yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
日曜の鹿島戦は33,596人の動員でした。首位に立つ鹿島相手だったこと、試合前にチームがSOCIOに動員を呼びかけたこと、アウェーの鹿島側が結構動員してくれたこと・・・等々、地道な努力と様々な要因も重なって3万人超えとなりました。その状況でいい試合ができて、勝利を収めることができたのは興行的にまずまずだったのではないでしょうか。

密かに個人的に4万人超えるといいなぁ・・・と思っていたのですが、さすがにそんなに甘くなかったですね(苦笑) ざっと調べてみたんですが、過去にホームでの4万人超えは思ったほどありませんでした。自分が観始めた以前まで含めると、

2001年
 東京V戦○2-1(44,030人 ファーストステージ第1節)
 鹿島戦○2-0(48,521人 ファーストステージ第13節)
2002年
 磐田戦●0-2(45,925人 ファーストステージ第9節)

といったところがあるようなんですが、自分が観始めた03年以降だと、味スタでの4万人超えは

2004年
 浦和戦○1-0(41,469人 セカンドステージ第6節)
2005年
 浦和戦●0-2(40,113人 第6節)
 鹿島戦●0-2(40,300人 第10節)
 横浜戦○4-0(43,104人 第17節)
2006年
 浦和戦△1-1(41,528人 第33節)

といったところ。自分が観戦した試合では05年横浜戦が最多(確か石川の負傷交代で出てきた鈴木規が活躍した試合だったかと)。漠然と浦和戦だろうと思っていたので、ちょっと意外でした。去年・今年と浦和戦が4万人に届かなかったのは、チケット販売における戦略的な失敗も多少影響していたかもしれませんね(なかなか難しいのだろうとは思いますが)。


また東京のリーグ戦における、ここ数年のホーム観客動員数を比較してみるとこんな感じになります(データはJリーグ公式サイトより)。

2008年 16試合 平均25,125人 累計402,004人 リーグ平均:18,849人
2007年 17試合 平均25,290人 累計429,934人 リーグ平均:19,081人
2006年 17試合 平均24,096人 累計409,634人 リーグ平均:18,292人
2005年 17試合 平均27,101人 累計460,721人 リーグ平均:18,765人

あと1試合を残した状態で、最後の新潟戦で2万8000人くらい動員すると前年並み。過去数年に比べると上位にうかがえる位置に付けてはいますが、今年はホーム主催日になぜか雨が多かったこと、多数の観客を集めた試合をはじめ、ホームでの勝率がイマイチだった(通算6勝5敗3分)ことも多少影響していたでしょうか。ただスタジアムで観ていた印象として、アウェイサポの動員力低下の影響なのか、突出した観客動員は少なくなりましたが、アベレージとしての観客動員はじわじわとではあっても徐々に上がってきた印象です。

現在は平均2万5000人前後で足踏みしている状態。今季チームで「スタジアムを満員に」というスローガンを掲げていますが、5万人弱入る味スタで半分がアベレージの状況からすると、(厳密にはホームが大部分という状態で)満員にするというのは生半可なことではできません。個人的には平均3万人が次の具体的な目標になると思っていますが、スタジアムを満員にするにせよ、平均で3万人を目指すにせよ、ここからさらに延ばすためにどんなことができるのか。ちょっと考えてみたいと思ったのですが、ここまででもそれなりの量になったので次回に(続く)。

スポンサーサイト
2008.10.27 23:56 | FC東京 | トラックバック(0) | コメント(2) |

 初めまして、417と申します。SOCIOです。
 興味深く拝見させていただきました。次号も楽しみにしております。
 私は先日の鹿島戦に友人と共に参戦する予定でしたが、友人は仕事の都合で当日券を購入する予定でしたが、自由席満席となった為参加を見合わせました。しかしスタジアムには空席も目立ち「もったいないなぁ」と思っていたところです。
 私も07年、08年と来場者数が40,000人こ越えた試合が無かったことが気になります。06年は浦和戦で40,000人を越えましたが、席割りや5ゲームスチケットの運用など、販売戦略を見直す必要があるのかもしれませんね。
 個人的に「味スタを満員に」する為の方法を模索しておりましたが、浦和を例にして考察するとやはりSOCIO(年間チケット所有者)を増やすことが重要だと思います。ちなみに概算ではありますが、浦和は年間チケットだけで約30,000枚販売しているのに対し、東京は約7,000枚ぐらい(だと記憶してます。)ですから都度チケットを購入して観戦している方の数に大きな違いはないのです。
 今季ホーム最終戦のみ満席にするのであれば1人1人声をかけ地道に増やすことで達成できるかもしれません。(その友人は新潟戦には参戦します!!)しかし年間を通じて観客動員数を増やす為には、SOCIOを増やすことが必要不可欠だと思います。Jリーグにおいて入場料収入はチーム強化の観点からも大変重要だと思いますので、僕もできることから協力していきたいと思ってます。
 長文失礼いたしました。

2008.10.28 11:22 URL | 417 #- [ 編集 ]

417さん、コメントありがとうございます。
スタジアムをどう埋めていくのかというのは、年間チケットの保有者でも必ずしも皆勤ではないわけで、チームとしても試行錯誤の繰り返しなのではないでしょうか。友人の方が観戦できなかったのは残念でしたが、こういうことはまだ運営面での経験が足りないからこそ起こりうるわけで、この経験は今後に繋がっていくのではないでしょうか。

SOCIOを増やすことは、クラブの財政基盤を安定させる点から考えても重要な施策にはなると思います。ただ「スタジアムを満員に」ということを意識するなら、そうでない人をどう集めていくのか、そして来た人をどうリピーターにするのかという部分も同じく重要なポイントになりそうな気がしています。

2008.10.29 01:53 URL | よっち@管理人 #tXcGTt3c [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/728-232b07f1

| ホーム |