yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
東京の特別強化指定選手として東京学芸大のDF高橋秀人選手が承認されましたね。

高橋秀人選手(東京学芸大学)「JFA・Jリーグ特別指定選手」承認のお知らせ(オフィシャル)
選手紹介(オフィシャル)

□高橋 秀人(たかはし ひでと)選手
【ポジション】DF
【 生年月日 】1987年10月17日(20歳)
【出   身】群馬県
【身長/体重】182cm/74kg
【血 液 型】O型   
【背 番 号】36
【経   歴】
[2006年 群馬県立前橋商業高等学校卒業 ⇒ 現在、東京学芸大学3年在学中]
◇アピールポイント
『的確なコーチングでディフェンスラインを統率し、1対1の強さをもつセンターバック』
(オフィシャルより)

東京学芸大3年次ということはあと一年残ってるんですね(ま、うちには伊野波とか長友みたいな例もありますが・・・え?)。残念ながら今まで実際のプレーは見たことないんですが、どうしても層の薄さが懸念されるDFだけに、やはりどんなプレーをするのか、個人的には期待してしまうというか、気になってしまう存在です。ご存知の方いらっしゃいましたら是非教えて下さい。

群馬・前橋商出身ということで、同郷出身の相方も非常に注目しています(笑) どれくらいの期間活動できるのかは東京のオフィシャルやJFAにも明記していないんですが、やはり数ヶ月といったところでしょうか。今の東京ならチームに溶け込んでうまくアピールできれば、出場のチャンスもあるかもしれません。一度どこかの試合でそのプレーが見てみたいですね。


参考までに特別強化選手のことを補足すると、98年に優秀な選手の強化を目的として、高校生を対象に「強化指定選手」という名称でスタート。03年の制度改革を受けて「特別指定選手」と名称変更され大学にも門戸解放、期間も年間から4ヶ月、翌04年から1ヶ月単位での申請が可能になりました。当初の対象はサッカー協会の推薦者のみでしたが、現在はJリーグクラブからの申請が可能になっています。

【参考】過去の東京が受け入れた強化指定選手
2000年
本橋卓巳(当時市立船橋→横浜 現山形)
田中達也(当時帝京高校→浦和)

2001年
青木良太(当時市立船橋→G大阪 現千葉)
千野俊樹(当時韮崎高校→甲府 現TDK)

2002年
青木良太(当時市立船橋→G大阪 現千葉)

2003年
徳永悠平(当時早大→06年東京に加入)
岩政大樹(当時東学大→鹿島)
※この年塩田(当時流経大→04年加入)は横浜の強化指定選手

2004年
徳永悠平(当時早大→06年東京に加入)
栗澤僚一(当時流経大→05年東京に加入)

2005年
阿部伸行(当時流経大→07年東京に加入)
池上礼一(当時仙台大→06年東京に加入)
赤嶺真吾(当時駒沢大→06年東京に加入)

2007年
長友佑都(当時明大→08年に東京に加入)


当時を知りませんが、田中達也もうちの強化指定だったんですね・・・。
高校生が中心だった02年以前の加入はありませんでしたが、03年の大学生への門戸解放後は岩政以外は全員東京に加入しています(当時は茂庭・ジャーンの全盛期だったんですよね・・・)。ま、本来は選手を強化するための制度ですが、チームにしても選手にしても実際にお互いを知ることのできるいい機会。そういう形でこの制度をうまく活用することも、選手がより活きる環境を考える上では大切なことではないでしょうか。

スポンサーサイト
2008.07.24 23:58 | FC東京 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/647-29176126

| ホーム |