yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今季のチーム構想を考えた時、少なくない選手の入れ替えがあったこと、新監督の下でチームとして戦い方を再構築していこうというコンセプトがあり、最初からチームを作り上げるのに時間が掛かるのは分かっていました。そういうわけで開幕時にどこまでチームが出来上がっているかというよりは、今季が終った時点でどんなチームになっているのか、という見方をすべきだと感じていましたし、そう感じていた方は多かったと思います。

ただ、開幕前のキャンプで繋ぎの意識を高めるトレーニングを繰り返していたことは、チームコンセプトを考える上で重要な課程だと感じましたし、代表召集でチームに合流する時間の短かった今野や羽生、五輪組の梶山・長友、あるいは負傷で離脱した茂庭・ブルーノ・佐原といった面々に、どうやって戦術的な部分の理解を深めさせ、チーム戦術の中で機能させていくのかという部分は重要なポイントになりそうな気がしていました。

殊に個人的に前半戦で誤算だと感じたのは、戦術理解にやや難のある今野が中断期間の代表召集で不在の時間が長く、チーム戦術に馴染みきれていないこと、そして茂庭の負傷・不調でした。コンセプトのイメージを共有しやすい羽生や、タスクがシンプルな長友、ある意味マイペースな梶山に関しては、コンディションや連携面での不安はあっても、さほど心配はしていませんでした。しかし今野は序盤こそ得点したものの、現時点でチーム戦術を理解し、機能しているとは言い難い状態です。

今野のプレーを考えた時、川崎戦のゴールのようなプレーもあったりはしましたが、基本的には属人的なプレーが多いのが特徴です。ボランチというポジションはバランサーとしての能力、繋ぎの中心としてのタスクも求められますし、チームの中でその個性を活かしていくのに必要なチーム戦術を消化する時間が、絶対的に足りていないのではないでしょうか。たぶん他の選手よりも時間が掛かると思いますが、そこを乗り越えられるかどうかは、チームとしても今野自身にとっても大きなポイントだと感じています。

もうひとつの誤算は茂庭。チームとしては当初スピードのある茂庭と高さのある佐原・ブルーノ辺りを組ませるつもりだったのだと思いますが、ブルーノ・茂庭がコンスタントに出場できる状態になかったことで、藤山が佐原と組むことになりました。藤山の出足の良さは素晴らしいものの、高さ・強さに不安がある点は否めません。G大阪戦における今野のCB起用は、チームのバランスを考えての様々な思惑が交じり合った、苦渋の決断だったのではないでしょうか。チームが安定した成績を収めるためには、最終ライン・守備の安定が必要不可欠であることは間違いありません。

スポンサーサイト
2008.07.19 16:07 | FC東京 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/541-d774363a

| ホーム |