yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
さて、昨日は現状に則した日本の守備について考えてみましたが、では何で引いた守備ではいけないのか。それは守備から攻撃の切り替えを早くするために必要な事なんですね。日本の攻撃は少し縦への攻めの意識を持ってしてもいいと感じています。

この前の韓国戦の小笠原はそういう意味ではいい動きをしてたと思います。FWへを楔のパスを打ち込む事で二列目もボールを受けやすくなるし、サイドへも展開しやすくなります。日本はFWやサイド一本パスを出してそこの選手が何とかするってチームではないので、一つアクセントが必要になるわけです。あとポイントなのはサイドバックがスムーズに上がるためにも二列目の動きが重要になってきます。

日本で4-4-2をやろうと思ったら、ジーコの好み的に司令塔を二枚並べたり、片方にドリブラーを起用することはあっても、純粋なサイドアタッカーが起用される可能性は低いと感じています。あれだけ司令塔タイプの選手が目白押しだったら使わない手はないはずですしね。だからサイドバックにサイド攻撃の役目が託されることになったわけで。例えば4-5-1なら現在、3-5-2の各チームのサイドアタッカーも望みがあると思うわけなんですが、この前のウルグアイ戦前の紅白戦で最終ライン、ボランチが1トップだとボールを当てにくいと言ってた事などから考えると、その可能性は低いんじゃないかと感じています。

サイドアタッカー起用の可能性はまたの機会に考えるとして、日本の攻撃をスムーズに進めるためにFWは、少なくともどちらか一人は一度ポストに入って、ゴールに向かって動き出すことが必要になってきます。日本人のポストプレーは高さを活かすというよりポジショニングのうまさで行うものが多いんですね。しかしやっぱりそのプレーを行う位置がゴールに近ければ近いほど、ボールを受ける二列目の位置も必然的にゴールに近くなることには変わりありません。今回は山下が小笠原との連携で少し可能性を見せてくれましたが、後半はなかなか前線に基点が作れなくて全体を押し上げるところまでいけませんでした。やっぱりボールポゼッションサッカーをするためには全体を押し上げるための起点が必要だってことなんでしょう。

ジーコが指揮を執り続ける限り、おそらく4-4-2、特に4バックの布陣は変わらないと思いますね。それが彼、というかブラジルのスタイルだから。ただ、現時点で優秀なサイドバックが少ないのは事実だけれど、今後優れたサイドバックが現れないとも限らないから一概に現状だけを見て、現在の布陣がダメだといっては早計なんだと思いますね。大切なのは日本らしい攻撃、守備の形を作る事なんじゃないかと。ややサイドをどうするのかな?というのはありますが、まずはトップにボールを当てたリターンを二列目が受けて形を作ることでサイドバックや三列目など全体の押上げができてくると思います。非常にオーソドックスなことではあるけど、日本はまずそこから攻撃の形を作って行く事を大切にしたほうがいいんじゃないかと感じています。それが日本が誇る二列目を最大限に活かす道でしょう。

5月末からの東アジア選手権。海外組がいないからパワーダウンした、なんて言わせないような試合を見せて欲しいものです。今回の山下もそうだけど国内組でも久保、黒部、柳沢といったポストプレーを得意とする選手の復帰を期待したいところです。

スポンサーサイト
2003.04.19 23:55 | 戦術系コラム | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/660-4ee4dec4

| ホーム |