yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
明日はナビスコ杯が開幕、初戦はアウェーの清水戦になります。こういう状況での試合こそ興味深い展開になりそうですし、今節の清水戦、週末の磐田戦と二戦連続でTV放送もないので、どうしようかちょっと迷ったのですが、ここのところどうも体調が良くないので、今回は無理するのを止めました。試合は観れませんが、東京が勝利することを祈っています。


さて東京は今野・羽生が代表に召集。代わりに浅利と栗澤が起用されることになりそうです。また城福監督のコメントを読む限りでは、新潟戦までカボレと主力が一緒にプレーする時間を優先させていたらしく、今回は平山がチャンスを与えられてトップで起用されることになりそうです。新潟に引き続いて先発が濃厚な吉本にも言えることですが、こういう機会は積極的にゲームに絡んでアピールするチャンスですね。予想スタメンはこんな感じです。

GK塩田
DF徳永、吉本、茂庭、長友
MF浅利、梶山、栗澤、石川、エメルソン
FW平山


対する清水は代表召集はなし。ただDF市川が負傷で離脱しているほか、ここまでリーグ戦二節を終えた段階でMFマルコス・パウロやFWマルコス・アウレリオの両外国人がややフィットせずといった状況があり、清水がチームとしてナビスコ杯をどう捉えるかで多少布陣が変わってくるかもしれませんね。予想スタメンとしてはこんな感じでしょうか。

GK西部
DF辻尾、青山、高木和、児玉
MF本田、伊東、藤本、フェルナンジーニョ(枝村)
FW矢島、西澤(フェルナンジーニョ)

チームとしてはこれまでの4バックをベースに、本田を底に置いたダイヤモンド型の4枚の中盤、2トップという形が基本形となるようです。右SBには攻撃を重視する場合には辻尾、守備を重視する場合には岩下が入るオプションがあります。中盤は伊東がバランサーとなって辻尾、本田をフォローしつつ、藤本とゲームを作ります。また前線は組み合わせによって少し変わってきそうですが、フェルナンジーニョや枝村の前線に絡んでくる動き、矢島の裏を狙う動きは周囲と連動すると脅威になりえそうです。

ただ、これまでの試合での得点はミドルシュートが中心。前線に入ってくる楔の動き、あるいはバイタルエリアで基点となる動きに対して、早め早めのチェックが確実にすることで、相手の攻撃の選択肢はかなり狭まるはずです。また枝村・藤本など積極的にミドルを狙ってくる選手も多いため、簡単にコースを空けて打たせたりしないという意識も必要でしょう。受身の守備ではその辺後手に回りやすくなることから、一試合を通したペース配分を意識した上で、前線から連動した守備をどう構築していくかもひとつのポイントになります。

相手をどう崩すのかを考えた時、相手CBの高さに・強さを考えると、サイドからの単純なクロスは跳ね返される可能性が高いのは言うまでもありません。伊東・藤本がフォローするとはいえ本田のワンボランチですし、バイタルエリア付近で基点を作り、サイドの裏を突いてからマイナスに折り返してミドルを狙ったり、平山のポストプレーからの二列目の飛び出しというようにうまく縦の揺さぶりを使っていきたいですね。相手の守備には不安が少ないだけに、先手先手を取るような展開を心がけたいところです。
スポンサーサイト
2008.03.19 22:46 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/566-50cdf42b

| ホーム |