yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
東京は6勝2分3敗の4位。名古屋戦は累積警告で出場停止だった梶山が今節復帰するものの、アグレッシブな運動量が目立った左SB長友は右腕靭帯損傷により欠場が濃厚。また栗澤も体調不良によりメンバー入りから外れるようです。前節ボランチに入った金沢が左SBに入り、アンカーには浅利が入ることになりそうですね。予想スタメンはこんな感じでしょうか。

GK塩田
DF徳永、藤山、茂庭、金沢
MF浅利、今野、梶山、羽生
FW赤嶺、カボレ

徳永・金沢の両SBは中盤と連携してキーマンの柏の両サイドをしっかりと抑えたいところですね。


対する柏はここまで5勝1分5敗の7位。キャンプ時から負傷者が続出したり、所属選手の逮捕があったりでチームとしてもなかなか波に乗れなかったようですが、最近二試合は千葉・神戸相手に連勝。李忠成が出場停止中で、フランサの復帰にはもう少し時間が掛かるようですが、徐々にメンバーも固まり、持ち前のアグレッシブさを取り戻しつつあるようです。予想スタメンはこんな感じでしょうか。

GK菅野
DF蔵川、古賀、小林、石川
MF鎌田、大谷、太田、アレックス、菅沼
FWポポ

柏の特徴といえば4バックと高い位置からのプレッシング。1トップに入るポポとトップ下のアレックス、両サイドの太田・菅沼が高い位置からプレッシャーを掛け、中盤でサイドに追い込んでボールを奪い、ショートカウンターを狙ってきます。1トップのポポは運動量が豊富でプレーエリアが非常に広いですし、アグレッシブに仕掛けてくる右サイドの太田、中に入ってストライカー的な役割を担う左サイドの菅沼を擁する両サイドからの仕掛けも脅威です。また2試合4得点のうち3得点がセットプレーから。ポポ・アレックスのFKの精度には気をつけたいところ。

柏の攻撃のベースとなるのは高い位置からの守備。自陣でボールを失うようなことは避けたいですし、ボールを奪われたらリトリートしつつ基点となる前線のポポと両サイドを押さえ、相手の攻撃スピードを削ぐことが重要です。攻撃陣は速攻によって活きてくる選手が多く、逆に攻撃に変化・厚みをもたらせる存在は限られます。攻めを遅らせつつスペースをしっかりと埋めること、大谷ら中盤のミドルをしっかりケアしつつ、安易にセットプレーを与えないよう注意することで、攻撃陣に高さのない柏の選択肢はある程度制限できるのではないでしょうか。

柏を相手に攻めで有効な形を作るには、まず柏の前線~中盤のプレスに引っかからないことです。柏はボールを奪うエリアに人数を掛ける分、どこかに必ずスペースはできますし、そういったスペースを意識して使っていくことができれば、相手の先んずることも可能でしょう。またGKが菅野に代わって日が浅い分、最終ラインとの連携構築が十分でない部分も若干見受けられます。コンパクトな最終ラインの裏を狙っていくこともありなのかもしれません。天候的な影響がどう転ぶか、何が起こるかもわかりませんし、早めに点を取ってリードした状態で試合を進めたいところですね。
スポンサーサイト
2008.05.09 23:22 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/529-7e792d28

| ホーム |