yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
【川崎】SH20(枠内6) GK4 CK6 Keep62%
GK川島
DF村上(→'74田坂)、井川、伊藤 山岸
MF中村、谷口(→'75大橋)、ヴィトール・ジュニオール
FW黒津(→'62レナチーニョ)、チョンテセ、ジュニーニョ
SUB:GK植草、DF寺田、MF菊地、FW我那覇

【東京】SH6(枠内4) GK21 CK2 Keep38%
GK塩田
DF長友、佐原、茂庭、徳永
MF浅利、今野、梶山、エメルソン(→'76藤山)
FWカボレ(→'61鈴木達)、赤嶺(→'16平山)
GK荻、MF金沢、石川、大竹

【得点】
東京:'5赤嶺

【警告・退場】
東京:'13佐原、'39徳永、'41今野(→退場)、'68浅利、'89藤山
川崎:'62ヴィトール・ジュニオール


前半は積極的に前に出て、ピッチの横幅を広く使って攻める川崎に対し、攻撃の組み立てに苦労した東京は4バック・3ボランチを中心に集中した守りで川崎の攻めをしのぐ展開に。しかしそんな展開とは裏腹に、5分にカボレのカウンターから得た徳永のCKを赤嶺が決めて東京が先制。16分には赤嶺が井川に腕を踏まれて急遽平山と負傷交代。41分には今野の肘が中村にぶつかったとして一発退場。アクシデントが続いたものの、前半スコアを維持したまま終了。

後半、一気に攻めてくると思われた川崎はボールをキープしてチャンスをうかがう案外静かな立ち上がり。東京は負傷で無理をさせられないカボレに代えて鈴木達を投入。平山をトップに置く形にすることでボールが収まるようになり、そこに鈴木達・梶山が絡んでの攻めも見せて結果的に攻守のバランスは改善。その後川崎はレナチーニョ・田坂・大橋と次々と交代のカードを切るものの、東京の集中した守備を破ることができないまま。東京は76分に藤山を投入してさらに守りを固め、そのまま1-0で逃げ切った。


川崎相手に序盤から点を取りに行って点を取られ、取り返そうとして逆襲から失点を重ねるのは最悪の試合展開。しっかりと守備から入って点差が開かないようにし、相手の運動量が落ちる後半に勝負というプランは、この試合で勝点3を得るためには妥当な判断だったと思います。しかし長友がうまく試合に入れず、浅利も序盤は細かい判断ミスが多くて、やはり羽生欠場の影響もあったのか攻撃の組み立てに苦労し、予想以上に川崎の攻勢を真っ向から受け止める形になってしまいました。

そんな中で大きかったのはCKからの赤嶺の得点。カボレに対する村上と井川の微妙な対応からCKになりましたが、この影響か村上の攻撃参加が徐々に減っていきました。川崎が序盤両サイドを広く使って、東京はサイドへの対応の人数を増やした結果として中が薄くなる危険な状態。右サイドも長友・エメルソンがいずれも中途半端なポジショニングが多く危なかったのですが、逆サイド側の圧力が弱くなったことで中の人数が増え、川崎の外と中との連携にある程度対応できるようになりました。

確かに早い時間帯での赤嶺の負傷交代は誤算。しかしチームとしても平山投入をどう消化するのか時間が掛かったものの、赤嶺はゲームの組み立てにあまり絡まないため、ボールを受ける動きをする平山に川崎も戸惑ったのではないでしょうか。また徐々にリズムを取り戻しかけた矢先の今野退場は微妙な判定でしたが、東京は4-4-1でブロックを作って対応し、後半膝を痛めて無理をさせられないカボレに代えて鈴木達を投入して平山を前に置いたことで、結果的にバランスも随分改善されました。

とはいえ攻撃力は明らかに減退していたわけで、早い時間帯に追いつかれていたらたぶん苦しい試合になっていました。しかし川崎の後半頭は思ったよりも静かな立ち上がり。シュートは多かったものの、強引に点を奪いに行くというよりはポゼッションからチャンスをうかがうような形で、ここを無失点で乗り切れたのは東京としては大きかったですね。川崎は選手交代もやや不可解で、後ろの枚数を削るような思い切りの良さもなく、前線に外国籍選手を集めたことで、逆にチームとしてコントロールが効かなくなった面もあったのではないでしょうか。

もっともこの試合は東京の選手個々の頑張り抜きには語れません。赤嶺の負傷交代や今野の退場で、逆にチームとしてなすべきことがシンプルになり、応援も一体となってチームとしてまとまることができたことが勝因。こういう状態になった時の東京は簡単に負けませんよね。中盤・最終ラインの頑張りはもとより、前線で身体を張った平山も相手には嫌な存在だったはず。交代で入った藤山・鈴木達も自分の果たすべき役割をきっちりこなしました。難しい試合でしたが、チームとしてまとまったことで獲得した勝点3の意義は決して小さくなかったですね。

スポンサーサイト
2008.09.21 10:28 | 戦評・東京 | トラックバック(0) | コメント(3) |

おつかれさまでした。今野退場の判定はアレでしたが、
その後審判の癖を見抜いてFC東京の方がきっちり利用しきってましたね。
真っ向勝負も出来れば、そういうクレバーな戦いも出来る器用さは羨ましいです。

佐原もすっかりそちらに馴染んだ様で、本人が残留を願うならばしっかりと愛してやって下さい。
活躍する姿を見てしまうと、どっちが本人にとって幸せかと考えてしまって、
帰って来いとは言えません。また来年お互いに大勢のサポで盛り上がる事を期待してます。では。

2008.09.21 17:02 URL | 川崎サポ #yXcvZN/o [ 編集 ]

赤嶺の交代、今野の退場には驚きましたが、勝ってよかったですねv-11
多摩川クラシコ2連勝!!
次はシュビロ戦。この調子で頑張ってもらいたいですね

2008.09.21 22:02 URL | お留守番サポ #dWAd3UcY [ 編集 ]

>川崎サポさん
うちのはクレバーというよりも、単純にひたむきなだけですよ(笑)残念ながらチームはまだそこまでのレベルにはないです。川崎の攻撃力はやはり脅威ですし、退場がなくても難しい戦いになっていたでしょう。でもひたむきに最後まで頑張れたという点で、この試合は東京らしい試合ができたと思っています。

佐原はどうなんでしょうね・・・私も含めみんな残って欲しいと思っていますが、やはり本人の気持ち次第かと。これからも面白い試合を両チームで作って行きたいですね。

>お留守番サポさん。
今回は観にいけなくて残念でしたね。でも次の磐田戦はすぐありますよ。今度は是非味スタで観戦して勝利の喜びを一緒に味わいましょう。


2008.09.21 22:17 URL | よっち@管理人 #tXcGTt3c [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/708-3c8fb08b

| ホーム |