yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
SBは右徳永、左長友という基本ポジション。金沢と椋原がバックアッパーとして控え、長友が不在の場合は徳永を左、右に椋原を置くパターン、あるいは金沢を左SBとして起用されるパターンがありました。G大阪戦では右長友・左徳永という組み合わせが試されましたが、右の石川・長友のコンビ、徳永の中に切れ込んでのシュートと、新たな可能性を感じさせてくれたと思います。彼らが両SBをこなせること、椋原がSBとしてある程度計算できるようになったのは、チームとして大きな収穫です。

攻撃面では流動的なポジションを取ることの多い今野に対し、梶山がややアンカー気味のポジションを取ることで、低い位置でゲームを組み立てるとともにバランスを取るようになりました。状況に応じたゲームメイクという点では意外性はあってもやや単調な面があり、「ゲームの流れを読む」という点は梶山の成長に期待したい部分。今野の戦術消化が進むか、浅利と組ませれば、前に出る回数が増えて攻撃に厚みを加えることができるかもしれません。逆に言えば梶山不在をどう戦うのかはひとつのポイントでしょう。

二列目でいうと、羽生は精力的な運動量でボールを引き出す動きは多いものの、まだチームとしてそれを活かしきれていない部分が目立ちます。エメルソンは運動量・ドリブルと緩急をうまく織り交ぜた意外性のあるプレーが特徴ですが、最近ややプレーの選択肢(というかパスの選択肢)が随分狭まっている印象。そういう意味で最近の石川の思い切りのいいプレーはキレもありますし、もう少し長い時間見たいと思わせます。城福監督が石川をどう評価しているのかは気になるところ。石川を起用する時間が短いですよね、今は。

彼ら二列目がSB・ボランチ・FWとどう絡んでいくのかはチームが機能するために需要なことで、その辺りがどう機能するかで攻撃の迫力も随分違ってくるはずです。負傷でそれぞれが離脱して、さらに平山のトップ下起用が始まったこともあって、最近は彼ら3人同時起用の組み合わせはありません。近藤が負傷で離脱して、赤嶺の調子がなかなか上がってこない状況にあっては、序盤の新潟戦で見せた可能性もありますし、オプションのひとつとして検討してみても良さそうな気がします。

前線は赤嶺を起用する時期もありましたが、現時点では平山がやや引き気味、カボレをトップに起用する形で落ち着いています。前線の基点・アクセントという点では平山は新境地を開きつつありますが、それをどうゴールに結び付けていくのかは今後の課題。カボレもややマークが厳しくなってきて、調子がやや落ち気味ですが、現時点で同じ役割をこなせる選手はいません。今後彼を欠いた状況で戦うことになった時、同じ戦い方にはならないと思いますが、どう戦うのかはチームとして考えておかねばならない点でしょう。

やはり戦いが続く中で、対戦相手の研究も進むようになりますし、リーグの中で飛びぬけた存在でもない限り、前線の選手も思うようなプレーが難しくなってくるのは仕方ありません。そうなってくると重要になるのがセットプレー。佐原や平山・カボレ・今野など、押し込める選手はいるだけに、安定したキックを期待できる選手が出てきて欲しいですね。徳永や梶山、石川、羽生、エメルソンなど候補はいるものの、決め手に欠ける印象。セットプレーで点が取れるようになると大きいだけに、バリエーションも含め、練習あるのみです。

プレイの精度は個々が努力するしかありませんが、監督やコーチ、選手個々の間でこうすれば良くなるのでは?というコミュニケーションをたくさん取っていくことで、解決できる課題もあるはずです。健全なコミュニケーションが取れる環境づくりというのも大切なことかと。攻めに出るにしても最低限のリスクマネジメントは忘れないとか、采配面でも向上の余地はあるわけですし、勝つために何が足りないのか、そのためには何が必要なのか、ということを、チームとして今後も貪欲に突き詰めていって欲しいですね。まだまだ経験不足のチームですし、これからがどうするのかが大切です。
スポンサーサイト
2008.07.19 23:00 | FC東京 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/542-c9ec3302

| ホーム |