yocchi-football.net

JリーグのFC東京を応援しているBlogです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
東京は最終ラインに佐原が復帰。平松も決して悪い出来ではなかったと思いますが、最終ラインの慣れもあるでしょうし、やはり存在感というか周囲に対する影響力は少なくないですね。また負傷していた石川の復帰や、これまで出場機会がなかった平山にも前線の起点として期待したいところ。予想スタメンはこんな感じです。

GK権田
DF徳永、佐原、茂庭、長友
MF今野、梶山、羽生、石川
FW平山、カボレ

石川・平山の復帰は案外キーポイントかもしれませんね。


対する今年昇格した山形は、開幕戦で磐田に6-2と大勝。大きなインパクトを残しました。続く名古屋戦でも0-0のスコアレスドローに終わったものの、持ち味は出していた印象。突出した選手はいませんが、高い組織力をベースに要所にキーマンを置いた選手構成は、十分に機能しているだけに侮れません。予想スタメンはこんな感じですね。

GK清水
DF宮本、レオナルド、石井、石川
MF秋葉、佐藤健、キムビョンスク、宮沢
FW古橋、長谷川

ベースとしては4-4-2。守備時には古橋が引いて長谷川をトップに残した4-5-1気味の布陣になるようです。基本戦術としては引いた布陣からCB・SB・ボランチ連携して相手の起点を潰し、2トップに当てて攻撃を展開します。運動量のある前線の2トップを起点に、右サイドのキムビョンスク・宮本が積極的に仕掛け、左サイドの宮沢と石川は貴重なアクセント。特に精度の高い石川のキックはセットプレーの大きな武器です。

相手の攻撃を封じるには何よりもまず前線の2トップを封じることです。2人とも運動量があるだけにCBとボランチで連携しつつ、確実に起点を潰したいところ。リズムを変えるアクセントとなる左サイドからのサイドチェンジ・クロスも厄介ですが、秋葉・宮本のコンビネーションから積極的に仕掛けてくるキムを相手にセットプレーを与えないようにしたいですね。石川のセットプレーはレオナルド・長谷川だけでなく、石井なども合わせてくるのでしっかりと人を捕まえておきたいところ。

そのためにもボランチ秋葉・右SB宮本とキムの連携を分断することでしょう。右サイドからのクロスはCBの間に入るのがうまい高さの長谷川、いやなところに入り込んでくる古橋だけでなく、バイタルエリアでボランチや石川もミドルを狙ってきます。右サイドを抑えて2トップを捕まえつつ、バイタルエリアをどうカバーしていくのか。まずはそういう展開を作らないようにする努力をすべきですが、山形対策としてここはひとつ工夫のしどころです。


一方で山形はしっかりと前線から連動して守備をしてきますし、CBとSB・ボランチの連携がしっかりしていて、特に中の起点を作る動きは人数を掛けて確実に潰してきます。逆にそこで平山などがレオナルドなどを相手にうまくキープして次に繋いで展開できればチームとして大きいですが、あえてそう狙ってくるか、サイドから仕掛ける形を作るか。どうボールを動かして山形の守備網を崩していくのかがポイントになってくるでしょう。

名古屋戦を見ていて石川・カボレのスピードや突破力を活かしてサイドからえぐるのも手かなとは思いました。サイドの起点には人数を掛けてきますし、サイドチェンジで逆サイドを突いて、石川・カボレが勝負しやすい状況を作り出すのもありかと。相手のCBの動きを見る限り高さには強いですが、外からえぐってニア・ファーに飛び込む形は有効な気がしました。また165cmの右SB宮本とカボレのミスマッチを作りだしてもいいでしょう。


組織として完成度が高い相手だけに、東京としては個の能力が高いだけのチームよりも、やりにくいかもしれません。ただどこかでブレイクするポイントを作れれば、この試合の活路を見出せそうな気がします。開幕二連敗と厳しいスタートになりましたが、長丁場のリーグ戦だからこそ、修正すべき点を修正し、気持ちを切り替えて臨むことが重要です。ここで勝利し、まずは自信を取り戻すこと。集中してこの試合に臨みたいですね。
スポンサーサイト
2009.03.20 23:31 | 試合前のポイント | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yocchifootball.blog36.fc2.com/tb.php/779-905d94ad

| ホーム |