yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
日韓オールスターはTV観戦で観てました。
オールスターというよりは、外国人枠有の日韓戦という感じで、その開催意義という意味では一考の余地があるのかもしれませんが、試合として観る分にはなかなか面白かったんじゃないかと。しかし試合の方は序盤は小笠原・中村らを基点にボールを動かすJリーグ選抜が結構攻めていたものの、なかなか得点に繋がらない展開。

すると前半の終盤にFKのこぼれ球を蹴りこまれて失点。後半開始直後に山瀬が自ら得たPKを外すと、CKで中澤が選手を引っ張ってPKを与え2失点目。さらにはカウンターから数的不利を作られて3失点目。小笠原のFKから闘莉王1点を返すものの、途中出場で目を引いたのは金崎の積極的な仕掛けくらい。決め手を欠いたままのJリーグ選抜はそのまま敗北。山瀬・中澤の横浜勢にとってはちょっと厳しい試合となってしまいました。

マスコットの総集合は気になるものの、個人的には花試合的なオールスターなら、無理してまでやらなくていいと思っている派です。その点今回の試みは面白かったとは思いますが、特定の選手に負荷が掛かる状況は変わりませんし、この時期の試合にKリーグ選抜ほどのモチベーションを持てるのかはちょっと微妙。さらに来年は韓国でやるとなると、多くのJサポ的にも今回ほど興味を持てるかどうかは怪しいところな気がしますね。


また今野は終盤に右SBとして駒野に代わって数分出場。起用されるボランチを見れば、ゲームを組み立てる意識に乏しく、一時期のように守りから思い切った攻め上がりもない、やや中途半端にも思える今の今野がボランチで起用されるのは、なかなか難しいことなのかもしれません。今の代表では守備のユーティリティとして指揮官に評価されていますが、五輪世代のSBが台頭しつつある今、その地位は決して安泰とは言えないでしょう。

そんな今の今野が置かれた立場を考えた時、以前のようなプレーを取り戻すだけで十分とは言えません。確かにゲームメイクを身につけることは難しくても、チャレンジする意識を持つことで変わる部分もあるでしょう。サイドを攻め上がるだけでなく、ブルーノのようにバイタルエリアに侵入してゴールを狙う意識、あるいは浅利のようにアンカーとしてのタスクを確実にこなすことも必要になってくるのではないでしょうか。

今野と梶山でボランチを組ませた時、今は梶山がアンカー役を託されていますが、本当はお互いが役割を補完できるようにならないと、一方に大きな負担が掛かります。現状では梶山の攻撃力を十分に発揮できているとは言い難い状況です。そういう意味で東京の閉塞感を打破できるのは今野しかいないと感じていますが、今野にそういう気概・危機感があるかどうか。今野にとっても大きなターニングポイントだと思うんですが、どうなんでしょうか。
スポンサーサイト
2008.08.02 23:50 | FC東京 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/674-2d187331

| ホーム |