yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
日本代表2-4アメリカ代表 
【得点】
日本:'16大野、'89荒川
アメリカ:'41、'80ハクルズ、'44チャルプニー、'70オーライリー
※日本は3位決定戦へ

予選で一度敗れているアメリカ代表との再戦。
16分に先制したところまでは良かったんですが、サイドから崩してきたアメリカ代表の攻勢を支えきれず、40分・44分と失点し前半で逆転されてしまったのは痛かったですね。そこまでなでしこらしい戦いは出来ていたと思うんですが、粘り強い相手の攻めにだんだん余裕がなくなってしまい、最後は力で押し切られたという印象。やはりこの辺がターニングポイントで、優勝経験のあるアメリカ代表はチャンスを逃しませんでした。

前半のうちに逆転されてしまったたショックもあったのか、後半は繋ぎ切れずに中盤でボールを失う場面が増え、相手のカウンターに脅かされる我慢の時間帯。そこで70分、80分と失点し試合の大勢は決してしまいました。なでしこは澤がボールを展開していた前半は、それがいいアクセントとなっていい攻めの形を作っていたのですが、なでしこの得点後辺りから厳しいマークで澤がなかなかボールに触れなくなったことが、攻めの幅に少なからず影響していたでしょうか。

地力の差がある相手に、攻撃の基点を押さえられてがっぷり四つに組まれると、苦しい試合になるのは仕方ない部分もありました。今回決勝トーナメントに残った8チームは、巧さのあるブラジルを除けば、ドイツ、ノルウェー、スウェーデン、中国、アメリカ、カナダと、フィジカルに優れたチーム。フィジカルだけの相手なら日本の良さを出すことで互角に戦うこともできるのでしょうが、巧さも兼ね備えたチーム相手とどう戦うのかは今後の課題。3位決定戦の相手ドイツも簡単な相手ではありませんが、これまでいい戦いをしてきたただけに、メダルに繋げて形に残したいですね。
スポンサーサイト
2008.08.19 00:24 | 戦評・日本代表 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/686-58e437df

| ホーム |