yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
特にコメントしませんでしたが、代表戦・五輪代表戦はいちおう観てました。代表の方は3バックをベースとした戦い方も微妙ですが、岩政のようなCBは必要でしょう。今野に期待するのはああいう役割じゃないような気がします。五輪代表は選手個々ではいい動きもありましたが、そろそろチームとしての軸・骨格を作らないといけない時期。大丈夫なのかなという不安は感じました。


さて日曜は京都戦。ここまで石川に続いて、エメルソン・梶山と中盤に負傷者が続いていて今野・羽生が代表、長友が五輪代表から復帰したばかり。徳永は負傷したものの間に合いそうですね。連戦を考えると梶山は無理させるべきではありませんし、練習でも試されていた長友・金沢いずれかの中盤起用が濃厚といえそうです。赤嶺・カボレを中心とした4-4-2がベースとなるでしょうか。予想スタメンはこんな感じです。

GK塩田
DF徳永(小山)、吉本、茂庭、長友(金沢)
MF金沢(長友)、今野、大竹、羽生
FW赤嶺、カボレ

そういえば羽生に第一子(長女)が誕生したとか。ここはひとつゴールを決めてゆりかごダンスでアピールしたいところですね。


対する京都はリーグ戦では名古屋(A△1-1)・大宮(H○2-0)相手に1勝1分、ナビスコ杯でも名古屋(○1-0)・浦和(△3-3)相手に1勝1分。柳沢・佐藤・シジクレイらの補強選手によりセンターラインが安定し、柳沢・田原・中山・徳重らを前線に起用。劣勢にあっても後半的確な修正を行って、ここまで今季負け無しで来ています。五輪代表の中山はメンバー外のようですが、負傷していたパウリーニョも復帰しそうですね。予想スタメンはこんな感じでしょうか。

GK平井
DF角田(平島)、増嶋、手島、渡邊
MFシジクレイ、アタリバ(石井)、佐藤、徳重
FW柳沢、田原(パウリーニョ)

基本は4バックを基調とした布陣。高さのあるシジクレイを最終ラインの前に置いて高いラインを維持し、前線の守備から中盤えボールを奪い返して、ショートカウンターを狙ってきます。柳沢の巧みなポストプレーや、田原の高さを基点に、徳重や徳重、さらには佐藤が絡んでくる攻めには厚みがあります。また左SB渡邊の攻撃参加も貴重なアクセントとなっているようです。増嶋は浦和戦でロングスローをゴール前に入れて得点に絡んでいましたね。

東京としてはまず前線・中盤でしっかりと守備をしてパスコースを限定し、京都の前線にいいボールを入れさせないことでしょう。京都の攻撃に厚みが出てくるのは、前線にボールが収まって、それに周囲が絡んだとき。前線の基点をしっかりと潰して、セカンドボールをきちんと拾っていけば脅威は半減するはず。ボールを奪われた時の攻守の切り替えもひとつのポイントですが、最終ラインは中途半端なプレー、不用意なプレーをできるだけ減らして、失点に繋がるようなリスクを排除したいですね。

攻撃面では中盤のパス回しを容易にするためにも、京都のコンパクトなラインをいかに間延びさせるかが最初に考えるべきこと。そういう意味では東京が練習しているFWが裏を狙う動きは現実的な手段。また左SB渡邊は攻撃力はあるものの、やや守備は苦手な印象。そこは攻撃力を消す意味でもどんどん仕掛けるべきですし、また相手のCBの強さ・スピードを考えれば、カボレにどんどん勝負させても面白いと思います。お互いCBがどれだけ踏ん張れるかが勝敗の分かれ目ではないでしょうか。
スポンサーサイト
2008.03.29 20:54 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/572-85106208

| ホーム |