yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
東京はDF茂庭が右肩脱臼で離脱。前節負傷で欠場したFW赤嶺は復帰するようですが、FW近藤、MF石川・エメルソンは依然としてメンバー入りが難しい状況のようですね。茂庭の抜けた穴にはブルーノの初先発が濃厚、また守備を安定させるためもあってか、左SBに金沢、アンカーに浅利を起用するようです。予想スタメンはこんな感じでしょうか。

GK塩田
DF徳永、佐原、ブルーノ、金沢
MF浅利、梶山、今野、羽生、大竹
FWカボレ

3ボランチにカボレを1トップに置いた4-5-1の布陣。やはりカボレも時折いい動きを見せているだけに、そろそろ点が欲しいところでしょう。


対する札幌はリーグ戦ここまでで1勝3敗。3節の柏戦で初勝利を挙げたものの、今シーズンはなかなか難しい戦いが続いていますね。また前節GK高木が退場で出場停止、芳賀が負傷で欠場濃厚とのことですが、基本的なベースの部分は変わらないでしょう。ただ負傷で前節欠場したダヴィは強行出場とか。その回復具合は気になるところではありますね。予想スタメンはこんな感じでしょうか。

GK佐藤
DF坪内(池内)、曽田、吉弘、西嶋
MF砂川、マーカス、クライトン、西谷(西)
FWダヴィ、中山(ノナト)

4-4-2のゾーンを中心とした前線からの守備で相手の攻めを食い止め、無理に中盤で繋ぐよりは、比較的早い段階で前線にボールを入れて、セカンドボールを狙う攻めが多い印象です。低い位置から始まる札幌の攻撃にはさほど脅威を感じません。しかし、自陣でCBやボランチのパスミスからクライトンやダヴィにボールが渡ってカウンターを食らうようだと結構苦しい。また西嶋ら高さのある最終ラインが脅かすセットプレーも要注意です。

そういう意味で言えばこちらは中盤までである程度しっかりとコースを限定して、前線に入ってくるボールをキッチリと跳ね返す。そしてセカンドボールを確実に繋げて相手の守備をかわし、攻撃をシュートで終えること。また最終ラインやボランチ付近で不用意にボールを失うようなミスをなくすこと。札幌に対する対策といえばこれしかありません。自陣でボールを失ってカウンターを食らうとか、相手にセットプレーのチャンスを極力与えないことです。

一方、相手の最終ラインはいずれもCBを務められる長身のプレーヤーが並んでおり、単調な縦へのボールでは難しい。ボールホルダーに対して、ボールを引き出す動きで複数のパスコース、相手の守備に的を絞らせない形を作り出して、局面局面でどんどん勝負すべき。組織で守備している分、どこかでブレイクすることができれば、相手の守備は苦しくなるはず。こういう相手とやる時には先制点が大事。相手の攻め手は限られるだけに、しっかりとそこを抑えつつ追加点を奪って試合を決めたいですね。
スポンサーサイト
2008.04.04 23:17 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/546-b02198bd

| ホーム |