yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
何も書く事がないのでとりあえず掲示板でスネークスさんから要望のあったシステムについて。というと話題が漠然としているのでとりあえず今回は4バックと3バックのサイドアタックの違いとサイドアタックについて考えてみたいと思います。

以前書いたように4バックと3バックの違いは大きなくくりで言ってしまえば「サイドを厚くする」か「中央を厚くするか」という違いだと言えます。3バックが3人がほぼ中央で守るのに対して、4バックの場合はカバーリングがあるとはいえ、基本的に2枚で守ることになります。なので4バックで守るためにはある程度人に強い、あるいは守備能力の高いCBの配置は不可欠ですが、逆の見方をすればここを2枚で守ることができれば必然的に他の場所に、つまりサイドに人数をかけることができるようになるわけです(このあたりについては「日本のサッカー戦術を考察する」に過去に書いたものがあるのでそちらをご参照下さい)。

4バックの場合は大抵の場合サイドが二枚になるケースがほとんどです。攻撃面においてサイドバックが二列目をフォローする、追い越していくなどの様々なケースが見られますが、二列目がよほど強力なオフェンス力を持っているか、やや特殊な攻め方をしていない限り、サイドバックが何らかの形で縦の関係として関わる方が多いのではないでしょうか。そういう点から見ると4バックにおけるサイドバックというのはサイドで決定的な形を作らせないだけの一対一の守備力はもとより、機を見て各所のカバーリングや攻撃に参加するための判断力や決断力、ある程度のスピードと突破力、何度も上下動するだけの運動量や、正確なクロスをあげるだけの技術など、本来必要とされる能力は決して少なくありません。

そして4バックのサイドバックが上がるためには(これは3バックのサイドにも言えることなのですが)基本的に中盤において自らのチームが優勢であることが前提となります。というのは中盤が劣勢な状態でサイドバックが上がるとその背後に広大なスペースができてしまい、その状態でボールを奪われると裏を突かれて危険な状態に陥りかねないからです。ただ、中盤のサイドの選手という点で見ると、4バックによるサイドは後ろにサイドバックがいるという点で3バックのサイドよりも守備の負担が少なく、展開次第では中盤やFWとのコンビネーションでもサイド攻撃が仕掛けられることから、基本的に3バックの時よりもサイド攻撃が仕掛けやすいという見方もできると思いますね。

では3バックのサイドはどうなのかというと、サイド全体のバランスから考えれば通常のオリジナルポジションは4バック時のサイドよりはやや位置取りが低いケースが多いわけですが、かといってそれはサイドバックの役割を兼ねるということとは同義ではありません。むしろある程度中央の3枚を中心とした守りで跳ね返すというのが基本的なコンセプトといえるのではないでしょうか。つまり基本的に中央をしっかり固めていくという考え方であり、基本的にサイド一枚の状態から攻めようとするならばサイドに突破力のある選手を配置するか、中盤のボランチやトップ下といった中央の選手との連携やFWとの絡みを考えていかないと深く侵入していくのはなかなか難しくなってくるわけです。

ここでなぜサイド攻撃を行うのか、サイドをえぐるような動きを考えるのかという基本的な疑問が出てきます。サイド攻撃を行う理由はサイドを突破する事で中央を固める相手を引き出すことが出来る点で利点があることは何となくイメージで分るのではないかと思います。ではなぜサイドの選手がえぐる動きを考えるのか。これはまず深く攻め入らずアーリークロスを入れた場合の事を考えると、アーリークロスというのは逆襲など相手選手が戻っている状態でスピードがあって点で合わせるのが得意な選手がいる場合などに有効なクロスといえますが、サイドが進出した位置が低いと必然的にクロスの角度は厳しいものが多くなり、合わせる選手にとっては後背に近い角度から来るクロスになることが多くなります。当然の事ながら求められる技術も高いものを要求されることになるわけです。逆に言えば相手が構えた状態でアーリークロスを入れても、DFにとってはFWを視野に入れながらボールに対応できるわけですから守りやすくなりますし、逆にFWにとっては角度が厳しいとなると高さがあるとか、身体能力が高いとか、ポジショニングがいいとかよほどDFに対して優位を保てない限りFWは苦しい勝負を挑む事になってしまうわけです。

しかし、サイドをえぐる動きをするとそれとはまた違った状況が生まれてきます。というのはより深く侵入する事で相手のDFはニアのコースを切りに来ざるをえないわけですが、そうすることでマンマークであればその動いた場所にスペースが生まれ、ゾーンであってもその動きの中でDFライン全体がが横に移動する際にうまく移動できなければスペースが生まれますし、少なくともそのサイドにずれることで逆サイドにスペースができてきます。また、一瞬サイドを気にかけることで角度的にボールとともに視野に入れていたマークの選手に死角に入られ見失ってしまうこともあるでしょう。またサイドの選手がエンドライン際まで進出すれば中に入れるボールが前方へのボールでないことからオフサイドになるケースは少なく、DFとGKの間にボールを入れるとDFが戻りながら対応しなければならないことからクリアするのが非常に難しくなります。ようするに一言で言ってしまえばサイドを深く突く事で隙を突くだけのスペース、チャンスが中央に生まれやすいということですね。

なぜFWがサイドに流れてしまうとダメだと言われるのかと言えば、サイドを突いても肝心の中央に選手がいないことが少なくないないからだと思うんですね。逆サイドや二列目からスペースに飛び込む動きがあったり、エメルソンのような驚異的な突破力とシュート精度を誇る選手がいればその限りではないのかもしれませんが、今の日本人にはそういう選手は少ないですからね。今後エリア内で勝負できるFW、サイドをえぐれるだけの人材、つまり中盤の司令塔以外の人材が今後どれだけ育つかというのは重要なことのような気がします。それはCBやサイドバックにも言える事なんですけどね。
スポンサーサイト
2003.10.28 23:29 | 戦術系コラム | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/654-8571e84b

| ホーム |