yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
名古屋戦は梶山が警告の累積で出場停止。試合に負けたのは名古屋の出来が素晴らしかったからであって、梶山がいなかったからではなかったと思います。ただ梶山不在の試合を観ると、梶山の存在感を改めて感じるようになったのも事実。確かに昨年までのように高い位置で目立つ仕事をする機会は減り、これまでのプレーと比較して地味で物足りないと感じている人もいるかもしれません。しかし中盤の怪我人が続出する中で東京が今の順位をキープしたことを考える時、それは梶山の存在抜きには語れなかったでしょう。

思えば04年に今野が加入し梶山とボランチでコンビを組むようになって以来、彼らのコンビに対する期待は決して小さくなかったと思います。振り返れば当時不安定なプレーも少なくなかった梶山のスケールの大きさに賭け、我慢して起用し続けた原監督の功績はここで今更語るまでもありません。しかし彼らをボランチでとして組ませ、のびのびとプレーさせたことが彼らの成長に繋がった反面、それによって東京の攻守のバランスが大きく変わったことは、東京のもうひとつのターニングポイントだったように思います。

原監督に攻撃意識を植え付けられ、ボールを奪ってそのまま前に出るようになった今野、するすると上がって意外性のあるプレーやミドルを見せた梶山の二人は、攻撃の貴重なアクセントになりました。しかし一方で両SBも積極的に上がる前がかりになりがちなチーム事情を考えた時、両ボランチがたびたびバイタルエリアをがら空きにした影響は大きく、CBに過重な負担が掛かり、守備が不安定になっていった要因の一つであったことは否めません。梶山と今野のコンビに期待はあるものの、同時にどう守備を安定させるのかという点はここ数年ずっと解消できなかった課題でした。

今の今野はアンカーではありませんし、頑固な今野が理由もなくそのプレースタイルを大きく変えるとは思えません。城福監督が就任するにあたって、一番注目したのはボランチの組み合わせでした。ボランチを三枚とする形、浅利をアンカーにして今野・梶山を並べる布陣もありましたが、個人的に可能性を感じているのは、少しずつ試されているアンカーとして起用される梶山です。中盤の駒を活かすという意味でも重要な意味を持つ試みですし、最終ラインからボールを引き出せて、キープ力・展開力もあり、守備意識も出てきた梶山をアンカーに置くことで、チームのリズムを作っていけるのは大きいのではないでしょうか。

ただその存在感を考えた時、当然のことながら彼が不在時にチームとしてどう戦っていくのかは、今季の大きなポイントになります。梶山が五輪代表に選出されれば、確実にリーグ戦の何試合かは欠場になるわけで、ブルーノや金沢、あるいは浅利・池上などの候補はいるものの、彼らには彼らの特徴があるわけで、梶山と同じ役割を求めてもおそらくうまくいかない気がします。誰か一人ではなく、ピッチに立つひとりひとり、チーム全体で一体感を持って、全員でカバーすることが必要です。もちろんそれは梶山が不在の時に限った話ではないわけですが。
スポンサーサイト
2008.05.08 21:02 | FC東京 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/528-e6260170

| ホーム |