yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今回は掲示板にていぬさんから「3バックと4バックにおける攻撃の理想像の違いについて」ということについて質問を受けたので、それについて自分なりの見解について書いてみようと思います。少し遠回りしてるかもしれませんが、結果的にその疑問に到達するために必要なことだと思うのでご了承ください。

3バックか4バックかはさておき、攻撃の理想をいうならボールをポゼッションして相手を押し込み、数多くチャンスをつくってその中でゴールを奪うということになると思います。結果的にそうする事で相手にプレッシャーを与え続けると同時に守備の負担を軽くもできるので、まさに一石二鳥の戦略ですし、日本人が目指す戦略だとは思っています。

さて、そうするために必要な事を考えるとまず、ボールをキープし続けることは言うまでもありませんが、ボールをキープし続けるだけではチャンスは訪れません。そこで突破を図るために数的優位を作るわけです。ここで突破力に優れた選手がいれば特に数的優位を作り出す必要もないのですが、標準的な日本人選手では相手の数的優位を突破する技術を持つ選手は少ないので、一つの突破口に対して複数の選手が絡み、突破を図ります。そのためには運動量が必要になりますし、ある選手がポジションを離れることでスペースができてしまいます。

そういう試みがうまくいかないでカウンターを食らうと致命的なピンチを迎えるわけです。攻撃どころではありません。そうならないためにもラインを押し上げ、攻守に数的優位を作り出すことで徐々に相手を押し込んでいって相手の前線の人数を減らし、クリアボールにも数的優位によるボールキープ率を高め、波状攻撃を仕掛ける。こうする事で相手は疲弊し、いつかは決定的なチャンスを得る。この前の市原の戦い方はまさにそういう形で東京を苦しめました。そういう意味でこの前の市原は私個人が考える上で理想的な攻め方をしていたといえます。

ただ、それが3バックだったからなのか、というと決してそんな事はないと思います。数的優位を作り出す事が重要なわけであって、それを作り出す方法は必ずしも一つではないからです。結果的に日本では3バックのチームが上位に位置している事が多いためにそのような印象もありますが、そもそも日本ではここ数年の傾向として代表の影響からか、3バックが異常に流行したことは見逃してはならない事実だとと思いますし、それによるサンプル数の多い、少ないというあくまで日本国内における確率的なものと考えた方がいいのではないでしょうか。

では実際に4バックと3バックを考えて何が違うのかということを考えると端的に言ってしまえばサイドを厚くするか、中央を厚くするかの違いに他なりません。サイドバックを置く事で両サイドで二枚が攻守に動く事になり、サイドで数的優位を作りやすくなる反面、中央はセンターバック、中盤ともに二枚ずつになり、カバーリングが前提としてあるものの、個々の能力が問われる部分は3バックの時よりも必然的に多くなります。

そういう意味で日本では圧倒的身体能力をもった選手が少ないためにカバーリングの意識が強く、3バックの流れが主流になったのはある意味必然的な流れだったのかもしれません。その流れから人数をかけるポイントは実は中央から崩すパターンが多く、サイド攻撃は必然的に二次的なものになっていったんじゃないでしょうか。日本では4バック自体が少なくなって、サイドの枚数が少なくても、プレスが効きさえすれば十分に対応が可能だったでしょうし。

ただ、実際に世界的な標準でみれば4バックを敷く国、チームの方が圧倒的に多いわけで。二枚でサイドを崩す、そして突出したサイドアタッカーを擁した世界のチームに日本は何度も苦しめられました。それはJリーグでは本格的なサイド攻撃が決して主流ではなく、中盤で互角以上に持ち込まれた場合のサイド攻撃に対する対応に十分に慣れていなかった事も決して無関係ではないでしょう。世界的な流れからするとサイド二枚、あるいは突出したサイドアタッカーがサイドを崩す流れが主流で、中央はフィジカルの強い屈強な選手で固めている事が多いのが実情。その中で日本がどういう方向性を模索すべきなのかは非常に大切な事といえるでしょう。

現在の日本を語る上で日本がここしばらくの間、3バックが全盛だった事は非常に重要なファクターといえます。3バックに慣れた事で一対一で勝負できるCBやサイドアタッカー、特にサイドバックの育成がなおざりにされていたのは紛れもない事実です。ウイングバックとサイドバックは一見兼ねられるような印象もありますが、その動きは似て非なるものです。特にサイドバックはサイド攻撃に厚みを持たせるために攻撃参加を求められる反面、守備では数的不利を作らないためにCBをカバーリングする動きも求められます。近年では東京の浅利や、横浜の那須などのようにボランチが守備的にスペースをフォローするケースもありますが、それでも逆サイドのスペースをSBが埋める事は今でも変わりがありません。

日本では注目されることが少ないですが、中盤に突出したサイドアタッカーを持たない限り、4バックにおけるサイドバックは攻守におけるキープレーヤーの一人になる可能性が高いわけです。しかし、本来ならその専門性の高さゆえに実際に4バックでプレーし、経験を積んだ選手を起用したいところなのですが、日本では一貫して4バックを敷いてきたチームは鹿島や、東京を含めごくわずか。3バックが土壌にある日本で今後も4バックを継続的に実践しうるサイドバックの絶対数が少ない事は、長期的な視野でならともかく、ドイツW杯というそう遠くない先を目指すジーコにとって4バックが果たしてベストな選択なのかどうか。それはもちろん東京の両サイドバックがさらに安定感を増せば問題ない話なんですけれどね。

さて本題にも戻ると3バックと4バックにおける攻撃の理想像の違いという意味では中央に人数を掛けやすいかサイドに人数を掛けやすいかの違いしかありません。市原は中央が厚い布陣ではありますが、崔龍洙やサンドロ、羽生だけでなく、ボランチもサイドに流れて巧みに数的優位を作り出していました。中央が厚い事の多い布陣でもサイドに流れる事で中央にスペースを作りやすくなりますし、東京のようにサイドに厚い布陣でもその人数をかけたサイド攻撃から中央のスペースに二列目やボランチなどの縦への動きを引き出して行くという意味では意図はそんなに変わりません。いかに重要なポイントで人数をかけられるか、必要な動きができるか、という次元の話であって、それは3バックだから、4バックだからという次元の話ではないと思います。

結果的にポジションを守っているだけでは数的優位を作り出す事はできませんし、有機的な連携にも繋がっていきません。そしてスペースを作り出す動きに連動してうまくスペースに入り込めば決定的なチャンスを作り出せます。当然の事ながら前線に人数をかけてこないチームは数的優位を作り出す事は難しいために、よほど突出した力を持った選手がいない限り局面を打開する事ができません。現在の日本ではいかに数的優位を作り出す動きができるかがポイントといえるのではないでしょうか。

ただ、そのためには前線でボールキープができることが絶対条件になりますし、逆に言えば前線でボールキープができないと最終ラインや全体のラインをを押し上げる事もできず、数的優位は必然的に作りにくくなります。なのでボールポゼッションサッカーを行うためには前線にボールキープができる選手がいることが不可欠です。

トルシエの3バックやジーコの4バックのように固執するケースもありますが、彼らのようなケースもあるというだけの話、監督が選手の適正をみて3バックか4バックにするのかを決めているケースも多いのではないでしょうか。いぬさんの話に出てきた西野監督、ベルデニック監督、オシム監督も適当な選手がいないので3バックにしている、と何かのアンケートとかインタビューに答えているのを何かで読んだ記憶がありますよ。

話が長くなりましたが、個人的な結論をいうなら4バック、3バックというのはあくまで選手の適正を見て決めるものであって、その優位性というものは必ずあるわけではないと思っています。ただ、日本代表に限っていうなら今までの現状や、CBとサイドバックの人材を見る限り、3バックの方が無理がないのかな、とは思いますね。サイドに不安があるのなら3-3-3-1という布陣でサイドとのバランスを取るのも一つの方法だと思います。どちらにしろ、黄金の中盤を全員使うのは現実的とは思えません。縦に早い選手を使ってもう少し攻撃のスピードをあげる必要があるんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト
2003.06.03 23:20 | 戦術系コラム | トラックバック(0) | コメント(1) |

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013.10.15 18:40  | # [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/651-3dbc69f1

| ホーム |