yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
明日は柏戦です。平日木曜の柏ということで観に行くには厳しく、またTV放送の方もch.182での放送と、当日の放送を観るのも難しい状況。以前から平日夜の試合はパーフェクトチョイスだとアウト。当日のうちに観れないというのは残念な話です。いっそのこと来季からJ-comからスカパー光(+J1ライブ)辺りに変えるべきなんでしょうか。やや割高なのが気になるところですが、今ちょっとだけ考えています。

東京はリーグ戦再開後1勝2分2敗と厳しい状況が続いていますが、2連敗があったとはいえ、一時期よりはチーム状態は良くなってきているように思います。状況としては負傷中のブルーノ・近藤はもう少し時間が掛かりそうで、徳永も同様に欠場が濃厚です。今回は藤山を左SBに置き、それ以外はこの前の東京V戦と同様のメンバー・布陣で臨む事になりそうですね。予想スタメンとしてはこんな感じでしょうか。

GK塩田
DF長友、佐原、茂庭、藤山
MF今野、梶山、羽生、エメルソン
FWカボレ、赤嶺

この前サイドに張ることが多かったカボレは、結構彼らしさが出ていたかと思います。この辺りで一度ブレイクしてきっかけをつかみたいところ。


対する柏も最近5試合で3分2敗と、いまいち波に乗り切れないという意味では東京と似たような状況。点は取れている一方で、安定感があった印象の守備陣が立ち上がりとかCKとかやや集中し切れていない場面があるようです。チーム編成としては、攻撃の基点となるアレックスが前節退場で出場停止。予想スタメンはこんな感じでしょうか。

GK菅野
DF蔵川、古賀、小林、石川(大谷)
MF鎌田、大谷(永井)、太田、菅沼、李(ポポ)
FWフランサ

古賀を中心とする4バックをベースに、太田・菅沼の両サイドアタッカーを置き、前線にフランサを置く形が基本形でしょう。左SBや鎌田と組むボランチ、二列目やフランサと組む相方辺りはやや流動的のようですね。前線にフランサというファンタジスタを抱える矛盾は抱えつつも、その豊富な運動量をベースとしたプレッシングとカウンターは脅威で、特に右サイド太田の突破力、中に入ってくる左サイド菅沼の決定力は要注意です。

一番怖いのは自陣に近いところでパスミスを奪われたり、人数を掛けて攻めながらシュートまで持っていけずにカウンターを食らった時。茂庭が復調しつつある今、中盤からしっかりとフィルタが掛かっていれば、そうそう崩されることはなくなりつつありますが、カウンターからフランサに余裕を持って前を向かれたら厳しい。中盤では確実にしっかり繋ぎ、人数を掛けた攻めは攻めきること。あとはカウンター対策としてフランサのポジショニングに気を配ることと、両サイドの動きを抑えておくことでしょう。

逆に言えば柏も前からのプレッシングが効いている時の守備は安定感があります。おそらく一番のチャンスとなりえるのは実は相手のセットプレーの時。相手守備陣の要古賀も上がっていますし、抜け目ないエメルソンを基点にカウンターを仕掛ければ、カボレの良さも活きてくるはず。セットプレーが十分な武器になっていない現状では、それがもっとも確率の高い得点チャンス。どちらが先に点を取るかは大きなターニングポイントになりそうな気はするだけに、チャンスは確実にものにしたいところ。

先制後は、何となく勢いで追加点を奪いに行くのではなく、しっかりと意識してその勢いを守備から入ることに繋げ、その逆襲からムービングやカウンターを繰り出して攻め切れば、柏も攻め手がかなり減るはずですし、相手にも脅威となるはずです。リードをうまく活かしきれていない、その辺の戦い方の不徹底は、試合を決めきれない要因のひとつ。こういう部分は2点目を取れない現状の解消にも繋がるはずです。最近は柏に勝てていませんが、それも戦い方次第。今はネガティブになるほどチーム状態は悪くありませんし、勝っていい流れを作っていきたいですね。

スポンサーサイト
2008.08.27 23:08 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/693-e990a79d

| ホーム |