yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先週末の試合は残念な結果に終りましたが、終った試合の結果は覆らないわけで、この辺の気持ちの切り替えが必要なんではないかと。サッカーはいい流れの時間帯を作れば必ず勝てるというわけでもなく、負けたからといって内容が壊滅的だとは限りません。雨の中ボールの繋がりは格段に良くなっていましたし、そんな中で今野もいい感じで絡む時間もあり、茂庭の復調も感じられて、悪い要素ばかりでもありませんでした。

継続的なコンセプトで強化しているチームも多い中で、今季の東京は城福新監督の下、外国籍選手が全て変わり、選手も少なくない入れ替わりがあった中でチーム作りを始めました。まず選手の特性を見極めていちからベースを作り、それを熟成させていくのは、代表召集や負傷による離脱も考えると非常に困難な作業です。そんな状況下でチーム作りにこだわりをもって行っているかはチームを見ればだいたい分かります。

今年の東京は、良くも悪くも城福監督のこだわりが十分に感じられるチーム。試合の采配において、やや決断が遅く、思い切りの良さに欠ける時もありますが、城福監督がJリーグ監督一年目であることを思えば、その辺の経験不足はもう少し長い目で見てもいいレベル。理想に燃えながら、相手チーム分析してその特徴を消せるだけの現実性もあり、案外計算できる選手が少ない今の東京で、波の少ない戦い方ができているのは、もっと評価されていいと感じています。

東京は監督も選手もまだまだ発展途上のチーム。今は結果が出ているとは言い難い状況ですが、やりたいサッカーができている時間帯もあるわけですし、そう悲観したものでもないというのが正直な実感です。残り1/3でどういう結果を積み上げていくかで今年の評価が決まると思いますが、チームがいい状態で戦えるよう、各々が今出来ることをしっかりやるだけでなく、チームとサポーターが同じ方向を向いて、一体感を持って戦うとこともまた、大切なことではないでしょうか。


馬場の山形移籍にも驚きましたが、池上の草津への期限付き移籍、栗澤の柏への期限付き移籍、鈴木達の柏からの期限付き移籍と、次々と発表されましたね。馬場は・・・複雑ですがコメントが難しいのでノーコメント。池上・栗澤は環境を変えて頑張って欲しい。期限付き移籍で加入した鈴木達は豊富な運動量とスピードのあるサイドアタッカーという印象。今季は太田の存在もあって出場機会は限られていたようですが、だからこそ新しい環境でやってくれるんじゃないかと結構期待しています。木曜の試合にはベンチ入りするんでしょうか(笑)
スポンサーサイト
2008.08.26 21:27 | FC東京 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/692-7bdb7590

| ホーム |