yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
前節の清水戦の敗戦は残念でしたが、連戦だからこそ気持ちの切り替えが大事。特にホームの試合だからこそ、次にしっかり勝って持ち直すことが大切です。中盤の負傷者続出の状態が続いているのは気がかりな点ではありますが、今いる選手をどう組み合わせてこの時期を乗り切って行くかは、シーズンを通しても重要な位置付けになりそうな気がします。


東京はここまで4勝2分2敗の4位。とはいえ下との勝ち点も詰まっており、今節対戦の9位大分とも試合の結果次第では順位が入れ替わります。ここが踏ん張りどころですし、連敗しないように一戦一戦大切に戦って欲しいところです。メンバーでは最終ラインに茂庭、中盤に金沢、栗澤が起用されるとか。特に茂庭には奮闘を期待したいところですし、栗澤もここで存在をアピールして欲しいところ。予想スタメンはこんな感じです。

GK塩田
DF徳永、佐原、茂庭、長友
MF梶山、今野、金沢、栗澤
FW赤嶺、カボレ

ベンチ入りが予想される大竹・森村らには流れを変える役割を期待したいところですね。


対する大分はここまで3勝2分3敗の9位。前線の高松、ウェズレイ、高橋などが負傷で離脱しています。ウェズレイは復帰間近のようですが、今節のメンバー入りは見送られたようです。前節は松橋の1トップ、金崎・根本の2シャドーで横浜を1-0で破りましたが1試合を通じてのシュートは2本。お世辞にも攻撃が機能していたとは言い難く、今節は前線を2枚にした3-5-2で臨む可能性が高そうです。予想スタメンはこんな感じです。

GK西川
DF深谷、森重、上本
MFホベルト、エジミウソン、藤田、鈴木、金崎
FW松橋、前田(市原)

3バックに外国籍2枚のボランチ、右に守備力のある藤田、左に攻撃力のある鈴木、トップ下に局面を打開できるアタッカー金崎。2トップは兄同様にスピードのある松橋、独特のリズムでドリブルを刻む左利きのアタッカー前田が濃厚。全体的に守備意識が高く、激しい守備からカウンターを狙ってきます。攻守のキーマンとなるのはボランチの2人。また積極的に仕掛けて精度の高いクロスを入れてくる鈴木、FWやサイドと連携しつつゴールを積極的に狙ってくる金崎は要注意でしょう。

まずはボランチの2人と周囲の連携を制限すること。松橋・前田は上背がなく、ポストプレーを得意とするタイプではありません。彼らは前線でいかにいい形でボールを受けるかがポイントなだけに、むしろ左サイド鈴木、トップ下の金崎をどう押さえるのかが重要です。ボランチの3枚がSBと連携しつつ、うまく前線の基点を潰して攻撃の芽を摘み、攻撃の時間を作っていきたいところ。また鈴木の精度の高いキックから森重らの高さを活かしたセットプレーには要注意です。セットプレー対策はきちんとやっておきたいですね。

大分の中盤にハードワークが出来るだけの運動量があるのは厄介です。とはいえ東京の布陣と対した時、3-5-2はサイドが一枚な分、ボランチとSBがその対応を曖昧にしなければその動きは随分と制限されます。押し込めば相手の攻撃の選択肢も随分減るはずです。まずはサイドを押さえて中盤で優位に立ち、サイドの裏を脅かしつつ、攻撃の時間を増やすことでしょう。大竹という切り札がある限り、ボールを動かしてチャンスをうかがうことは無駄ではありません。連戦だけにセットプレーも活用して効率良く点を奪いたいですね
スポンサーサイト
2008.04.28 23:44 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/557-2f645057

| ホーム |