yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
東京は代表組の今野・長友に加えて、五輪組の梶山が欠場。特に梶山の欠場がどう響くかは懸念されていましたが、東京V戦ではブルーノが存在感を発揮してその不安を払拭しました。エメルソンも復帰して豊富な運動量で攻守に絡んでいますし、十分に戦えるだけの戦力はあると見ていいでしょう。予想スタメンはこんな感じです。

GK塩田
DF徳永、佐原、藤山、金沢
MFブルーノ、浅利、エメルソン、羽生
FW平山、カボレ

平山は2試合連続で先発だとか。今年のナビスコ杯はいい感じでいろんな選手を起用できていますね。


対する清水は前節のナビスコ杯では4-2で清水に勝利。この試合では青山・本田・岡崎らの五輪組に加えて、フェルナンジーニョ、市川・伊東なども負傷により欠場していたようですが、フェルナンジーニョ・伊東はこの試合に100%ではないながらも戻るようですね(フェルナンジーニョは微妙な感じのようですが)。それでも依然として厳しい予想スタメンとしてはこんな感じでしょうか。

GK西部
DF高木純、岩下、高木和、山西
MF伊東(山本)、兵働、藤本、枝村
FW西澤、原

清水は今年すでに2回対戦して2敗。。。前線のFWはやや破壊力に欠ける印象ですが、4バック+3ボランチ気味の守備網からの堅守速攻が分かりやすい特徴でしょうか。時々大量点を取ってはいるものの、それも堅守速攻をベースに先に点を取ってカウンターから加点していくのがそのスタイル。逆に先に点を取られて追いかける展開になると、ちょっと苦しいのかなという印象ですね。

中盤は技術の高い選手が多く、そのポゼッションからSBの攻撃参加という形も作ることができますが、案外そういった形での得点は少ない印象。むしろ気をつけるべきは中途半端な位置でボールを失った形でのカウンター、セットプレー、中盤からのミドルシュートの3つです。実際に清水相手に失点しているのはいずれもその形。特にセットプレーからの失点には要注意ですね。

清水はサイドからクロスを上げさせてそれをCBが跳ね返すオーソドックスな守り方。ただ平山の高さならいい勝負ができると思いますし、平山が落としたボールを狙っていくのは有効な手段。相手の中盤の底が1枚なだけに、中盤の選手がバイタルエリアをどんどん狙っていけば、相手の対応は後手後手にならざるをえませんし、サイドが中に絞るようならSBの攻撃参加も容易になります。先に点を取って試合の主導権を握りたいところですね。
スポンサーサイト
2008.05.30 23:29 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/538-ae93f922

| ホーム |