yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
さて週末の試合が終ったと思ったら、中二日であっという間に横浜戦、さらに中二日で札幌戦があります。先日の開催が日曜日だったこともあって、コンディションの維持や選手起用など、各チームがどれだけうまく乗り切れるよう準備してきたかが問われる一週間になりそうですね。この辺でどこまで勝ち点を積み上げられるかは序盤戦のポイントといえるでしょう。

さて東京は前節の京都戦で追いついての3-3のドロー。失点がやや多いことは依然として課題ですが、追いついたことによって出てきた勢いを大切にして、この試合に臨みたいところ。石川・梶山らがこの横浜戦から復帰するようですが、中二日ということもあり佐原や森村、前線の平山といった選手らが試される試合にもなりそうです。予想スタメンはこんな感じでしょうか。

GK塩田
DF徳永、佐原、茂庭、長友
MF今野、梶山、大竹、森村(石川)、羽生
FW平山(カボレ)

どうやって前線に基点を作り、それに周囲が絡んで行くか。その辺がこの試合のポイントになりそうな気がします。


対する横浜はリーグ戦で2勝1敗。ナビスコ杯も含めここまで負け無しでしたが、先日の鹿島戦で1-2と初黒星を喫しました。とはいえ守備をベースとした安定感に変わりなく、大崩れしないチームという印象です。前線の軸となる大島に加えて、山瀬、アンカーに入る松田、そして最終ラインの中澤とセンターラインが安定しているのも大きいんでしょうね。予想スタメンはこちらです。

GK榎本
DF田中裕、中澤、栗原
MF松田、山瀬功、小宮山、田中隼、ロペス
FWロニー、大島

基本布陣は3-5-2。前線の軸となる大島のポストプレーから運動量豊富な山瀬らが動き出し、ロペス-ロニーのコンビプレーが絡んでボールキープされると、田中隼、小宮山の両サイドに高い位置取りを維持されて受身にならざるをえません。外国籍選手二人がまだ完全にはフィットしていない印象で、爆発力という点ではやや迫力に欠ける面もありますが、山瀬・大島の決定力、高さのあるセットプレーは十分脅威です。

まずは攻撃の基点となる大島のポストプレーを確実に潰していくこと。そのためにはきっちりとその前段から連動した守備を行い、簡単にボールを入れさせないことが重要です。山瀬のボールを受ける動きや、ロペスのキープ力は脅威ですが、慌てず周囲との連携をケアして攻めに時間を掛けさせれば、相手の攻めには意外性が減って単調な攻めになっていくでしょう。また両サイドの中への切れ込みからのミドル、こぼれ球への反応が早い山瀬のミドルは要注意。確実にシュートコースを切りたいところです。

3バックで、アンカーに松田を置いた中央の守備はまさに堅守と呼ぶにふさわしいものですが、基本的に人につくというよりはしっかりと中を固めることを重視しているようです。サイドからのクロスで勝負というのはやはり相手の得意な形なわけで、ポストプレーに絡めて切れ込むとか、サイドを深くえぐって比較的ケアが散漫なファーサイドから中に入ってくるといった一工夫が必要でしょう。羽生・今野を中心に練習していたというセットプレーにも期待したいところですね。
スポンサーサイト
2008.04.01 23:17 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/544-0cd82c9e

| ホーム |