yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ケーブルTVなのでトゥーロンも観れず、CL決勝も特に興味ないので、偵察も兼ねて録画した東京V-清水の試合を観てたりもしてたんですが・・・印象としては清水の自滅?と感じました。確かに東京Vの前線の3人はうまいし、脅威となるだけの力を持った選手達ではあるけれど、チームとしてきちんと対策を立てて臨めば、どうにもならないというほどの相手ではありません。清水はその辺あまりにも無策で、対処する個々の選手が過剰反応し過ぎて後手に回っていたところに、O・Gがその決定打となってしまった印象です。

清水は前線や中盤できちんと守備が機能していれば、あそこまでやられることもなかったように思います。ただ前線の3人が引いてボールを受ける東京Vに対して、本田1人であのエリアをカバーするのは無理がありますし、その辺で後手に回った時点で後の対応も苦しくならざるをえませんでした。東京Vは1試合通して運動量を維持できるチームではないですし、ゲームプランとしてしっかりと守りから入っても良かったわけで、あの失点も焦る時間ではありませんでしたが、得点力不足に悩む現状が少なからず影響したでしょうか。

清水はリズムを取り戻せないまま、2失点目もオフサイドかと錯覚するかのような(実際には本田が触ったボールがオフサイドポジションにいたフッキに渡ってしまった)、これもまたアンラッキーな失点。これで清水はすっかりリズムを崩してしまい、ピッチを広く使うような意識も乏しく、徐々に連動性に乏しい単調な攻めを繰り返すようになって東京Vの守備に引っかかっていました。あとは中途半端に前掛かりになったところをカウンターで脅かされる状態。こういう展開こそ東京Vの得意とするパターンであって、逆に清水にしてみれば2点ビハインドとなった時点でかなり苦しい試合になってしまいました。


東京Vはフッキが目立ってはいても、実際にはディエゴが中心のチーム。ディエゴが機能しなくなれば、レアンドロ・フッキは分断されて個人技中心の局面打開を図らざるをえません。そうすれば彼らの選択肢は自ずから限られてきますし、チームとしてうまく対処すればその脅威も減じることができるはずです。しかしこの試合の清水のように対処が十分でないと、その分だけ最終ラインにも負荷が掛かります。梶山・今野不在の中盤をどう構成するかはひとつのポイントですが、こういう布陣はリーグ戦においても今後もありうるわけで、その辺どう戦うのかに注目が集まりますね。
スポンサーサイト
2008.05.21 23:35 | 戦評・その他Jリーグ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/534-a76204b1

| ホーム |