170cm)・齋藤(165cm)に高さはありません。必然的にサイドからのクロスはGKとDFの間に入れる低くて早いクロスが多くなります(岐阜戦の2点目もそんな感じでした)。プレスからのショートカウンターで齋藤の仕掛けからのミドル、巧みなチャンスメイクからのシュートを引き出す動きにも要注意と言えるでしょう。

ショートカウンターについては自陣での不用意なボールロストを減らし、ロストしたら相手の攻撃を遅らせて一気にシュートまで持って行かれないこと、プレッシャーに対しては耐性という点でさほど強度のない愛媛中盤へのプレッシャーを強め、前との連携を断つことが一番です。大山や杉浦といった中盤のタレントはいますが、彼らを自由にさせないことが、結果的に愛媛の攻撃の選択肢を狭めることに繋がるはずです。

SBの高めの位置取りから生じる裏のスペースが、カウンター時の狙い目になることはいうまでもありません。前線からのプレスがハマることはあっても、基本的に中盤の守備という点では必ずしも機能していない印象で、ボールを奪う位置取りは低くなりがちです。サイドに起点を作りつつ、相手守備を引っ張ることでできるファーのスペース、バイタルエリアをいかに攻略するかが、この試合のカギを握るのではないでしょうか。

愛媛は良く組織されたチームで、前にも齋藤・小笠原といった面白い存在がいる好チーム。ハマれば上位陣を破るだけのポテンシャルがあり、連携面ではこれからのノースが最終ラインに入りそうな東京の守備陣が、カウンターの対応を間違わないことも重要なポイントと言えるでしょう。今野不在がどこまで響くか分からないゲームですが、こういう試合をきちんと勝てるかどうかは今後にも影響してくるでしょうし、チーム全体でうまくカバーしてこの試合を乗り切りたいところですね。

スポンサーサイト
2011.06.05 00:10 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/1500-b35705e5

| ホーム |