yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
東京は3連勝で4勝2分1敗の3位。やや組み合わせに恵まれた感があったとはいえ、正直ちょっと出来過ぎです。これからは力のある対戦も多く、負傷で離脱しているエメルソン・羽生・石川・近藤らがどのタイミングで戻ってくるかもひとつのポイントになるでしょうか。今野ら4人の代表組、梶山ら3人の五輪組のコンディションも気になるところです。予想スタメンはこんな感じでしょうか。

GK塩田
DF徳永、佐原、藤山(ブルーノ)、長友
MF浅利、今野、梶山、大竹
FW赤嶺、カボレ

森村がベンチ入りするという情報もあるとか。状況にもよるとは思いますが、途中出場はあるんでしょうか。


対する清水は外国籍選手がフィットしないなどの誤算もあって、ここまで1勝2分4敗と予想外の成績。ナビスコ杯の東京V戦では5-0と大勝するも、前節の横浜戦では終盤追いつかれ1-1のドロー。もちろん徐々に調子は上がってきているのでしょうが、負傷者が出たりもしてなかなかベストメンバーで戦えていないこともチームが波に乗り切れない要因のひとつといえるでしょうか。守備は安定しているものの攻撃力がやや足りない印象です。予想スタメンはこんな感じでしょうか。

GK西部
DF市川、青山、高木和、児玉
MF本田、伊東、藤本、フェルナンジーニョ
FW原、西澤

ベースとなるのは本田を中盤の底に置いたダイヤモンド型の4-4-2の布陣。ただ伊東・藤本の両サイドはセンターハーフ的な役割も担っており、守備時には3ボランチ気味になります。その3枚で中央を固めつつ、サイドからの攻めをしっかり抑え、クロスは青山・高木和の2CBの高さでしっかりと跳ね返すのが基本です。一方攻撃はアクセントとなるトップ下のフェルナンジーニョを軸に、堅実なポストプレーを見せて2試合連続得点中の西澤と、原が2トップを組んでゴールを狙ってきますね。

まずはフェルナンジーニョをどう抑えるのかというのは大きなポイントとなります。彼のプレーエリアは広く、なかなか捕まえづらい部分もありますが、彼を自由にさせると伊東・藤本の連動からさらに両SBを絡めたサイドからの分厚い攻撃を許してしまいます。その攻撃に対して受けに回ったらやはり戦いが苦しくなってしまうのはこの前のナビスコ杯が証明しています。フェルナンジーニョと周囲を分断させることができれば、相手の攻めは限られてくるはず。藤本らのミドルにも注意ですね。

相手の守りは中央が固く、相手の型にはまったまま崩そうとするのはちょっと苦しいですね。崩すとしたら相手の攻めを封じて逆襲からのカウンターが効果的でしょう。前線のFWへ入るくさび、フェルナンジーニョを確実に潰してそこから一気にカウンターを狙いたいところ。攻撃に出ている清水は本田のワンボランチ気味で、中盤のスペースをカバーするのには限界があります。中盤の連携で崩すのもいいですし、思い切ってミドルを狙ってもいい。ただ手数を掛けず、シンプルにシュートまでもっていきたいところ。チャンスを確実にものにしたいですね。
スポンサーサイト
2008.04.25 23:58 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/555-645b1c14

| ホーム |