yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日はTVで清水-千葉の試合、その後鹿島-磐田の後半を続けて観てました。千葉は厳しくなりましたね。磐田の方は最後ワンプレーで敗北っていうのはショックの大きい負け方。ただ、次節磐田-大宮はどうなるか分かりませんが、今日敗れた東京Vは川崎相手で厳しい状況。東京と千葉の対戦はちょっと影響ありそうですね。


東京は前節神戸相手に引き分け。また警告の累積により徳永が次節、梶山が2試合出場停止となっており、特に梶山の欠場はゲームの流れを作り出す点において、大きな影響がありそうです。しかしその辺はタイプの違う選手によって流れを作り出せるという考え方もあるわけで、ポジティブに何ができるのか、前向きに考えていくべきでしょう。予想スタメンはこんな感じです。

GK塩田
DF長友、佐原、茂庭、金沢
MF羽生(浅利)、今野、エメルソン(浅利)、石川
FWカボレ、平山(赤嶺)

次戦まで梶山不在であることを見据えて、中盤の構成がどうなるのかが気になるところ。攻撃のカードはあるだけに、どう切っていくのかもポイントになるでしょう。


対する新潟は最近6戦で4分2敗と勝ち無しの状態。6試合で4失点の守備は比較的安定しているものの、前節の大宮戦で2得点するまで、5試合無失点の状態が続いていました。離脱していたマルシオ・Rが鹿島戦から復帰したことは、攻撃の組み立てに大きく寄与していますが、一方で前節大宮戦でアレッサンドロが退場、永田が警告の累積で出場停止。予想スタメンはこんな感じになるでしょうか。

GK北野
DF内田、千代反田、海本、松尾
MF本間、千葉、マルシオ・R、松下
FW田中、矢野

出場停止によってメンバーが一部変わりますが、ベースは大きく変えず、永田のポジションには海本、アレッサンドロのポジションには田中が入る模様です。しかし選手は一部変わるものの、前線からの守備意識の高さ、マルシオ・Rを起点とした攻守の速い切り替えからカウンターという新潟の特徴は大きく変わらないでしょう。天皇杯での対戦でも接戦だっただけに油断は禁物です。

新潟が勢いづくのは、中盤のインターセプトなどからカウンターのリズムが出てきた時。全体として決定力にやや欠ける面はありますが、新潟の起点となるマルシオ・Rをどう抑えるかは重要なポイント。東京としては受け身にならずにアグレッシブにコンパクトなラインを維持し、仮にボールを奪われても、攻守の切り替えを意識して相手の速攻を遅らせ、簡単にシュートまでいかせないことです。

前節の神戸戦は石川・カボレの両サイドに効果的なボールがなかなか入りませんでしたが、それは中盤でのボール回しが停滞しがちだったことも無関係ではなかったと思います。羽生・エメルソン辺りにはボールを引き出したり、効果的に動かす働きを期待するわけなんですが、明日の試合は今野が攻守にアグレッシブさを取り戻せるかが一番のポイントになりそうな気がします。難しい試合が続きますが、残り二試合いい形で終わるためにも、まずはホーム最終戦勝ちたいですね。

スポンサーサイト
2008.11.29 22:18 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/745-5c72f8d8

| ホーム |