yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今現在、雨が降り続いていますが、現時点ではこの雨は深夜がピークで、明日の朝には台風13号も抜けるとか。うまくいけば台風一過ということで、あるいは試合開始頃にはいい天気になってたりすることもあるんでしょうか。かなり前からチケットは買っているので、試合中止にでもならない限り行くつもりではいますが、できたら試合観るのにあまり支障ない天気に落ち着くといいな・・・というのが今の心境です。

さて東京は柏・大宮に連勝、6位まで順位を上げてきました。次節川崎戦では出場停止明けの佐原が復帰しますが、前節大宮戦で警告を受けた羽生が出場停止。またカボレは膝の状態が思わしくないためフル出場は難しく、また負傷から復帰したブルーノも川崎戦でのベンチ入りは難しそう。石川起用でなく、浅利をアンカーに置いて今野・梶山との3ボランチ気味の守備的な布陣になるかもしれませんね。予想スタメンはこんな感じです。

GK塩田
DF徳永、佐原、茂庭、長友
MF浅利、今野、梶山、エメルソン
FWカボレ、赤嶺

大竹・石川・鈴木達といった交代の切り札はあるだけに、この試合の入り方によって前半をどんなスコアで終えられるかは、この試合を考える上でひとつのポイントになりそうです。


対する川崎は17節からの8試合を5勝3分と勝点を積み上げ、一気に5位まで順位を上げてきています。リーグ2位の42得点を挙げている攻撃陣は好調。最近は長年続けてきた3バックを4バックに変更して4-3-3気味の布陣とし、不安を抱えていた守備も随分改善が見られたようです。それでいて川崎の得意とするカウンターの脅威は相変わらず。対戦相手にしてみれば大きな脅威といえそうです。予想スタメンはこんな感じでしょうか。

GK川島
DF村上、井川、伊藤、山岸
MF中村、谷口、ヴィトール・ジュニオール
FW黒津、ジュニーニョ、チョンテセ

基本布陣は4-3-3。井川・伊藤をCB、村上・山岸をSBに置いた4バックで、中村・谷口のボランチコンビ、トップ下のヴィトール・ジュニオールの前にトップのチョンテセ、ジュニーニョ・黒津の両ウイングを置いた布陣。的確なゲームの組み立てを見せる中村を基点に、アタッカー陣はいずれも単独で局面を打開できる力を持ち、スピードに乗ったカウンターは後手に回ると厳しいものがありますね。中村のミドルや嫌なところに顔を出してくる谷口が後ろに控え、あるいは途中出場でもレナチーニョや我那覇といった選手はスタメンと遜色ない力を持っており、その分厚い攻めにはまさにリーグ屈指といえます。

川崎を相手にした時、怖いのは広大なスペースを与えてしまうこと。攻勢に出た時に攻め切る事は大切ですが、カウンターを食らったら簡単に相手のシュートレンジまで持っていかせないよう、攻めを遅らせるだけでなく、できるだけ外に押し出して孤立させ、確実に攻撃の芽を潰したいところ。フリーマンのヴィトール・ジュニオールを絡ませないことです。攻めに時間が掛かるとバイタルエリアに中村・谷口のボランチが侵入してきます。サイドの選手やFWだけでなく、二列目以降の飛び出しもきちんと捕まえたいところです。精度の高いキッカーもおり、谷口のようなフィニッシャーもいるだけに、セットプレーの機会もできるだけ減らしたいですね。

川崎は攻撃陣にばかり目が行きがちですが、前線・中盤が豊富な運動量を活かしたチェック、最終ラインの厳しいアプローチのある守備も侮れません。的確な展開力とスペースを突く長いドリブルでボールを前に運ぶ力がある川崎は、守備が攻守の好循環を生み出す大きなポイント。最近の好調は守備の建て直しによるものでしょう。ただ4バックの経験が浅いせいか、CBとSBの距離感が微妙で、後列から飛び出してくる相手には対応が後手に回りがち。前線で基点・サイドを作った時にできるCB・SB間やバイタルエリアのスペースをうまく見極め、そこを突いていきたいところです。難しい戦いになるのは間違いありませんが、重要なターニングポイントとなる試合だけに、勝って今後に向けての勢いに繋げたいですね。

スポンサーサイト
2008.09.19 23:54 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/707-a194c6d6

| ホーム |